花弁雪「はなびらゆき」

春の淡雪


***ほのぼのと春こそ空に来にけらし 天の香具山かすみたなびく***

春は何処から来るかしら?
春は多分 東の空からやってくるのかも。

何日か雪が降らずに 晴れ渡った日 ほんのりとパステルカラーの優しい青空が広がると 嬉しくて心が浮き立ちます。
空を仰いで思い切り深呼吸をし 空に微笑みかけたくなります。
大地の雪がプリズムのように キラキラと日差しを反射して眩しい位に美しい光景です。


雪は生活の範囲を狭(せば)め 雪掻きで時間のロスと重労働も課すが その洗礼を受けその重みに耐えた者のみに享受できる美しい瞬間に出会う時がある。天からの贈り物でしょうか。
そう言えば雪のことを 天からの花で「天花(てんか)」とも言いますよね。

寒の戻りでまた雪が降ってしまったが 春の雪は大きくて儚い。
手のひらで受け留めると 直ぐに溶けてしまう。
余程沢山降らない限りは 地面に落ちても 大地の熱が勝るようになってきた。
根雪を溶かす大地のような僕の母親♪~ 本当に歌詞の通りになってきた。

一月二月の気温が低い時は 粉状でさらさらとした粉雪が降る。
小さいけれども時間も量も長く多いので 凄く積もる。
スキー場なら 上質の雪 パウダースノーとして喜ばれるが 日常生活には重い。

雪の多い年は豊作だとかで 瑞花(ずいか)ともいうらしいが 本当かなぁ~。
そうでも言わないとやっていられない気もするから 一寸負け惜しみの感も漂うなぁ~。
同じ瑞なら 瑞鳥で鶴とか鳳凰とかが有り難いのになぁ。 
寒くもないし滑ったり転んだりもしなくていいし・・・。
ぶつぶつと独り言を言いながら雪寄せをする。


雪が溶けて凍って圧雪になり そのまま春を待ちながら根雪になる。
子供たちが小さい時は 黒い下敷きに雪を受け止めて 虫眼鏡で見ると雪の結晶が見えた。
綺麗な六角形をしている。乳製品の雪印のマークそのままだ。
だから俳句などでは雪のことを「六つ(ムツ)の花」と言うんだよ と子供達と雪の観察をしながら話したことや大きな真っ白な雪だるまを作ったことや 一緒にそり遊びをしたことなどが思いだされる。


春の足音が少しづつ近ずき 三月となって気温が上がってきた此の頃は 湿度も上がるのだろう 雪の水分が増え形が大きくなってくる。

だんびら雪と言う幅広で平面ぽい縦長な感じの雪が降る時もある。
わた雪を 花弁のような形と大きさと重みのイメージから 牡丹雪(ぼたんゆき)ともいうが この呼び方はとっても綺麗だし春の訪れ近しの感があり 私は好きだ。

春を待つ今日降っているのは 春の淡雪。
大粒で軽やかで ハラハラと花吹雪のように舞い落ちる花弁雪(はなびらゆき)。

この時節が過ぎて 「あらっ ゆき?」と懐かしいような思いで ほんわりと感じられる雪が降る。
名残り雪だ。これで雪の降り仕舞い・・・・・そしてみちのくにもやっと遅い春が来る。
「もう~いいかい~」「ま~だだよ」。
「も~いい~かい」「も~ういい~よ」春はすぐそこに。


拙い独り言のようなブログを最後までお読み下さって有難うございます。
「言の葉ISの絵のない絵本」毎週火曜日に更新しています。
次回は三月二十日です。どうぞご覧くださいませ。


 

コメントの投稿

Secre

No title


 相馬先生、おはようございます。

 京都はもう雪は降らないと思っていましたが、昨日今日と雪が降り路面が
凍結…まだまだ冬タイヤは必要なようです。

 
 牡丹雪は雪の結晶が多数付着し合い、大きな雪片となって降る雪ですが、
「ボタンの花びらのように降るから」というのと、「ぼたぼたした雪の意から」と
二つの説があったと思います。雪が重たいので、「ぼたぼたした雪の意から」
が有力だと思いますが、ボタンの花びらのように降るから、の方がロマンティ
ックでいいなあと個人的に思います。

 雪は運転に支障をきたすので、出来れば降ってほしくないです。秋田を離れる
と雪道の運転が怖くなります。自分自身の技術の衰えもありますが、まわりの
車の運転が荒いので、ソレを凍結した路面でやられると…本当に怖いです。

 まだまだ秋田は雪が降り、運転も体調管理も大変だと思いますが、お身体に
気をつけて下さい^^

 

ラスティ・ネイル様

ラスティ・ネイルさま おはようございます。

いの一番のご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しく頂戴しております。(*^_^*)

ボタン雪 ラスティ・ネイルさんの教えて下さったとおり 色々な解釈があるのですよね。
雪に閉ざされるあれやこれやを思う時 胸が苦しくなることもあります。

雪に関わって暮らすのではなく 恵まれた環境で命名している学者の説よりも
住んで 苦しんで 煩わされて 悩まされて それでも住む継ぐしかない運命との戦いを
少しでも心軽やかにと願い 名付けてきたであろう庶民の智恵から出た言葉が ボタン雪かもしれませんね。

そんな解釈をしながら やっとボタン雪までをクリアーしてきたなぁと 思っているところです。

三寒四温 まだまだ春は遠いですが 春に向かって季節が動いていることは確実ですから
そう信じて待つだけでも 嬉しいことです。

京都も雪が良く降る土地柄です。
どうぞくれぐれも運転にお気を付け下さいませ。今日もお越し下さって有難うございます。

No title

おはようございます♪

雪にこのように種類がある事さえ知りませんでしたv-276
生まれてこの方俗に言う積もった雪と言う物を見た事が無いのです

この地ではせいぜい年に一度5cm~10cm位それもすぐに溶けます
大きな通りの雪は車両がすぐに溶かしてしまいます

風情を愉しむ余裕もないうちにびちゃびちゃになります

川端康成の「トンネルを抜けると 雪国だった」にかなり憧れていました
憧れが叶う日は来そうにもありません

昨日今日は寒いです
温かい日の後の寒さは堪えます

人間と言う物は不思議な動物ですね
あの厳しかった冬を思い出せないのですから。。。

No title

こんにちは
流石雪国の方ですね。
雪に対する思い入れの深さ、味わいの深さ、感心しました。
「天花」も「六つ花」も情緒あっていい・・・。
下敷きにはさんで子供と見たかったなぁ~。
言の葉さんのお子さんたち嬉しかっただろ~な~。
同じ雪も、見る側の思いや視点で、色々な顔を見せてくれるものですね。

殺伐とした思いに駆られてしまうような日々
こんな風に風雅な気持ちで、自然物に触れ合えれば、
豊かで、幸せな思いですごせるような気がします。
このブログに伺うと、いつも教わるんですよね。大切なことを!
今日もありがとうございました。
「天花」「六つ花」早速誰かに話したい・・・。

No title

負け惜しみじゃないですよきっと
冬は暖かいほうが過ごし易いかもしれないけど
「 暖冬の影響で~が不作 」 とか
雨は面倒だけど 「 雨が少なかったから~の出来がイマイチ 」 とか
ニュースで聞くことがあるような気がします

北国の人は冬の寒さをいっぱい知ってるから
春がすごく嬉しいんですよね

温故知新ならぬ 温冬知春 かな

No title

こんばんは。

雪の表現も色々ありますね。
この素晴らしい結晶の形に心を奪われてしまいそうなのだけれど
やはり寒いのは苦手ですね。

こちらは日が照ってきたら「もう春になった」と感じています。
まだまだ花などはこれからで、風も冷たいのだけれど
日の光はもうこれから春が来ますと告げています。
夕方も大分日が延びました。6時ころまで明るいです。

秋田も市内はそれ程いつもは積もらなかったと思いますが、今年は
大変だったようですね。

あと少しです。楽しみが待っていますね。

春は何処から来るかしら。
あの山越えて野を越えて
東の国からくるかしら?
いえいえそうではありません。
それは 笑顔あふれる家庭から
春は来る来る 春は来る

もうそこに来ています。
そっとそっと足音を忍ばせて、
雨だれの音を聞いてみてください。

はやとうり様

はやとうりさま こんばんは。

ご訪問とコメントを有難うございます。いつも嬉しく頂戴しております。(*^_^*)

>川端康成の「トンネルを抜けると 雪国だった」にかなり憧れていました
>憧れが叶う日は来そうにもありません

何時か体調が良くてワンちゃん達を預かって頂けたら いつでも秋田にお越し下さい。§^。^§
県内をくまなくご案内させて頂きます。温泉も多いですよ♪~
そんな日が来たら どんなにか楽しいでしょうか・・・・・外は寒いですが 建物の中は暖かいですから。

余り豪雪にならない頃の方が風情があります(*^_^*)
雪が溶けて 春が訪れた時の 緑の爆発? 心が洗われる柔らかで澄んだ美しい緑が息吹きます。

>人間と言う物は不思議な動物ですね
あの厳しかった冬を思い出せないのですから。。。

本当にそうですね。
雪地獄のこの地に住んでいても 毎年冬が来る度にこんなにひどかったかなぁと思います。
夏が来ると こんなに暑かったかしらともおもいます。

忘れられるから頑張れるのかもしれませんね。
忘れんぼの特技のお陰で この歳まで生きてこれたのかもしれません(>_<)

今日もお越し下さって有難うございます。♪~


aaconee様

aaconee さま こんばんは。

ご訪問とコメントをいつも有難うございます。とっても嬉しく頂戴しております。(*^_^*)

>「天花」「六つ花」早速誰かに話したい・・・。

うふふ そんな風におっしゃて下さると 嬉しいです。
北海道の結構有名な菓子舗に 六花亭というのがあります。
ろっかてい と読みチョコレートやクッキーの美味しいお店だったと思います。
北海道に沢山降るの雪の結晶から命名されています。

一時騒がれた銘菓 白い恋人の包装紙にも雪の結晶が描かれています。
秋田に住むまでは なんてロマンティックな美しい名前のお菓子かしらと思ったものでした。§^。^§

雪は大変ですが そのお陰でどんな真夏でも 水不足はありません。
大変ですが 楽しみながら棲んでいかなければと思っております。♪~

お越し下さって有難うございます。
何時か旅行の計画がある時は秋田も加えて見て下さい。一歩足を延ばすと 生よっちママにも会えますよ。ヽ(^。^)ノ

秘密のさいこちゃん様

秘密のさいこちゃんさま こんばんは。

ご訪問とコメントをいつも有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

>温故知新ならぬ 温冬知春 かな

さいこちゃん 素晴らしいですヽ(^。^)ノ
そっかぁ そう思えばいいんだよねぇ。 凄いこの言葉!!

新発見で 言い得て妙!!
掛け軸にして 毎日見る居間に掛けておこうかしらん§^。^§
素敵な名言有難うございます。

お越し下さって有難うございます。♪~

Roman 様

Roman さま こんばんは。

ご訪問とコメントをいつも有難うございます。とっても嬉しく頂戴しております。(*^_^*)

>春は何処から来るかしら。
あの山越えて野を越えて
東の国からくるかしら?
いえいえそうではありません。
それは 笑顔あふれる家庭から
春は来る来る 春は来る

うわぁ~ よくお分かりになりましたね。有難うございます。ヽ(^。^)ノ
懐かしいです。子供の頃よく耳にした歌でした・・・・・しかもラジオから♪~
替え歌もお上手ですね。本当にそうですね。
外はどんなに吹雪でも家の中は笑顔あふれる家庭でありたいですね。

{寒いねと話しかければ 寒いねと答える人のいる温かさ) 俵万智さんの歌を思い出しました。

>もうそこに来ています。
そっとそっと足音を忍ばせて、
雨だれの音を聞いてみてください。

お励ましを有難うございます。今日の雪はほんの十分位の降り方でした。
本当にもうすぐそこですね(*^_^*)

今日もお越し下さって有難うございます。

こんばんは。

やっぱり東京は人が多いです。
旅の楽しみはその土地の美味しいもの。珍しいと思ってもその土地では当たり前なんですよね。
もう直ぐ春。お弁当を持ってのんびりあったか日差しの中でゆっくりしたいです。

toyosun様

toyosunさま おはようございます。

昨夜の地震大丈夫でしたか。お引っ越しされたばかりのお家での地震大変だったことでしょう。

3.11から一年を過ぎたばかりでの今回の大地震本当に怖いですよね。

早く落ち着いて欲しいですね。

>お弁当を持ってのんびりあったか日差しの中でゆっくりしたいです。

本当にそうですね。私も是非そうしたいとおもいます。
今日3.15は豊臣秀吉が京都の醍醐寺で花見をひらいた日です。

いつもご訪問とコメントを下さって有難うございます。とっても嬉しく頂戴しております。
どうぞお気をつけてお仕事なさって下さいませ。

No title

北海道も今日朝から淡雪です^^

この景色が 雪国に住む特権なのかと

しみじみ 眺めてます^^

よっちママ様

よっちママさま こんにちは。

>北海道も今日朝から淡雪です^^

やはりそうですよね。
秋田は今日は ざらめ雪が降っています。どんどん積っています。
やっと道路のアスファルトが見えたと思ったのに(>_<) また白い道(T_T)

ざらめ雪は本当にザラメ状です。お料理に使うザラメと色が違うだけです。(@_@;)
でももうすぐですよね お互いに頑張りましょうね・・・雪寄せしてきますね§^。^§

お越し下さって有難うございます。よっちママも今日も元気で美味しいお料理頑張ってね!!

No title

こんにちは。

春は近づいたと思ったら、また少し離れて、
あと少しで手が届きそうなのに、届かない・・・
と、思っている内にいつのまにか側に・・・。といった感じですね。

今朝もうっすらと積もっておりました。

ひいち様

ひいちさま こんにちは。

>今朝もうっすらと積もっておりました。

やはりそうですね(>_<)
秋田は6センチ位積もりました。
しかも今回はザラメ状のしっかりとした雪です。
凄く水分を含んでいるので 雪掻きの重いこと(T_T)

昔遊んだ「かごめかごめ」のように 後ろを向いたら春が来ていたら 嬉しいのにね§^。^§
でも確実に来てはくれるのですから 待つことにしましょう!!

三月の読書頑張ってね!!春が来たら忙しいから 今のうちに一杯心の栄養お取り下さいね(*^_^*)
お越し下さって有難うございました。♪~
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム