手話の結婚式

ふた昔前の忘れ得ぬ日


空が少し遠のいた。
見慣れた風景の輪郭線が はっきりとして近くに感じられるようになった。
木々の葉や 小さな草木を そっと通り抜ける風の音も 清(さや)かに感じられる。
空気の透明度が増してきたからだろう。


夜になれば 昼の暑さが鎮まり かすかな風の音と共に簾を動かしながら 秋の気配がそっと部屋に広がる。
花の香りが広がる様子にも似て ひんやりとした空気が部屋を満たしてゆく。

この時節になると 決まって思いだす大切な出来事がある。


もうふた昔も前のこと。仙台で婚礼司会者をしていた頃のことだ。
秋の婚礼シーズンの一番初めにお受けした結婚式のことである。
聴覚に障害を持つ方の結婚式の司会を頼まれた。
何故私が指名されたのかを ホテルの支配人が話して下さった。

春に行われた結婚式に来賓としていらしていたのが 障害を持つ娘さんのお父さんで(自分の娘の結婚式には是非あの司会者さんを お願いしたい)と頼まれていたとの事。
ホテルも聴覚障害のある方々の結婚式をしたことがなかったので そのこと自体も大きな課題であり 随分と検討を重ねた結果 その結婚式を引き受けることにしたのだと その経緯も話して下さった。

ホテル側が悩んだのと同じく 否それ以上に私も戸惑い 悩んだ。
私に出来るだろうか。聞こえない方々に どうやって司会をするのだろうか。
「いつもと全く同じように司会をして下さい」とは言われても・・・・悩みに悩みながらも ホテル側の強い希望と障害を持つ娘さんのお父さんの熱意と 娘さんへの思いに打たれ 「私でよろしいのでしょうか」とお引き受けすることになった。

ホテル側が聴覚障害を持つ方々を支援する手話ボランティア団体にお願いをして 十名ほどのスタッフがお手伝いに来て下さることになった。
二百名ほどの列席者の半分強は 両家の親族やご両親の交友関係のある健常者の方々なので いつも通りで大丈夫であり 残り百人弱の方々に対して十人のボランティアなら 充分に対応出来ることが分かった。


手話ボランティアの方々と打ち合わせをしたり リハーサルを重ねてゆくうちに 私もホテル側もそしてボランティアの方々も 皆の心に(絶対に大丈夫)(必ず成功する)(きっと喜んで頂ける結婚式になる)という確信が湧いた。


結婚式当日。
長いテーブル席の一列に 二十五人づつが向き合って座って五十人。それが四列で二百余名の披露宴だ。
四列の両側は健常者。真ん中二列は新郎新婦のご友人と職場やサークル等の障害を持つ方々のお席を配した。

手話ボランティアが 司会をする私の横に一人 新郎新婦に向き合う形で一人 その他は会場の四隅や中央などに立ち披露宴が始まった。
いつも通りの季語を入れた挨拶をして いつも通りの司会進行をした。
私の話す言葉をボランティアの方々が 新郎新婦やそのつながりの障害のある方々に伝えて行くのだ。

私も障害者福祉センターにお願いをして 数日通わせて頂き 自己紹介や おめでとう お幸せにとか どうぞ大きな拍手をお願いします など 結婚式で何度となく使う基本の手話を学んだ。
拙いながらも手話を交えることで 新郎新婦やそのつながりの方々に近くありたいと思った。

余興でご友人方と新郎新婦が 一緒に歌う時も手話で歌うことを知った。
曲のスタートだけは 私が合図をして知らせるのだ。(いい日旅立ち)障害の在る方も 健常者も一緒に歌った。
会場が一つになった。


最後の花嫁のお手紙は 私が代読をして ボランティアが手話で伝えた。

(私の大好きなお父さん!お父さんは私の耳が聞こえないと判った時 一晩中泣いて泣き明かしたと お母さんから聞きました。

家中皆が普通に聞こえて 普通に話が出来るのに なんで私だけがと悲しんだそうですね。

お父さんは私の耳が聞こえたほうが良かったと思いますか。
私は聞こえなくて良かったのだと思っています。
聞こえなかったお陰で◇◇さん(新郎のお名前)と出会い 今日列席してくれた聾学校の仲間とも出会えました。

お父さん△△子(新婦のお名前)は とっても幸せだよ。
お父さんに◇◇さんや 聾仲間の皆を紹介できて嬉しいよ。本当だよ。)・・・・・代読をしているのに 涙がぽろぽろとこぼれて字がかすんだり 声が震えたり・・・司会なんだからしっかりしなきゃ と思いながらも胸が一杯になるお手紙で 会場中にすすり泣きが漏れ 涙を拭う姿があちらこちらで見られました。


私の生涯の中で 深く心に残る一頁。
この時節が巡ってくるたびに 披露宴のあれこれが思い出されます。


拙い独り言を最後までお読み下さって有難うございます。
(言の葉ISの絵のない絵本)毎週火曜日に更新しています。
次回は九月十一日です。どうぞご覧下さいませ。


gurokisinia.jpg
人も花も幸せの蕾を膨らませ 自分色の花を咲かせることができますように!!
高校のマナー研修で7/10に頂いたグロキシニアです。
本日9/4もまだ次々と 豊かに咲いてくれています(^_-)-☆
可愛いお花と 素敵な出会いと思い出に感謝です(●^o^●)

 

コメントの投稿

Secre

No title

おはようございます。
素敵なお話しありがとうございました。
読みながら涙が止まりません。
コメントも短くてすみません。

Roman様

Romanさま おはようございます。(*^。^*)

ご訪問といの一番のコメントをいつも有難うございます。嬉しく大切に頂戴しております。

Roman様は 今年大切なお嬢様を嫁がせたばかりの 文字通り(花嫁の父)でいらっしゃるので
この新婦のお手紙が一層心に届き 丁寧に受け取って下さったのだと思います。。

私は仕事を通して 有り難い経験をさせて頂いたとしみじみ思います。
人様に関わって行くことで 世間を知り人生の機微を知る機会を頂いてゆくのだと思います。
小さな出会いの一つ一つを 感謝しながら温めてゆきたいものです。

今日もお越し下さって本当に有難うございます。
どうぞ良い一日でありますように。

No title

おはようございます♪

小さな秋があちこちにちらほらと「ほらほら秋ですよ~」と謡っているのが聴こえてくるようになりましたね
まるで妖精が悪戯を愉しんでいるようです
本格的な秋ももうすぐそこ 厳しい寒さへと移行するこの時期日中を暑いと嘆く事はもう止します

今日の記事感慨深く読ませて頂きました
実は5年前に通った能力開発校 今通っているテクノ講座障害者の学校です

そこには視覚障害・聴覚・体幹機能様々な方と一緒の生活でした
授業には必ず手話通訳さんが付いていました 視覚障害の方には点字の教科書があり音声のパソコンが
別室で行われていました

全く手が使えずに足の指でキーボードを叩く方を見た時には目を見張りました

ある種の障害を持たれた方の結婚式 多くのご苦労があったろうことお察しいたします

ホテルの方 ボランティアの方 お仲間の方 ご親族の方 多くの皆様のご協力があって素敵な結婚式に
なられた事ふた昔前の事とは思えないほど鮮明に描かれています

花嫁さんの代読 これはきついですね
いくら司会者と言えども溢れる涙を抑える事は無理です それはあるがままに・・・
それで良いのだと思います

ふた昔前と言えばお子様がいらっしゃればもう成人になられる頃 良い人生であったのでしょうね
きっとそうです

この時期になると思い出される一頁 爽やかな風と共に毎年運んでくれますね

絵のない絵本ですが結婚式の情景が浮かんでくるのが不思議です




No title

こんにちは^^
とても素敵な花嫁さんですね。
ご両親の愛の深さを思い、胸が熱くなります。
愛する娘の結婚式の司会は、是非言の葉ISさまにと願ったお父さま...
手話ボランティアの方々と心をひとつに、いつまでも心に残るような
素晴らしい結婚式になったのですね♪
たくさんの熱意と愛情と、言の葉ISさまのお人柄がうかがえます。
心温まるお話をありがとうございました。

はやとうり様

はやとうりさま こんばんは。

ご訪問とコメントをいつも有難うございます。大変嬉しく大切に拝見しております。
仕事があり ご返事が遅れまして 失礼致しました。

可愛い小人さんを連想するような詩 目に浮かぶようです。
>本格的な秋ももうすぐそこ 厳しい寒さへと移行するこの時期日中を暑いと嘆く事はもう止します
 本当にそうですね。
暑いのは 汗をかいて シャワーを浴びて 自己努力で乗りきれますが  滑る 吹雪く 視界が効かない
アイスバーン・・・・・北国の冬は厳しく怖い物でもありますから 暑い方がましかと思っています。

>授業には必ず手話通訳さんが付いていました
>視覚障害の方には点字の教科書があり音声のパソコンが 別室で行われていました
>全く手が使えずに足の指でキーボードを叩く方を見た時には目を見張りました

御自分の背負った重荷に潰されずに 懸命に努める姿勢が 手話通訳や 音声付きパソコンを
生み出していったのですよね。足でキーボードの方は 料理も足で包丁を持って切ったりされるのだと思います。
昔(のり子は今)と言う本や映画を見て 胸が潰れそうになった思いと深い尊敬の念を思い出しました。


>ふた昔前と言えばお子様がいらっしゃればもう成人になられる頃 良い人生であったのでしょうね
仰る通りです。子供さんが小さい頃は顔写真付きの年賀状を毎年頂きました。
男の子と女の子 の二人を授かっていらっしゃいますが 子供さんはどちらも聞こえるし お話も出来ます。
子供は何とか普通の子であって欲しいと それが一番の願いだと良く書かれていました。
幸せすぎて困ることはないので うんと幸せなご夫婦でいて欲しいと思っています。(*^。^*) 

>絵のない絵本ですが結婚式の情景が浮かんでくるのが不思議です

有難うございます。最高の誉め言葉を頂きました。とっても嬉しいです。ヽ(^。^)ノ

今日もお越し下さって有難うございます♪~
あしたも素敵な一日でありますように!!

ふわふわタンポポ様

ふわふわタンポポさま 今晩は。

ご訪問とコメントをいつも有難うございます。とっても嬉しく拝見しております。

>とても素敵な花嫁さんですね。
そうなのです。期だ手が良くてチャーミングで 高砂席にお酌に来たり 一緒に写真を撮りに来る お友達と
手話でお話をしながら ニコニコ笑って 気立てのよい素敵な花嫁さんでした(*^。^*)

>愛する娘の結婚式の司会は、是非言の葉ISさまにと願ったお父さま...
有り難いことだと思いました。そしてご縁と言うのは 小さな出会いから繋がるものだと
しみじみ思っています。ご縁の繋がる糸を 太瀬うに紡いでいける自分であるように
自分を律してゆきたいと思っています。

ふわふわタンポポさんとのご縁も 嬉しく大切に思っています。(^_-)-☆
今日もお越し下さって有難うございます。♪~
あしたも良いことのある 素敵な一日でありますように!!

No title

こんばんは!

とても良い結婚式だったのですね~

式場の希望と新婦のお父様の熱意、新婦の思い、言の葉ISさまの努力で会場は和やかに行われた事でしょう。
なんか、式場の皆さんのニコニコした顔が目に浮かんできそうです。

新婦の手紙の内容も素晴らしくて、涙を誘いますが、
新婦の思いと言の葉ISさまの語りが重なり、大きな感動を呼んだと思います。
思いがこもった言葉は大きなエネルギーになって、心を揺さぶるんですね☆

とっても良いお話をありがとうございました (^v^)

No title

おはようございます。
感動しました。朝から涙が・・・。
聴覚障害・・私の周りにはいらっしゃらないので、
気にも留めないですごしていました。
難しいお仕事、さすがは言の葉さん、立派にやりとげられました。
健常者の私達も、色々学ばせて頂きますよね~。
日頃のきめ細やかな取り組みが、評価されて、こう言った難しいお仕事も
お声がかかるんですね。定評ある仕事ぶりが、目に浮かびます。
この聴覚障害の方も、素晴らしい。
どんな苦難も、意味がある。
それを受け入れ、毎日を前向きにこつこつと過ごしていけば、
幸せはやってくるんですよね。今日も学ばせていただきました。
ありがとうございました。

かるがも@様

かるがも@さま おはようございます。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しく拝見しております。(*^。^*)

>なんか、式場の皆さんのニコニコした顔が目に浮かんできそうです。

本当にそうなんですよ。新郎新婦に綱がある方達は ご友人も職場の方も全員が 聴覚障害のある方達ですが
どのお顔も明るくて その笑顔は愛想笑いなんかではなくて 本当の笑顔なのです。

生まれた時から背負ってきた 深い悲しみも不自由も全てを受け入れ 呑み込んできた方達だからこその
笑顔であり 笑顔の時間を大切にし 心から祝福できるのだと思いました。

>新婦の思いと言の葉ISさまの語りが重なり、大きな感動を呼んだと思います。

有難うございます。こんな風に仰って頂きありがたいことです。
自分の技量を磨きながら 一期一会の仕事を 自分の精一杯を以って
大切に努めて行きたいと思っています。大きな励みと頂きました。有難うございます。(*^。^*)


ダイヤモンドを磨くのはダイヤモンド。硬度10のもっとも硬い鉱石だからだそうですが
同じように 人も人によって磨かれてゆくのだと思います。
全ての出会いに感謝しながら ご縁を大切に生きて行きたいものです。

今日もお越し下さって有難うございます。♪~
どうぞ良いことのある素敵な一日でありますように!!

aaconee 様

aaconee さま おはようございます。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しく拝見しております(*^。^*)

>難しいお仕事、さすがは言の葉さん、立派にやりとげられました。
健常者の私達も、色々学ばせて頂きますよね~。

有難うございます。全てはご縁なのだと思います。
躊躇してお断りしていたら 毎年九月になると 胸の中を温めながら浮かんでくる
この大切な思い出は経験出来ないことでした。私の宝物です。

頼んで下さる方がいて それをこなすために努力をする・・・・・それが人様のお役にも立ち
自分の財産となって行くのだと思っています。

新郎新婦に喜んで頂きたいし お仲間にも楽しい披露宴であったと
思って欲しい・・・・・その思いから 披露宴に関わる用語は手話で出来るように 障害者センターに
手話を学びに行きました。
頼んで下さる方がいなければ 手話を学びにはいかなかったと思います。

両手のひらを上に向けて御本の指先をギュッとつけてから パッと上に向けて開くと おめでとう になります。
両手のひらを顔の横で指を開いて ひらひら動かす・・・お星さまキラリの歌の時のスタイルが 拍手 の意味です。
自分の名前や 司会者であること おめでたいことに繋がること・・・・・これらの手話だけは 今でも覚えています(*^。^*)

このご披露宴のお陰で頂いた宝物であり 凄い財産だと思っています。ヽ(^。^)ノ

今日もお越し下さって有難うございました♪~
良いことに出会える素敵な一日でありますように!!

No title

言の葉IS様 おはようございます。
秋の気配に思い出す印象的な ひとこま。
言の葉ISさんには、数々のそういう時間が
たくさんの宝物になって
引き出しに溢れるばかりなのでしょうね。

何度か拝読に訪問したのですが
何だか画面がぼやけて見えなくなってしまって
今頃になってしまいました。

昔、ボランティアをしていた時にたくさんの方々との出会いがありました。
私たちがしていた主なことは、体が自由に動かない方たちが
作った詩に曲をつけて歌にするという活動でした。
すべての曲を手話で表せるように勉強もしました。
今でも、その頃の曲の手話だけは憶えています。
様々な環境で必死に笑顔を作ってらっしゃる方々と
たくさん触れ合ったことを思い出しました。
思い出させていただき、感謝いたします。

私の誕生日にも
素敵な魔法の言葉をありがとうございました。
とてもとても嬉しかったです。

イヴまま♡様

イヴまま♡さま こんばんは。
ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しく拝見しています。(*^。^*)

>昔、ボランティアをしていた時にたくさんの方々との出会いがありました。
そうですよね。良く解ります。
私も仙台にいた頃は 身体が不自由な方の車いすを押して お散歩や
デパートのお買い物にお連れしたり 視覚障害の方には本や新聞の読み聞かせをしたりのボランティアをしていました。

秋田に来てからは 教育ボランティアをしていました。
明治45年に建てられた赤レンガ館の 貴賓室が担当でした。
手話も 点字も そして建築用語や秋田の歴史なども ボランティアをしたお陰で学べました。

人さまのお役にたてたらと思ってしたことが 自分に学びの機会を頂くことになりました。
出会いって 凄いですよね。

イヴままさんのなさっていた活動も とっても素敵ですね(^_-)-☆
お体の不自由な方達が 夢を託した詩を歌にする・・・・・自分の詩が歌になったらどんなにか嬉しいことでしょう。
そして手話で 耳の不自由な方にも聞いて貰えるようにするなんて 本当に素敵な活動ですね。

>様々な環境で必死に笑顔を作ってらっしゃる方々と
たくさん触れ合ったことを思い出しました。
良い時間を過ごされ 良い思い出を頂きましたね。宝物ですね(^_-)-☆

御主人からのバースデーメールなんて とっても素敵ですね~。
それは イヴままさんが 結婚して何年経っても 祝ってあげたいと思われる良き妻だからだと思います。
(いつも忘れられている我が身を 猛省です(笑) 母ではなく 幅と呼ばれるメタボを卒業しないと(>_<))

今日もお越し下さって有難うございます。♪~
素敵な明日が待っていますように!!

No title

こんにちは。

結婚式の司会をされていると、
多くの出会いがありますね(^-^*)

どの結婚式も感動は大きいでしょうが、
やはり花嫁さんのお手紙を代読をする。という経験は
そうあることではありませんね。
深く心に残りますね。

涙を堪えながら、代読された言の葉ISさんの様子を
思い、胸があつくなりました。

今日も素敵なお話をありがとうございます(^-^*)

ひいち様

ひいちさま こんばんは。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しく拝見しています。(*^。^*)

>涙を堪えながら、代読された言の葉ISさんの様子を
思い、胸があつくなりました。

有難うございます。
三、四年くらい前から 花嫁自身が 自分でお手紙を読むようになりましたが 以前は司会が
代読をしていました。
八百本以上の司会をしておりますが 聴覚障害のご夫婦の結婚式は初体験 最初で最後だったと思います。

心に残るお手紙は沢山ありましたが やはりこのお手紙は鮮烈でした。
耳は聞こえなくても その障害があるからこそ 夫となる人と出会えて幸せだと言いきれる新婦の
心根に頭が下がりました。
こんなにまで人を愛することが出来る新婦は 本当に幸せなのかも知れません。

昔の人のように家と家の政略結婚ではなく 現代は自分たちで好きな人と結婚するのですから
縁あって出会った人と 生涯添い遂げる当たり前のことを当たり前に果たしながら お互いに
譲り合い 尊敬しあい 常に共に在ることを仕合わせと思える賢いご夫婦でいて欲しいと願っています。

今日もお越し下さって有難うございます♪~
もぎたてトマトが一番美味しいと言える しょーち君は真のグルメですね(^_-)-☆
大切にお育て下さいね!

No title

この文を読んだだけで涙がこぼれてきました

お久しぶりです
言の葉ISさんも司会をしながら、涙してしまったのですね
そんな司会者さんがいたら、会場は感動の涙だと思います

言の葉ISさんも手話を習われて、本当に素敵な式だったのでしょうね
お父さん感動だったでしょうね

素敵なお話ありがとうございました

お久しぶりです

手話通訳をしている友人がいます。
結婚式、講演会、個人的な通訳、といろいろしますが、彼女が言うには、
しっかりした美しい日本語なら、問題無く通訳できるそうです。
元の日本語が怪しいと、大変なのだとか。


                                              タレントのアグネス・Tさんの通訳は、
                                              めちゃくちゃ大変だとか(内緒です)

No title

結婚披露宴で読まれる花嫁の手紙。
それには日頃、言葉にできない言葉がたくさんあります。
思っていても口に出せない言葉があります。
手紙だから伝えられる大切なメッセージがあるのだと思います。

僕もこれまでにたくさんの結婚式を見てきました。
ひとつひとつの結婚にはその数だけのドラマがあります。
その中には忘れられない結婚式もいくつかあります。

多くの苦悩を乗り越えて結婚式を迎えられたカップルは、周りの人、スタッフにも大きな感動を与えてくれます。

ある教会で行われた結婚式は、親族、友人が誰もいない結婚式でした。
二人きりの結婚式です。

バージンロードを新郎新婦が腕を組み、一歩ずつ歩みます。
二人は喜びと感激とこれまでの苦労を思い出してのことでしょうか目に涙を浮かべての入場だったそうです。
祭壇の前に立ち牧師さんが祝福の言葉を述べられます。
凛とした空気の中、挙式は進みます。
讃美歌合唱の時です。
聖歌隊の様子がいつもと違っています。
いつものように声が出ていません。
二人の姿を見ているだけで聖歌隊は感動し、歌えなかったのです。
そこに二人の言葉などはありませんが、二人の想いが周りのものにまで大きな感動を与えたのだと思います。

運営側からその挙式は問題がある挙式だと言えます。

しかし、聖歌隊だけではなくそこに携わったスタッフもみんな涙していたそうです。
心に残る感動挙式でした。

これが本当の結婚式だと感じました。

すみません、花嫁の手紙から外れてしまいました。

93様

93さま こんばんは。

ご訪問とコメントを有難うございます。大切に有り難く拝見しております。

>言の葉ISさんも司会をしながら、涙してしまったのですね
そんな司会者さんがいたら、会場は感動の涙だと思います

婚礼の司会をする時は 常に 中立・平等・第三者と心得 ご両家のどちらにも傾かずに
しゃべり過ぎることなく 目立ち過ぎることなく と思って努めてまいりましたが
このご披露宴は お客さまと共に涙してしまいました。

あれから24年の歳月が経ちますが 忘れられない大切な思い出になっています。

人様に喜んで頂きたくて懸命に努めたことが 自分の大切な一頁になりました。
人は人によって 自分を磨く時間と機会を頂き 命の時間を刻んでゆくのですね。

迷いながらもお受けしたお陰で結べたご縁です。
皆様から頂くご縁を大切に紡いでゆきたいと思っています。
ブロともさんとのご縁も 嬉しいことです(^_-)-☆ これからもどうぞ宜しくお願いします。ご縁に感謝です(^-^)

今日もお越し下さって有難うございます。♪~
お母様のことに触れた一文を拝見しとても嬉しく思いました。
遠慮深く 節度のある 素敵なお母様です。93さんが灯台となって明るく照らして差し上げて下さいね。  

しのぶもじずり様

しのぶもじずりさま こんばんは。

ご訪問とコメントを有難うございます(*^。^*) 

日頃は(司会を務めさせていただきます○○○○と申します)と言いますが
手話では 司会の司を指で大きく書き その後 任せてのスタイルで 自分の方をポンと叩きます。
尊敬語や謙譲語の種別は 判りませんでした。

手話も点字も少しだけ学びましたが 難しいものでした。ご友人偉いですね(^_-)-☆
裏話も可笑しいですね(でも凄く解ります(笑)

お越し下さって有難うございます。♪~
明日が素敵な日でありますように!

Meipapa 様

Meipapa さま こんばんは。

ご訪問とコメントを有難うございます。良いお話で大切に読ませて頂きました。

Meipapaさんは ブログを拝見していても 良く結婚式にいらしていますものね。
沢山の結婚式に列席なさり それぞれに思いでがおありですよね。 
まさに一つ一つにドラマがある ですよね。

そのなかでもまた 取り分け素敵な結婚式のお話を伺い 有難うございました。
幸せすぎて困ることは何一つありませんから 一杯幸せで過ごしていて欲しいですね(^_-)-☆

今日もお越し下さって有難うございました。♪~
動物園に行かれたりお元気になられたようで嬉しく思っております。でもお大事になさってくださいね。
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム