葉月の京都

平安の風



京都駅に降り立って一番初めに訪れたのは 東寺。
新幹線の窓からも 五重塔が見えていた。
流石に高い。京都のランドマークタワーと言うところだ。
京都駅前のビルが林立する中で 毅然とそびえたつ木造建築物で 日本一高い東寺の五重塔。


九条通りという町中の大きな道路沿いに 威容を誇る大きな門が目に飛び込んできた。
東寺の南大門だ。切妻作りの独特の形をしたかなり大きな門だ。
五重塔と共に 東寺のシンボルだ。

東寺は平安遷都と共に建立された 国立の寺院。

講堂には 大日如来や不動明王など 二十一軀もの仏像が安置されており 独特の雰囲気を醸し出している。
普通は絵画として表現される曼荼羅を 立体的に表現して作られたそうだ。
一軆ごとにお顔も姿も美しく厳かで あの硬い木を彫り込んで 良くこんなに衣の流れるような 柔らかい動きまで表現できているものだと感じ入った。

金堂の薬師如来は背中の光背が天井にまで届きそうで 徳の力とか尊厳をデフォルメしてしているようだ。
日光菩薩と月光菩薩などたくさんの仏像を有する寺院だが 一部は東京国立博物館に貸し出されていた。

建物の中でしばし仏像に見とれ 外に出ると日差しは強いが涼やかな風が吹いていた。
京都の風。平安の風・・・・・。
古えの人々も この風に吹かれながら 祖国の安寧を祈り 仏像に手を合わせていたのだろうか。
同じ風を感じながら 同じ地に立っていることになんだか胸が熱くなった。

心地よい風に吹かれながら歩き 五重塔へ。
白壁とかは一切なくて 全てが木造なので 暗くも見えるが それが一段と五重塔の気品に満ちた美しさに重厚さを増す犯しがたい品格へと繋がっているようだ。

京都市の中心部に位置しながらも ビルなどが視界に入らないように 美観が保たれてれている。
平安京が作られて以来 どれだけ多くの数えきれない位の人々がこの塔を見上げてきたのだろうか。
まったりとした 時の流れの中に いにしえの人々への思いを馳せる。


道なりに進み 五重塔の映り込みも美しい 瓢箪池に目をやると 真鯉や色鯉に交じって沢山の亀が泳いでいる。
目が慣れてくると あちらこちらの浮き石や池の縁で 甲羅干しをしている亀もいる。
いいなぁ~ 此処は。時の進み方が の~んびり ゆったりなんだなぁ~。


亀のいる瓢箪池から 少し歩くと蓮池があり 美しい花を咲かせていた。
きりっとした南大門 心和む沢山の仏像のおわします講堂や金堂 シルエットまで美しい五重塔・・・・・感動で熱くなった目と心の火照りを 清やか(すがやか)に 静めてくれる 蓮の花。

蓮池が終わると出口。
このあと金閣寺・銀閣寺・清水寺を巡り京都に一泊。
随分歩いたけれど 平安の風を感じながら素晴らしい一日を過ごさせて頂いたことに感謝。

明日は奈良。



拙いブログを最後までお読み下さって有難うございます。
毎週火曜日に更新しています。次回は八月三十日です。言の葉ISの絵の無い絵本。
どうぞご覧下さいませ。



東寺(とうじ)touji.jpg

蓮池
hasuike.jpg

金閣寺(鹿苑寺・・・足利義満建立)
kinnkakuji.jpg
銀閣寺(慈照寺・・・足利義政建立)ginnkakuji.jpg
清水寺kiyomizutera.jpg

コメントの投稿

Secre

No title

おはようございます。
東寺、本当にいいですね。
まず最初に、この塔が目に入ると京都を実感しますね。

>同じ風を感じながら 同じ地に立っていることになんだか胸が熱くなった。

素敵ですね。
こちらにも、その風が吹いてきそうに感じます。
また行ってみたくなりました。

続き楽しみにしています。

No title

京都の旅 寺院めぐり・・・

観音様のお顔が浮かんでくるようです。
京都 わたしも行きたくなりました。
言の葉ISさまの文章は引き込まれます。
そして 心癒されます・・・。
 
旅の続き ~ 奈良の旅 ~ 楽しみにしています。

Roman 様へ

Roman さま おはようございます。

ご訪問と いの一番のコメントを有難うございます。とっても嬉しいです。(*^_^*)

京都は子供の頃 平安神宮に行った記憶はありますが 東寺は初めてなので本当に感動しました。

住んだことはないのに 日本人のDNAとして深くインプットされている 何かがあるのでしょうか。
佇んでいると 懐かしいような気持ちになってきます。

そこそこの健康と時間と機会に恵まれ この地を訪う事ができたことを有り難く思いました。

惠子ママ様へ

惠子ママ さま おはようございます。

ご訪問と お早々のコメントを有難うございます。とっても嬉しいです。(*^_^*)

毎週火曜日早朝に 何ら推敲を重ねることもなく 文字通り心に浮かぶままに言の葉を連ねているだけの
拙い文章ですが ご覧下さる方がいてくださる このことに励まされ綴っております。

(続きを楽しみにしています) こんなに嬉しく 励まされる言葉を頂けるなんて・・・・・有り難いことです。

来週もどうぞご覧になって下さいね♡~

No title

趣きと 情緒あふれ 歴史に触れれる京都

素晴らしいですね^^

葉ISさんの説明がわかりやすく

自分もそこを歩いてる気持ちになれました^^

有難うございます!!

奈良探索も楽しみにしてます!!

京都行ったときしみじみ思い出しました^^

No title


 相馬先生、おはようございます。

 東寺、金閣寺、銀閣寺、清水寺は私も行きました。
本当にいいですよね。冬なら雪の金閣寺とかもいいですよ^^

 清水寺は結構上まで登っていきますから、足腰が丈夫でないと堪えますが、そのあとの絶景を見ると疲れなんて吹き飛びますよね。

 次は奈良の旅ですか…ブログ楽しみです。奈良公園のシカは、せんべい見ると凄い寄ってきますよ。
遠目に見ると微笑ましく見える光景ですが、実際寄ってこられるとかなり焦りますよ。集団には要注意です。おとなしいようでも、元々は野生の動物ですからね。

よっちママ様へ

よっちママ さま おはようございます。

ご訪問と コメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

>言の葉ISさんの説明がわかりやすく

>自分もそこを歩いてる気持ちになれました^^~

本当に素敵な所です。何時かリュックを背負った子供さんたちと親子旅をなさって下さいね♡~





ラスティ・ネイル様へ

ラスティ・ネイル さま こんにちは。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

> 東寺、金閣寺、銀閣寺、清水寺は私も行きました。
>本当にいいですよね。冬なら雪の金閣寺とかもいいですよ^^

雪の金閣寺・・・・目に浮かぶようです。
桜や紅葉の時期も そして今回のような青葉の茂る頃も 勿論美しいですが
雪の降り積もった中に佇む金閣寺・・・・・風情があって 素敵でしょうね!!

>奈良公園のシカは、せんべい見ると凄い寄ってきますよ。
>遠目に見ると微笑ましく見える光景ですが、実際寄ってこられるとかなり焦りますよ。集団には要注意です。

本当にそうですね。元来は野生なので ①かみつく ②体当たりしてくる ③角で付いてくる などの看板も
目につきましたね。うっかり餌をやると 取り囲まれて ドキドキしました。(@_@;)
可愛いよりも ちょっと怖くて ご機嫌取りに シカせんべい一杯貢いでしまいました。

京都に次いでラスティ・ネイルさんの良くご存じの奈良。次回も是非ご覧くださいね♪~

No title

ホームで東寺の五重塔を見たら
京都に着いたんだって実感しますよね

こんな長い年月がたって
いろんな事が変わってるのに
昔と変わらずにそこに建つたくさんのお寺や神社
何百年も前の人たちが今の私達と同じように
手を合わせてお参りしてるって なんだか不思議なつながりを感じます

No title

こんにちは~(^-^)

いいですね~古都♪
修学旅行以来見てませんが・・・(ToT)

でも関東に出てきてから香取神宮という場所に
良く出かけています。
周りの空気もどこか私たちの日常とは違った空気が流れているようで・・・
心いやされます♪

池にはもちろん亀~(^-^)おんなじこと思った~って
ブログ拝見させていただきました!

私も行きたくなってきた~(⌒▽⌒)

No title

こんばんは~

言の葉さんと、東寺、ご一緒させていただいたような気分です。
学生のころ、この辺を旅行してるはずですが、すっかり忘れております。
文章を読ませていただきながら、遠い日々に思いを馳せておりました。

古都は、歴史の地層の上を歩いているような気分になりますよね。
この場所で、あの頃何があったのか。。。悠久の時を超えて思いを馳せるとき、
熱いものがこみ上げてくるお気持ち、わかるなぁ~。

学生のころ行ったとはいえ、そういう思いは、持ちませんでしたから、
年をとればこその感慨深い思いなんでしょうね。
自分も歴史を重ねているんですね。年はとりたくないと思っていますが、
こんな素敵なご褒美もあるものです。

瓢箪池ののどかな亀さん達の様がいい。
言の葉さんが、にこやかに眺めている光景が目に浮かびました。

いいご旅行満喫されているご様子がよく表現されているように思います。

秘密のさいこちゃん 様へ

秘密のさいこちゃんさま おはようございます。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

>ホームで東寺の五重塔を見たら
>京都に着いたんだって実感しますよね

本当にそうですね。
私はホームでは駅が大きいのでどこから出れば烏丸口になるのかに気を取られ
五重塔を見る余裕がありませんでした。
でも列車の中から見えた時には (ああ京都に着いた。京都に来たんだ。本当に!!)って
凄く思いました☆~~

Kiwabuu 様へ

Kiwabuu さま おはようございます。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

>修学旅行以来見てませんが・・・(ToT)

修学旅行でいらしたのですね♡~東寺もいらしたのでしょうか。
感性豊かな年代の時に京都を訪う事ができて良かったですね。

京都は本当に素晴らしところですが 歩くこと歩くこと・・・・・行きたいところも
一杯ありますが足がついゆけません。膝ががくがく(@_@;) 
金閣寺・銀閣寺・清水寺も巡りましたが 坂が多いこと(>_<)

東寺は平坦な地にあり 一番歩き易かったです♪~

香取神宮行ってみたいです♡~

aaconee 様へ

aaconee さま おはようございます。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

>古都は、歴史の地層の上を歩いているような気分になりますよね

aacoさまのおっしゃる通りですね♡~なんて素敵な表現でしょうか☆☆☆~
文学少女でいらしたのですねぇ。いい得て妙。本当にそうでした。

>年をとればこその感慨深い思いなんでしょうね。

本当にそうですね。若くて体力の在る時は 坂も多く名所旧跡の多い京都を
隅々まで歩くことができたろうにと思いますが 体力の在る時は感性が今とは異なるでしょうし
その歴史も 過ぎ去った時間も含めて観賞する力が付く頃は体力が衰える・・・・難しいものですね。

>瓢箪池ののどかな亀さん達の様がいい。

そうなんですよね。時代の変遷も権力の推移も 目には入るけれど それによって振り回されることなく
自分カラーで のんびり ゆったり・・・・有る意味無我の境地・・・・亀さんは達観していたりして♪~

>いいご旅行満喫されているご様子がよく表現されているように思います。

有難うございます。多分京都を訪うのは今回の旅で最後だと思います。
体力特に足が付いてゆけません。健脚って凄いことで羨ましいことだとしみじみ痛感した旅でした。
悔いのないように旅を堪能してゆきたいと思っています。

No title

ゆっくりと景色を眺めながらの寝台列車の旅、素敵です
いつも新幹線か飛行機なので、いつか寝台列車に乗って
旅をしてみたいです。
京都・奈良は中学・高校の修学旅行でしか行ったことがないけど
金閣寺・銀閣寺・清水寺は、とっても印象深い建物と景色
だったことブログの記事を読んでいて思い出し、とっても懐かしく
また、行きたくなりました。

言の葉IS さん

初めましてりらです
先日は メッセージを頂き 温かい言葉をかけて下さりありがとうございます
お返事が 遅れてごめんなさいね
これからも 宜しくお願い致します

Rin様へ

Rinさま おはようございます。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

Rinさまも 修学旅行でいらしたのですね♪~

やはり日本を代表する名刹ですものね。

同じ地を 訪なうのでも 年齢を重ねると 感慨もかわってきます。

是非お時間ができたら 寝台車で のんびり ゆったりの旅をなさってみて下さいね。お勧めです☆~

風早りら様へ

風早りらさま  おはようございます。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

りらさまの明るくはっきりした画像と 夢見るような文章の対比を

不思議な力に誘われつつ拝見しています。

どうぞこれからも宜しくお願い致します。♪~

No title

こんにちは。

ゆったりした時間が流れる様子が、目に見えるようです。
写真がなくても、こんなにも、伝わってくるものなのですね。

言葉、文章って素晴らしいな。
と、しみじみ感じました(^-^)

>一軆ごとにお顔も姿も美しく厳かで あの硬い木を彫り込んで 良くこんなに衣の流れるような 柔らかい動きまで表現できているものだと感じ入った。<

私も自分の目と心で観て感じたい。と強く思った部分です。

奈良の旅も楽しみにしています。

ひいち様へ

ひいちさま こんにちは。

ご訪問とコメントを有難うございます。とっても嬉しいです(*^_^*)

>写真がなくても、こんなにも、伝わってくるものなのですね。

>言葉、文章って素晴らしいな。
>と、しみじみ感じました(^-^)



有難うございます。どなたも写真付きのブログが当たり前の時代に
未だ習得できずにいることを申し訳なくいつも思っておりました。

でもご覧下さる方の読み取る力で 想像力を働かせて汲み取って下さることを
有り難く思っております。とっても嬉しいです(*^_^*)

>奈良の旅も楽しみにしています

有難うございます。拙い旅日記ですがどうぞご覧になって下さいね(^_^)/~
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム