神仏のご加護に

須梨槃特「すりはんどく」の白い花

空気が澄み渡り 空が一段と高くなった。
ススキの穂を揺らしながら通り過ぎる秋の風。
春や夏の風が緑なら 秋風は白い風だろうか。

秋晴れの朝 まるで朝焼けに染められたばかりのような茗荷を頂いた。
洗って笊に上げると 水滴がキラキラと光り ひとつひとつが 宝石のように美しい。

早速 半分を生食用に取り分け 残り半分は 醤油漬けと酢漬けにして 瓶に保存した。
生食用の一部を きゅうりとツナ缶であえてサラダにするために 千切りにした。
台所中に茗荷の香りが広がった。香りも姿も美しい。
この香り成分は 集中力をます効果が明らかで カリウムと食物繊維も多い優れた食品だ。



子供の頃 祖母がよく昔話を聞かせてくれた。
その中に(茗荷宿「みょうがやど」)と言う話があった。
宿屋の主人が 旅人に忘れ物をさせて ひともうけしようとずるい事を考えた。
そこで物忘れをするという茗荷の料理ばかりを旅人に食べさせた。
しかし翌日旅人が忘れて行ったのは・・・・宿代だった と言う話だった。


我が家の子供たちが育つ頃も 日本昔話で 茗荷の忘れ物をテーマにした昔話があった。
子供の頃から茗荷イコール忘れ物のイメージが定着しやすいようだ。


中学生になった頃 そうめんの薬味に添えられていた茗荷を見て 亡き祖母に 茗荷宿の話をしてもらったことなどを話し 祖母の思い出話を家中でしたことがあった。

ひとしきり 祖母を懐かしみ思出で話をした後で 父が茗荷にまつわる話をしてくれた。

須梨槃特(すりはんどく) 又は 周利槃特(しゅりはんどく または すりはんどく)と呼ばれるお釈迦様の弟子の羅漢のお話だ。

須梨槃特はとても真面目で一生懸命に修行をするのだが物忘れが半端ではなく 自分の名前さえも忘れてしまう。そこでお釈迦様に言われて 自分の名前を書いた名札を首からぶら下げるのだが その名札を掛けるのも忘れるくらい ひどい物忘れだった。

そこでお釈迦様が 須梨槃特に 「他の修行はしなくてもよいから お前は(塵を払え)(塵を払え)と唱えながら修行場の掃除をしなさい それなら出来るだろうから」とおっしゃいました。


真面目な 須梨槃特は 来る日も来る日も お釈迦様に言われた通り (塵を払い)続けました。
そのうちに 塵には目に見えるものと 見えないものがあることを知ります。
そして真に 払い除くべきものは 自分の心の塵であることに気付いてゆきます。
こうして知的障害を乗り越えて お釈迦様の弟子にふさわしい 尊者となりました。
須梨槃特のお墓の周りには 茗荷が生えました。
地面ぎりぎりに 葉の間に埋もれながら はにかむ様に咲く 白い花 。

どんな時にも 辞めない 休まない 諦めない 素直な心で ひたむきに 自分で志したことへの思いを貫き通すことの大切さと素晴らしさを教えてくれる 須梨槃特の白い花は 悟りの証「あかし」


こうして 須梨槃特の霊は 仏道修行に励む人を守る神となったそうです。
心ここに在らずで 只掃除機をかけているだけの日頃の 己を恥じ入るばかりです。

星の王子様のお話にも《本当に大切な物は目には見えないんだよ) と言う一文がありますが 愚かなことに見えるものばかりを求め 見えないものは気付かないままで日々の暮らしに追われています。

良い物も悪い物も 心を澄ませないと見えてきません。
自分の心の中の 悪い物 愚かな物を取り除こうとの思いも込めながら きちんと掃除しなくてはと思いました。


自分の名前を荷なって 苦労していたことから 名を荷う→名にも艸「くさかんむり」をつけてこの草を 茗荷と名付けたそうです。


この茗荷と言う音が 冥加(知らないうちに受ける 神仏のご加護)に通じるという縁起を担いで 武門の家柄などでも広く家紋として使われています。

須梨槃特の 純粋で尊い心を敬いながら 冥加(知らず知らずに頂戴している 神仏のご加護)に感謝をして秋のひとひ(一日)の小さな出来事を綴りました。


拙いブログを最後までご覧下さって本当に有難うございます。
毎週火曜日に更新しています。次回は十月四日です。言の葉ISの絵の無い絵本。
どうぞご覧くださいませ

コメントの投稿

Secre

No title

おはようございます。
茗荷にまつわるたくさんのお話ありがとうございました。
心まで洗われて行く気持ちになります。
目に見えない本当に大切なものをみつけ、見失わないようにしたいです。

No title

我が家でもよく茗荷 甘酢に漬けます^^

そして 嫌なこと忘れるから 食べたほうがいいよ~~って

茗荷もケークサレに入れてみようかなぁ

今日も素敵なお話有難うございます!!

No title


 相馬先生、おはようございます。

 茗荷の物忘れにちなんだ笑い話は私も昔聞いて笑ったものですが、
須梨槃特の話は初めて聞きました。凄いですね…真に 払い除くべきものは
 自分の心の塵…私ならただ漠然と掃除だけして終わってしまい、そこに
気づくことは無かったと思います。凄い方ですね。

 茗荷はここ何年も食べた記憶が無いです…いえ、物忘れでなく(笑)食べ方
自体忘れてしまっていますよ><料理一から勉強しなおさないといけませんね。

 素敵なお話ありがとうございました。

Roman様へ

Romanさま おはようございます。

いの一番のご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

>目に見えない本当に大切なものをみつけ、見失わないようにしたいです。

本当にそうですよね。私も斯くありたいと思っております。
見つけたら 見失わないこと・・・・本当に重要なことですよね。
心の塵を払いながら 今日を努めたいと思います。

No title

茗荷宿・・・
面白い!!

こんな小噺、大好きなんですよ。

どこかで使わせて頂きますね!!

よっちママ 様へ

よっちママ さま おはようございます。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

>嫌なこと忘れるから 食べたほうがいいよ~~って

そういう解釈もあるわけですね(@_@;)凄い 茗荷再発見です。

>茗荷もケークサレに入れてみようかなぁ

やっぱり ママさんは料理人ですね(^-^)
私は ベーコン・玉ねぎ・アボカド・チーズを入れて作るのに凝っています。美味しいですよね。
朝ご飯にも 混ぜて焼くだけなので簡単で最近のお気に入りになりました。



ラスティ・ネイル様へ

ラスティ・ネイルさま おはようございます。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

>茗荷はここ何年も食べた記憶が無いです…いえ、物忘れでなく(笑)

お茶目で楽しいお人柄でいらっしゃいますね(^-^)

この時間にコメントをくださるということは 夜勤明けでいらっしゃるのですね。
お疲れの所を 何時もお気遣い下さって レギュラーコメンテーターになって下さっていること
大変嬉しく 有り難く 思っております。有難うございます。
どうぞお疲れのたまりませんようにご自愛下さいませ。

銀蔵様へ

銀蔵さま おはようございます。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

>どこかで使わせて頂きますね!!

嬉しいです。是非日本の昔話の良さを 広めて下さいませ。
お話し好きの子供たちが育ってほしいですよね(●^o^●)

No title

こんにちは(^-^)

言の葉ISさんのブログは読む人の心を洗濯してくれるようです。
いつも頭の中の引き出しが多いかただな~と尊敬してます!

目に見えないものこそ本当に大切なもの。
その通りだと思います。
こういう良いお話が昔から語り継がれること自体に安心感をえられます。
後の世代に語り継いでいきたいですね♪

私はおばあちゃん子だったので、おばあちゃんの事、色々思い出しました。
危篤状態の連絡が入り、病院に駆け付けた際、私がベットのそばに行き
家族や親せきからKiwabuuちゃん来てくれたよ~と
声をかけられた際に、目を開け、勉強頑張ってらが~Kiwabuuなら
大丈夫だ~(秋田弁ですみません)と言って再び目を閉じました。

それが高校入試直前の出来事・・・
合格発表前に祖母は亡くなってしまいましたが
ご近所さんにも慕われていた祖母のような人間になりたいと
今現在も思っています。
もちろん茗荷のお話も祖母に聞きました。

おばあちゃ~んお墓参りに行くからね~(^-^)
※すみません。コメントが脱線してしまいました・・・

No title

子供の頃は苦手だったけど
最近お味噌汁などに入っていると
すごく嬉しくなります

でも食べ方が足りないのかなぁ
煩悩だらけです私(*^m^*)

好き嫌いせずしっかり食べないといけませんね

No title

わ~、勉強になりました。いいお話ですね。

秋風は「白い」とおっしゃるのが、いいな~と思って読んでおりましたら、
茗荷のお話。しかも冥加につながって、小気味良ささえ覚えました。

なんとなく聞いたことがありましたが、こうして文字にしてしっかり読ませて
いただいてよく心に届きました。

「見える塵と見えない塵・・・」確かにそうです。
現実世界は、外にあるようでいて、内側を写すものである
という話もききますが、それにも通じるような気がします。
すべてが、自分を写しているということなんでしょうね。

心を磨くというと、なかなか難しく感じるけれど、
目の前のものを磨いていくうちに、内面が磨かれていくことに、
救いと、愛を感じます。
私のようなものでも、目の前の塵なら、履いていけるかも知れない
と思えるからです。

ただ、そこにある無心につながる素直さ、
これが私には欠如しているように思えます。

いい勉強させていただきました。
いいお話は、やはり読んでいて、ほのぼのして温かいですね。
ありがとうございました。


Kiwabuu様へ

Kiwabuuさま こんばんは。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです。(*^_^*)

>こういう良いお話が昔から語り継がれること自体に安心感をえられます。
>後の世代に語り継いでいきたいですね♪


本当にそうですね。伝えて下さった方へのご恩返しは 私たちより後の世代に伝えることだと思います。
日本人の素晴らしい文化であり情操教育としても是非受け継ぎ 伝えて行きたいものです。

可愛がって下さったおばあさまのお墓参り 是非時間を作っていらして下さいね。
お喜びになりますよ。昔話もして下さったおばあさま お優しい素敵な方でいらしたことと思います。


何時の日か Kiwabuu おばあちゃまになって お孫さんにも伝えて下さいねヽ(^。^)ノ

秘密のさいこちゃん 様へ

秘密のさいこちゃん さま こんばんは。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

>最近お味噌汁などに入っていると
>すごく嬉しくなります

本当に美味しいですよね!
 茄子と茗荷のお味噌汁 大好きです。 
わかめと茗荷も美味しいですよね(●^o^●)
秋は美味しい物好きな物が一杯です・・・・太る一方です。料理好きの食いしんぼなので(>_<)

スタイル抜群のさいこちゃんが羨ましいです(*^_^*)

aaconee様へ

aaconeeさま こんばんは。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです。(*^_^*)

火曜日が更新日であることを覚え下さっている皆様から 沢山のコメントを頂きました。
一番ドキドキする火曜日に頂戴するコメントは 私にとって貴重な応援メールでもあります。有り難いことです。

>秋風は「白い」とおっしゃるのが、いいな~と思って読んでおりました

有難うございます。絵が描ければ ススキを揺らす風に 白い絵の具ですう~と短く三本くらいの線を引いて
風を感じて貰えるようにしたいなと思って 秋風は白と言いました。
共感して下さって嬉しいですヽ(^。^)ノ

>茗荷のお話。しかも冥加につながって、小気味良ささえ覚えました。

本当に凄い展開ですよね。茗荷=冥加 やはり言葉には霊力が宿るとする 言霊信仰からきているのでしょうね。
「命冥加な~)などと言う言葉を耳にすることがありますが 冥加って凄い意味があったのだなと思いますよね。

>いいお話は、やはり読んでいて、ほのぼのして温かいですね。
>ありがとうございました。

そのように仰って下さってとても有り難いことです。こちらこそ有難うございました。(*^_^*)

No title

須梨槃特の事は子供のころから~
両親から教えられていましたが・・

すっかり忘れていました。。

心が洗われるような~
素晴らしい記事です。。

自分もすっかり~・・
心を綺麗に掃除して~・・
心を澄ませておきますね。。

ぽち☆~・・・

No title

“茗荷” “須梨般特”のおはなし心に響きます。
日々を振り返り自問自答しながら、心の塵を払っていきたいと思います。
いつも素敵なお話ありがとうございます(*^_^*)

No title


今、毎日が24時間じゃ足りないくらい
たくさんのことに追われている中
言の葉ISさんの 穏やかなお話は
何だか心に沁み入りました。

いい時間をいただきました。
これで 明日も頑張れそうです。
ありがとうございました。

G1 様へ

g1さま こんばんは。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

子供の頃冥加を食べると物忘れをする話と 須梨槃特の話は 皆聞いて知っているお話ですよね(^-^)
でも大人になると 忘れて行く・・・・・時々立ち止まって思い出してみると なんだか新鮮ですよね!

心の塵を掃き清めながら より良い晩年に向かって 自分磨きをしていきたいと思っています。

惠子ママ 様へ

惠子ママ さま こんばんは。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

心の塵を払い清めながら 残りの時間を大切に 自分の精一杯を勉めたいものです。(^-^)

イヴまま♡様へ

イヴまま♡さま こんばんは。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

とってもお忙しそうですね。イヴまま♡さんが頼りにされている証です。

全力投球で頑張って下さいね(^-^)

大変な時ほど 頑張ったものが 自分の大きな力と自信に繋がります。

そして人様からの人望も更に増し 大きくなっている自分に気付きますよ。

世間と言う砥石で磨かれていくのです。イヴまま♡色の 豊かな実を結んで下さいねヽ(^。^)ノ

すっきりしました

おはようございます。
私も掃除をしていて、綺麗にすべきは・・・と、もやもやと考えを巡らせた事はありますが、今日は朝から我が意を得たり!の文章に出会えてなんか縁起がいいです!
子供たちにもそういった昔話も織り交ぜた上で、掃除の指導などを施してゆけば、向き合い方も変わるんでしょうね!こんど我が家の子供たちで試して見ます(笑)。

花山様へ

花山さま こんにちは。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです。(*^_^*)

>子供たちにもそういった昔話も織り交ぜた上で、掃除の指導などを施してゆけば、向き合い方も変わるんでしょうね!

ええきっと。お釈迦様の御教えですから。(^-^)
大人も子供も 正に老若男女 心を磨くための塵祓いをしてゆきたいものですね。ヽ(^。^)ノ

No title

秋茗荷の時期ですね。

先日実家に帰った際、庭で採れた秋茗荷を母が台所に山積みにして「綺麗なんがまたなったわ~」と見せてくれました。
これを頂くと実家はやっぱりいいな~とまったりした気分になります。
またその香りが自宅に帰ると懐かしく感じてしまいます。

実家庭の葉蘭は持って帰って自宅に置いていますが茗荷だけはそっとしておこう・・・と株分けする気になりません。
沢山あるから少しくらいなら大丈夫なのでしょうが、あの小さくてとっても綺麗な花や礼子様がおっしゃるようにキラキラとした宝石のように見える美しさを見れば茗荷に悪いことしちゃうなと思ってしまいます(笑)


祖母様、須梨槃特のお話ありがとうございました。
初めて知りました。
また「気付き」を教えて頂きました。
このところ雑念ばかりで埋もれていたと思います。




ミュル・葵ママ様へ 

ミュル・葵ママさま   おはようございます。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

>庭で採れた秋茗荷を母が台所に山積みにして「綺麗なんがまたなったわ~」と見せてくれました。

お母様 素敵な方ですね! 毎年取れる茗荷を 毎年愛でていらっしゃる・・・・本当に綺麗ですものね。
美しい物を 美しいと感じられる心 そして美しいと素直に言葉に出すことのできる柔らかい心・・・・洗いたての
水滴輝く茗荷を 笑顔でミュル・葵ママさんとご覧になっているご様子が 目に浮かんでまいります。素敵ですね。

>茗荷だけはそっとしておこう・・・と株分けする気になりません。

解りますとも。茗荷の美しさも香りも お母様とご一緒に ご実家のお台所での大切な母娘時間の宝物なのですね。
お母様との 素敵な時間を どうぞこれからも大切に紡いで下さいませね(^-^)

心がほんわりと温められるお便りを頂きました。有難うございました。ヽ(^。^)ノ

 

No title

こんにちは~(^-^)

今週はこのお話が頭から離れなくて、今日は午後から
しっかりお部屋の掃除に没頭する予定です♪

秋田ではこちらよりも気温の低下、朝晩の冷え込みなども
強いでしょうから、お体のケアにお気をつけて(^-^)

来週の更新も楽しみにしてま~す(^-^)/

Kiwabuu様へ

Kiwabuuさま こんにちは。

コメントの2便 とっても嬉しいです(*^_^*)

>今週はこのお話が頭から離れなくて、今日は午後から
>しっかりお部屋の掃除に没頭する予定です♪

 物忘れをするどころが 集中力を増す効能があることが しっかり証明されましたね(@_@;)

私も今日は休みです。水泳に行ってきます。
メタボ解決のために始めたのに 友人(グルメのランチ好き)達に恵まれ 楽しいけれど肥満になるばかり(>_<)(T_T)

今日は志を高く持って 友人を振り切り 見える塵と見えない塵を 掃き清める日にしたいと思っています。(^_^)/~



プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム