如月(きさらぎ)のこと

今日は二月一日 如月(きさらぎ)です。
如月の語源は 衣更着(きぬさらぎ)だそうです。

冬の中でも二月はとりわけ寒い。
今のような暖房器具ではなかった昔 寒さは本当に厳しく感じられたことでしょうね。

寒くて寒くて 沢山重ね着をしているにも拘らず ( 衣を 更に 重ねて着る )キヌサラギ→キサラギと変化したようですから 二月は本当に寒いのです。

みちのく秋田は雪の国。今日も強く冷たい風が吹き 雪が舞いそして積っています。
山も里も街並みも みんな 白一色。
家も公園も車も すっぽりと大きな綿帽子をかぶり メルヘンの世界に迷い込んだかのようです。

雪は音も優しく包み込んでくれるのかもしれません。
テレビを消して本を読んだり 書き物をしていると ページを繰る音 ペンを走らせる音 掛け時計が時を刻む音など 日頃耳にしている筈なのに 余り心に留めることのなかった聞き慣れた音が 暮らしの中で心を温め落ち着かせてくれる素敵な音だったことに 気付かされます。

静かな静かな雪の夜。
どこかの家で雪掻きをしている音が聞こえます。
凍った雪の塊をスコップで砕いたり 削り取ったり カキ~ンカキ~ン ガリッツガリッツ。

もし晴れ渡った青空の下であれば 大きな金属音となって響くことでしょう。
でもすっぽりと雪に包みこまれた世界では 音もくぐもるのかもしれません。
 毎年冬になれば耳にしているどこか懐かしい音にさえ聞こえてくるのですから不思議です。。 
スノーマジックとでもいうのでしょうか。

沢山の雪の花を咲かせた木々を街燈が照らし出し 闇夜に美しいシルエットを浮かび上がらせています。
しんしんと降り積もる 静かな静かな雪の夜。
今日から如月。もう一枚衣を重ねて着ることに致しましょう。

最後までお読み下さってありがとうございます。
毎週火曜日に更新しています。 次回は二月八日です。 どうぞご覧くださいませ
。 

コメントの投稿

Secre

雪国の風景

こんにちは。
雪国というと何となく浪漫な響きが有りますが
実際に生活されているのは大変ですね。
雪国の人は辛抱強いとか。
また雪に閉ざされ中での手仕事による
質の高い工芸品に定評があります。
太平洋側の乾燥地域から
しんしん雪降る夜に想いを馳せました。。。

プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム