今年も(*^_^*)

沢山のいい笑顔に出会えました(*^_^*)

 
秋田市民俗芸能合同発表会が今年も無事開催された。
秋田市各地に伝わる民俗芸能を一堂に集めた年に一度の祭典。 今年で27回となる。

人口の減少と共に風前のともしびとなっていた各地に伝わる郷土芸能を なんとか存続させる目的で始まった。
沢山の人に見てもらう機会があることが 演じ手の励みとなって鍛錬に励み 保存会もでき
秋田市の年中行事の一つとして定着した。

パンフレット

朝9時。出番2時間前に貸し切りバスで一番乗りで到着した「山谷番楽」に出場する子供たち。
会場は準備中で 市職員が座布団を並べたり 後方座席には椅子を運んだり マイクをセットしたり会場づくりをしている最中。
これから舞台での立ち位置の確認などを行う。明るく元気な子供たちの声が響く(*^_^*)

山谷①

さあ出番。衣装を着替え それぞれの位置に着き演目スタート。
前列の子達は 古語で綴られた歌を独特の節回しと共に歌い 合い間に太鼓を打ち
後列は拍子木や打楽器で 囃子方を務める。

山谷ばんがく②

踊り手の子達も 誰一人間違えることなく  伸びやかにきれいに舞っている(*^_^*)
「山谷番楽」は 太平山信仰の登山口の一つで 修行に励む山伏が山の神に奉納するために舞ったと伝えられている。
市指定無形民俗文化財。黒の烏帽子と鮮やかな緞子の衣装が檜舞台に映えて華やかだ。
山谷ばんがく③

演目の最初に演じられる「露払い」で 囃子方の拍子木を頑張った園児と一年生の子達。
立派に務め終えた お利口さんたちだ(*^_^*) よく頑張ったね♪
最後に全員整列して礼をするため 上級生の演目を見ながら ちゃんと正座して待っている様子(*^_^*)

山谷ばんがく④

「荒巻番楽」の中の(屋島の合戦)
元禄年間の頃 秋田市太平の修験者が 悪疫退散にご利益のある獅子頭の霊験を広めようと 芸能団を作ったのが起源と伝えられている。

荒巻①

紅白の獅子が がっしりと組み合ったまま 舞台をくるんくるんとでんぐり返っていく 荒々しいほどの勇壮で 力強い技の連続に 会場から大きな拍手と歓声が沸き起こります(*^_^*)
この発表会がスタートしたころは お父さん方が演じていました。
今は その息子さんたちが演じてくれています(*^_^*) 親子2代に渡り 地域の芸能が継承されて素晴らしいことです(*^_^*)

荒巻②

「土崎港ばやし」
国指定重要無形民俗文化財。
ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。
演目の初めを飾る (寄せ太鼓)のどこか哀愁を帯びた太鼓の音色。
その音色に誘われて祭りに足が向いていく光景が目に浮かび 懐かしいような気持ちになります(*^_^*)

土崎港バヤシ

朝10時から始まった 発表会。
午後2時40分 時間通りの配分で 九種類の演目すべてを無事に終了。
市職員の皆様に見送られて玄関に出たら 冷房で冷え切った体に外の空気が ガウンを纏ったように ほんわか柔らかで心地よく感じられた。

ライフワークの一つとなっている この行事の司会進行役。
今年も無事に務め終えた。
来年も元気で 演じ手や 観客の皆様の笑顔に会えますように!

来週はお盆ですね。皆様の毎日が お健やかにより良い日々でありますように。
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム