嬉しいサプライズ ~⑧ 嵯峨嵐山

秋の天龍寺(*^_^*)

嵯峨嵐山。
息子の家から電車で数駅で行けて 活気があって 景観が良くて 何度行っても飽きることがありません(*^_^*)

5月のゴールデンウイークに行った時は 木々の緑とツツジが美しかった天龍寺。
紅葉が始まっているかなと思いながら このたびも楽しみに訪ねました。

今回は建物内部とお庭を写しました。
ゆっくりと紅葉が始まっていました(*^_^*)


庫裏入口にある 禅宗開祖の達磨大師の 大きな絵が 真っ先に目に飛び込んできます。
②


渡り廊下の天井も しっかりとした骨組みと力学等の技の巧みを感じます。
⑤渡り廊下天井

渡り廊下の左右の内庭も 手入れが行き届き清(すが)やかです。
⑦廊下の庭



緩やかな曲線に巧みに沿わせた瓦の葺き方も見事で美しい!
⑫渡り廊下上から


長い長い石走も 堅固で無駄のない端正な美しさを感じます。
21 医師走り


写経の間。
⑮写経

華やかな襖絵。
⑯襖絵


回廊の四隅も 雨水から保護する目的の金具まで美意識の高い良い仕事ぶりです。
⑬柱止め


法堂の天井に描かれた「八方にらみ」の雲竜図は 撮影禁止ですが こちら方丈の襖絵の雲竜図は撮影自由。
今にも飛び出してきそうな迫力を感じます。
この襖絵は精巧に描かれたレプリカで原本は ボストン美術館の所蔵だそうです
24雲竜図



方丈の縁側から 夢窓国師の手掛けた(曹源池庭園)が見えます。
国の史跡・特別名勝第一号に指定されている 世界文化遺産の見事なお庭です。
27廊下から見る池


③庭園


④きれい



⑥池


御池の鯉も 名園にふさわしい良い鯉です
手を叩いたら寄ってきてくれたのでパチリ(*^_^*)
⑦鯉


小高い山の上まで石段を上りながら 園内を散策できるようになっています
⑨階段


法堂の天井に(八方にらみ)の雲竜図を描いたときに使った硯石。
書道上達のご利益があるそうです。
硯石



竹林は 何とも言えない清やかな美しさがあります
竹林⑧

借景まで計算され尽くした美の極み。映り込みで2倍の美しさを堪能できます
⑩借景


御由緒は勿論ですが 日本の寺院建築の巧みと機能美
春の桜 夏の青葉 秋の紅葉 冬の雪景色
四季折々の美しさを愛でる 日本庭園 
どちらも日本の職人ならではの心意気が伝わってくる丁寧な仕事ぶりに感じ入りました。



今回も訪なうことができたことを 嬉しく有難く大切な記録として綴りました。

コメントの投稿

Secre

No title

ロングドライブで京都はいつも通過してしまいます。銀閣寺に行っただけなのであっちこっち行きたいんですけどね~ ここ天龍寺もチェックですね~ 行きたいリストにいれておきました。 時間がゆっくりと流れて行くような・・・・

自遊自足様

自遊自足さま おはようございます(*^_^*)

> ここ天龍寺もチェックですね~ 行きたいリストにいれておきました。 時間がゆっくりと流れて行くような・・・・

春の桜 ツツジ 秋の紅葉 どの季節にいらしても 美しい所です。
嵐山や渡月橋 竹林の小路 道の左右には 沢山の食べ物屋さんがあり 一日天龍寺周辺で過ぎてしまう位ですよ。
10月の第3日曜には 斎宮の行列も見られて 古式床しい時間も楽しめます。
是非 ゆっくりとご自分へのご褒美の時間としてリストに入れて下さいね!お薦めです。

ホントに美しいですね
こういう庭園て 一種の空間芸術ですよね
しかも季節や天候 それが何年も何十年も何百年も先まで計算されてて
昔の建築物と同じで
技術が進化したと言われる現代の作家さんや業者では作れないものがあります

秘密のさいこちゃん様

さいこちゃん こんにちは(*^_^*)

> ホントに美しいですね
私のデジカメの技量ではお伝えできませんが 本当に丁寧で美しいです。
屋根瓦も 柱の釘隠しに至るまで 技の巧みと不細工な仕事をしない
昔の職人の心意気とか 真の通った人生観まで伝わってくるようです。

> こういう庭園て 一種の空間芸術ですよね
> しかも季節や天候 それが何年も何十年も何百年も先まで計算されてて

さいこちゃんのおっしゃる通りですね。私もそう思いました。
一木一草 それぞれの個性や成長ぶりを計算し尽くして配置している見事さに感動です。

音楽祭でお忙しかったのに有難うございました(*^_^*)
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム