ひと瓶の幸せ

小さなノスタルジア


コスモスが心地よさそうに風と戯れ ナナカマドの実は赤みを増し 桔梗の青紫色が空に映える。
季節の時計は 足早に秋色にキャンバスを染めてゆく。
朝晩の挨拶にも秋を彩る言葉が増し 行き交う人々の服装もオータムカラーになった。



今年は栗の出来がよい。虫が付かず味も濃い。沢山の栗が収穫できた。友人たちにお福分けも出来た。栗ご飯は勿論 茹で栗も味わった。


取り分けた大きめの栗をステンレスのボールに入れ たっぷりの熱湯を注いでから仕事に出た。 
夕飯も済み その片づけが終わってから ダイニングテーブルに新聞を大きく広げる。
朝 熱湯を注がれた栗は 自然に冷め その間に鬼皮を柔らかくしてくれている筈だ。

笊に上げ水切りをした栗のボールと 水を張ったボール 新聞紙を敷いただけの空のボール。
三つのボールがテーブルに並んだ。準備完了。


我が家の秋の風物詩?恒例の 栗の渋皮煮作りの始まり。
商品名「くりくり坊主)という 栗剥き器を使って 鬼皮だけを剥いてゆく。
単純作業だが ほんの2ミリ位であっても 渋皮を傷つけると 茹でている時に栗の中身が飛び出してしまうので慎重に丁寧に剥いてゆく。


五年ほど前までは この作業を始めると一緒にテレビを見ながら二男が手伝ってくれた。
手伝ってくれるというよりも 息子の方が器用で仕事が早い。
専用の栗剥き器を使iながらも 私が一粒剥く間に 息子は三粒くらい剥いてゆく。しかも包丁で。


息子の趣味でもある特技は テーブルマジック。
大学生の頃は 企業のパーティなどに呼ばれマジックを披露して 結構なご祝儀を頂戴したり NHK秋田の夕方の番組では マジックを披露する様子が何度も流れたり・・・・・楽しかったなぁ~。


四人家族だったが 今は夫と二人だけ。
初めから大きめだったダイニングテーブルが 一層広くなった・・・・・。
毎年 渋皮煮用の栗を剥く度に 様々な場面で良く手助けをしてくれた 二男を思い出す。


瓜食めば(うりはめば) 子供思ほゆ 栗食めば まして偲ばゆ・・・・憶良の歌が口を衝いて出る。


息子達が幼かった日々などを 懐かしみながら 一人でクルクルと鬼皮を剥く。
大きな鍋に渋皮だけになった栗と たっぷりの水を入れ 重層を入れて茹でる。
鍋の中は驚くほどの黒茶色が溶けだしている。如何にアクが強いのか良く解る。
茹でこぼして 良く洗い 再び 重層を入れて茹でる。
この手順をもう一度繰り返し 清水に晒しながら 太い筋は爪楊枝で静かに剥がす。
一番手間のかかる作業が終わった。下準備完了。


あとは砂糖を煮溶かした湯の中で ことことと煮てゆけばよいだけだ。
栗を煮る間に テーブルの上を片付ける。
鬼皮で一杯になったボールは新聞紙をあらかじめ敷いてあるのでクルッと包めばゴミの始末完了。
皮のまま捨てるとゴミ袋が破れたりするのを防ぐし 後始末も簡単だ。

保存瓶の煮沸をしながら 童謡(里の秋)を口ずさむ。
@@@ しずかな しずかな 里の秋 おせどに木の実の 落ちる夜は  ああ母さんと ただ二人 栗の実にてます いろりばた@@@

栗の実煮てます・・・・きっと渋皮煮のことよね。そうでなければ 茹でるという筈だし と独り言。
あらぁ おせど って何?
広辞苑を繰る。背戸・・・裏の入り口。うらぐち。うらもん。と記されている。
家の裏口に在る 木の実が落ちるって言う意味だったことを 今更ながらに知る。


来し方に思いを馳せ 私の中のノスタルジアを一杯に包みこんで 渋皮煮が出来上がった。

日々を無事に過ごさせて頂き 今年も渋皮煮を作り終えることができた。
保存瓶に詰め込まれた栗に 家族が元気に過ごせていることへの感謝一杯の思いを込めて封をした。
秋の夜長の小さなひと瓶の幸せ。 


拙い文章を最後までお読み下さって有難うございます。
毎週火曜日に更新しています。次回は十月十一日です。言の葉ISの絵のない絵本。
どうぞ次回もご覧下さいませ。

コメントの投稿

Secre

No title


 相馬先生、おはようございます。

 栗ですか…もうそんな季節なんですね。京都はようやく涼しくなったかな、という
具合で、私はまだ半袖で過ごしております。周りは長袖ですが…東北人と体感温度
が違うのですかねえ。

 生栗の皮むきは本当大変ですよね。包丁でもピーラーでもかなりの手間ですからね。
中国の栗剥きおばさん達凄いです(甘栗むいちゃいました、は全て中国人の手作業で
剥いている)…まああれは甘栗だから柔らかくて楽ですけど。

 秋田はあっという間に冬、という位すぐ、凄く寒くなりますからね。季節の変わり目で
体調を崩したりなさらないよう気をつけて下さい^^

 

No title

おはようございます。
今日も素敵な文章ありがとうございます。
栗の渋皮煮の作り方もすっかり覚えられますね。

日本の童謡にはたくさんの素敵な言葉が使われていますね。
あらためて、歌詞の言葉も味わってみたいと思わされました。

ラスティ・ネイル様へ

ラスティ・ネイルさま おはようございます。

ご訪問といの一番のコメントをいつも有難うございます。とっても嬉しです(*^_^*)

>中国の栗剥きおばさん達凄いです(甘栗むいちゃいました、は全て中国人の手作業で
>剥いている)…まああれは甘栗だから柔らかくて楽ですけど。


まぁ~凄いですね! ラスティ・ネイルさんは何でもよく色々とご存じですね !
甘栗大好きです。きれいに向けているものだと いつも感心していました。
本当に手作業ですね!!手先の器用さと 勘の良さと 視力でしょうね。凄いことです。

秋田は涼しいを 通り越して 寒くなりました。朝晩ストーブを焚いています。
ラスティ・ネイルさんもどうぞ お体大切に お仕事にお励みくださいませね(^_^)/~

ご出勤前のあわただしい時間帯だと思われますのに 火曜日の更新を覚えていて 待ちかねたように
コメントを下さって 嬉しく有り難く存じております。今日も一日良い日でありますように(*^_^*) 

Roman様へ

Roman さま おはようございます。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

>栗の渋皮煮の作り方もすっかり覚えられますね。

クスクス(笑) いつも推敲せずポンと送信を押してしまう悪い癖ですね(>_<)
朝 自分で読み直すと なんでこんな方向にと思うこと しばしばです。(-_-;)

>日本の童謡にはたくさんの素敵な言葉が使われていますね。
>あらためて、歌詞の言葉も味わってみたいと思わされました。

本当ですね。私もそう思います。
古き良き時代の 日本の美しい情景が浮かんできます。
心のぼんぼりに ほんわりと火を灯されるような気がします。
歌詞も旋律も本当に美しいですね。日本に生まれることができて良かったと思います。ヽ(^。^)ノ
この思いは 年年歳歳 深くなってゆくようです。

No title

栗ってどうやって食べても美味しいですね
我が家ではみんな大好きなくせに誰一人自分で皮を剥こうとしないので
いつも母が栗ご飯にしてくれます

きっと年を取ったら
栗食めば 母思ほゆ・・・になるんだろうな私

なんだか急に寒くなりましたよね
お体にお気をつけください

No title

今日の記事の中に先生家族の愛を見ましたぁ。
秋の夜長の小さなひと瓶の幸せ。  いいですね。

息子さん、器用なのでしょうね。
羨ましいな。
一緒に並んで出来たその作業、本当に和やかでしたでしょう。
(作業は大変でもね。)

素敵な思い出話ありがとうございます。

No title

息子さんといっしょに・・・
ただ一緒にいるだけでなんだか嬉しいし、
しあわせを感じますよね~( ^^)

深まりいくこの秋に私も渋皮煮を作ってみたくなりました。
言の葉ISさまのようにできるかな・・・♪

秘密のさいこちゃん様へ

秘密のさいこちゃんさま こんにちは。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです。(*^_^*)

>我が家ではみんな大好きなくせに誰一人自分で皮を剥こうとしないので

栗美味しいですよね。でも皮をむくのは結構大変。同感です。
我が家では大きな深鉢に たっぷりの茹で栗を盛ります。
そして果物ナイフと グレープフルーツ用の 先がザギザギのスプーンを 何本か添えておきます。

平らなほうを下にして とんがり頭の方から ナイフを入れて半分に割り スプーンですくって食べます。
皆自分でナイフを入れてあっという間に完食していますよ(●^o^●)お試しくださいね。

>いつも母が栗ご飯にしてくれます
栗ご飯美味しいですよね大好きです! お母様お優しいですね♡~
季節を食卓にのせて下さることって嬉しいですよね(^-^)

No title

季節感のあるお話、楽しませいただきました。
「ひと瓶の幸せ」(これ、いいですね!)・・・ほっこりしました。
ウチも姑が、一生懸命やってます。
上手に美味しく作ってくれて、わたしは美味しくいただくだけ。
こうして、読んでいますと、なかなかに大変そう!
いつもいいとこどりのちゃっかり嫁ですね~~。

食べられて当たり前になっていましたが
ありがたいものだなぁ~と再認識した私です。

ウチも上の娘は、大学にいってしまい、「あの頃は~」
なんて、思い出したり、テーブルが広く感じたり、
共感いたしました。
 
里の秋の歌、確かに、気にしないで歌ってましたけど、
お背戸ってそういう意味だったんですね!
勉強になりました。結構無意識に歌ってるものありますよね。

憶良の歌もいいですね~。
色々、豊かになった気分です。秋だけに、実り多いです。

楽しみました。何時もありがとうございます。

カントリーママ様へ

カントリーママ さま こんにちは。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

>今日の記事の中に先生家族の愛を見ましたぁ。
>秋の夜長の小さなひと瓶の幸せ。  いいですね。

有難うございます。でもカントリーママさんのご家族は 毎回のブログ全てが愛に溢れ 愛に彩られていますよl。
いつも素敵なご一家だなあと思いつつ拝見しています。

> 息子さん、器用なのでしょうね。
>羨ましいな。

有難うございます。
でも木に上って実をとってくれるとか 素手であんなに大きな鮭を捕まえてくれたりはできませんよ。(>_<)

カントリーママさんは きちんと そしてはっきりとした 教育方針を持ち 子供さんを導いていらっしゃること・・・・何時も素晴らしいと思って 学ばせて頂いております。
(孫育ての時に 是非実践したいと思っています。教育ばあば になった時ニ)

景色が美しいですね!水も空気も澄んでいることが良く伝わってきます。
うつくしい自然の中での子育て。子供さんが伸びやかで良いお顔ですね。  

惠子ママ様へ

惠子ママさま こんばんは。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

レギュラーコメンテーターになって下さいましたね。ヽ(^。^)ノ

恵子ママさんも 息子さんがいらっしゃいますものね。同感です。

>深まりいくこの秋に私も渋皮煮を作ってみたくなりました。

まぁ嬉しいです。もしお時間が取れたら是非なさってみて下さいませ。
おせちのお重箱の隅で 甘い箸休めになりますよ。
私は仕上がってから ブランデーを入れました(●^o^●)

No title

こんばんはv-352
ご自宅に栗の木があるのですね。
うらやましい環境ですね。
栗って、熱湯を注いで一日放置するのですねe-451
いつも、剥くのに苦労していました。
今度やってみます。

童謡は、小さい頃から意味も知らず歌っていました。
言の葉ISさんのように
きちんと調べるといいのですね。
とっても勉強になりました。
ありがとうございましたe-420

aaconee様へ

aaconeeさま こんばんは。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

>上手に美味しく作ってくれて、わたしは美味しくいただくだけ。

上手に作って下さるお姑様も素晴らしいし 美味しいと召しあがれるaacoさんも素敵です♡~

少しくらいの手間がかかっても 家族が美味しいと言ってくれる一言が 嬉しい宝物。
次回へのエネルギーに繋がります。
おせちのお重箱の一角に 今年も渋皮煮を添えることができます(●^o^●)

年年歳歳 豪華な物やきらびやかな物への憧憬は去り ささやかな幸せを何よりも有り難いと
思うようになりました。それがどんなに凄いことであるかも 身をもって知る年齢になったのでしょうね。

白銀も 黄金も玉も 何せむに まされる宝 子にしかめやも・・・・・憶良のお歌の通りだと思います。

>色々、豊かになった気分です。秋だけに、実り多いです。

ありがとうございます。深まりゆく秋に倣い自分を深めてゆきたいものです。


 

イヴまま♡ 様へ

イヴまま♡ さま こんばんは。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

私の家は秋田市に在り 秋田駅まで車で15分くらいの所に住んでいます。

ここから車で2時間ほどの所に夫の生まれ育った家があります。凄い山奥です。
舅も姑も他界しておりますが 長男である夫は 毎週末は この実家で家庭菜園をし 日曜の夕方
秋田市内のこの家に戻る スローライフをしております。

月曜から金曜までは秋田市内で仕事をし 週末は原風景に触れ 英気を養ってくるようです。
私も仕事のない時は 同行しますが ほとんど週末は別行動です。栗はその産物です(おみやげ~)と言って(^-^)

>童謡は、小さい頃から意味も知らず歌っていました。

私も何も考えずに只歌っていました。同じです。栗が煮えるまでの暇時間のお陰です☆~
朝晩の冷え込みが厳しくなりました。どうぞご自愛くださいませ。


  

 

No title

いつもながら情景描写の素晴らしさ。
読んでいるだけで、まさにそこにいるかのような錯覚を起してしまいます。
秋の昼下がりに栗を剥く姿、いいですね。

我家では、もう栗を頂きました。
栗ご飯に、茹で栗、それに渋皮煮。
どれも美味しく頂きました。

女房がいいていました。
「渋皮煮を作るのは大変なのよ」
ああして、こうして、それからこうやるのと長い説明でした。
「じゃあ大変だったね」と僕。
すると「これ、いただいたの」でした。

Meipapa 様へ

Meipapa さま こんばんは。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

>いつもながら情景描写の素晴らしさ。
>読んでいるだけで、まさにそこにいるかのような錯覚を起してしまいます。


そのように仰って頂けるなんて とってもとっても嬉しいですヽ(^。^)ノ
昔子供の頃に読んだ アンデルセンの童話に (絵のない絵本)と言う本がありました。
子供心にもなんて美しいお話だろうと思いました。

言葉だけで自分の思いを伝えていくことができれば 何よりも嬉しいことです。
Meipapa さまから 最高の贈り物を頂きました(^-^)

お茶目な奥様もとっても素敵。またお写真アップなさって下さいとお伝え下さいませ☆~

No title

素敵な栗の想い出ですね^^

息子さんのテーブルマジック見たいです!!

きっと巧みな技連発されるのでしょうね^^

子供達マジック大好きで よくテレビ番組で特集されると

画面に食いついてます^^

栗 子供達と過ごす日々の中での四季

子供達と栗のおやつでも作ろうかなぁ^^

よっちママ 様へ

よっちママさま おはようございます。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

>子供達マジック大好きで よくテレビ番組で特集されると
>画面に食いついてます^^

そうそう。うちの息子もそうでした。フィズムとか言う世界大会随分見てましたよ。
私も息子に説明してもらいながら真剣に見ましたが トリックは解らずじまいでした。(>_<)

傍にいてくれて一緒にテレビが見られる・・・・・何気ない日常の中に幸せは在ると思っています。
よっちママさん 子育て時間楽しんでね!!ヽ(^。^)ノ

こんばんは。

『 言の葉ISの絵のない絵本 』

今夜もじっくり~
読ませていただきました。。

言の葉さんが自分の目の前で~

栗の渋皮煮作りをなさっているように見えました。
次男さんも~・・

素晴らしい時間をありがとうございます。

ぽち、、と。

G1 様へ

G1様 こんばんは。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

>(言の葉ISの絵のない絵本。)

わぁ~ 賛同して下さってありがとうございます。

何時も温かいお言葉ががけを頂き 嬉しく有り難く思っています。

G1さんのコメントを拝見している今 月が真上にありビタミン色に輝いています。

元気を頂きました。良い夢を見られそうな 幸せの予感。ヽ(^。^)ノ 有難うございます。♪~御休みなさいませ。


素敵

素敵なお話です
次男さんの器用さとお手伝いしてくれるところもいいですね
昨夜栗ご飯を作りました。
お料理は得意な方ではないのでクックパッドで一番簡単そうな作り方をみて。

渋皮煮 美味しいんですよね
それもまた家庭の味なんでしょうね
次男さんも栗を見ると行事<皮剥き>思い出すのでしょうね

寒くなってきましたのでお身体御自愛ください

93様へ

93さま おはようございます。

ご訪問とコメントを有難うございます。 とっても嬉しいです(*^_^*)

>昨夜栗ご飯を作りました。

まぁ~ 美味しいですよね!栗ご飯大好きです。
お子さまたちも 喜ばれたことでしょうヽ(^。^)ノ お忙しいのに頑張っておいでですね。

巡る季節を 子供さんたちと共に お食事を通して味わうことも 四季に恵まれた日本ならではですものね。
秋の日の 93さんご一家の楽しい団欒風景・・・・・子育ての旬 共々に 素敵ですね!!
いつも 今を いとおしみながら 親子の時間を大切に紡いで下さいね♡~

No title

こんにちは(^-^)

>日々を無事に過ごさせて頂き 今年も渋皮煮を作り終えることができた。
>保存瓶に詰め込まれた栗に 家族が元気に過ごせていることへの感謝一杯の思いを込め>て封をした。
>秋の夜長の小さなひと瓶の幸せ。 

言の葉ISさんのお人柄が伝わります(^-^)
家族が元気に過ごせている事。
本当に感謝です。

感謝されて食べられる栗さんも喜びますね~♪
そういえば私、今年はまだ栗むきしてないなぁ~

私は毎年栗ごはんです^^
手間暇かけて作るお料理は格別ですよね♪
私の場合、普段手を抜いてる?から
季節料理には気合が入ります(^-^)

今年の夏はたくさんの花を写真に収めることができました。
暑かった夏にも感謝!
そして私の一番好きな季節、食欲の秋に感謝~(^-^)

Kiwabuu 様へ

Kiwabuu さま こんにちは。

やはり Kiwabuu さんが  Kiwabuu さんらしいです(●^o^●)

あらためましてご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです。そして安心しました(*^_^*)

おばあさまも 貴女を慈しんで 呼んでいらした( Kiwabuu) ちゃん素敵な愛称です。
(我が家では勝手にキワちゃんと呼んでいますが・・・・。ごめんね》

栗ごはんも何度も作りましたよ。鶏肉と栗 シメジと栗 人参やヒジキとギンナンと栗 いづれも黒ゴマのトッピングをして・・・・・天盛りというのでしょうか。

栗ご飯の皮むきが面倒な時は さつま芋を大きめのサイコロ状に切って お芋ご飯もおいしい!!!
食べることと 料理することが大好きなので・・・・・食欲の秋 寒さに向かって脂肪を蓄える冬・・・・・。
メタボに拍車のかかる 悩みの時節到来です・・・・・食べても太らない方法って・・・・ないですよね(>_<)

Kiwabuu さんも 食べすぎに注意してねヽ(^。^)ノ 出張疲れの所を有難う!レギュラー席埋りました§^。^§
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム