GWの留書き ⑦  (5/2)のこと

京都駅 & 阿闍梨餅

秋田の自宅から 車で片道3時間弱にある夫の実家。
もう両親とも亡くなって数年経つが 長男で実家大好き 田舎大好きの夫が素人農園を楽しんでいる。
6/9 久しぶりに私も同乗して行って来ました。

前記事のアスパラ畑と同じ日に写した 芍薬。
シャクヤクとアスパラ畑
(6/9撮影) 庭の芍薬。右手奥のモファモファと見える部分は アスパラ畑。

つぼみ
(6/9撮影) 蕾もまだ沢山あり楽しみです(*^_^*)

ピンク
(6/9撮影) ピンクも可愛らしいのでパチリ♪~

芍薬のさわやかで甘い香りが漂い なんとなく幸せな気持ちになります。
フランスでは 甘くてさわやかな香りのワインを 「シャクヤクの香り」と表現するそうです。納得です(*^_^*)

さあ 今日もGWの旅を記憶のあるうちに書き留めておきましょっと。

5/2.。曇天。午後からは雨になるとの予報でした。
雨に当たらなくて済む近間でもあり いつも乗り換え時の利用だけなので ゆっくりと京都駅を楽しむことにしました。

嵯峨野線で京都駅に到着するまでの通過駅 それぞれに思い出があり 一つ一つが懐かしい大切な宝物です。
亀岡 ・・・毎年5/3に行われる明智光秀祭りも何度か見ましたし 公園内を散歩しながら ハンカチの木の白い花を見つけ息子と一緒に眺めたのも忘れられない思い出です。

馬堀駅や保津川駅・・・・・ トロッコ列車や 京の都に息づく水運文化の保津川での 舟下りや ラフテイング 

太秦駅・・・映画村では細部まで丁寧に作り上げられたセットに感心したり 

二条駅・・・・世界遺産の二条城があり 描かれた名匠ならではの見事な襖絵や 大政奉還の行われた部屋に見入ったことなど
息子と訪れたその時の風や会話の一つ一つまでが しっかりと心に残っています。

嵯峨嵐山駅・・・・息子宅への滞在中 毎回一度は必ず行くお気に入り。
地元の人と同じくらいよく知っている場所になりました(*^_^*)
嵯峨野線沿線は  息子宅から簡単に行けて見どころが沢山あるのも有難いことです。

いつもホームからホームへの乗り換えに利用していた京都駅。
上から眺めると こんなに素敵なデザインで目を見張りました。
一部しか写しきれませんが とにかく巨大で斬新。
京都駅120

駅に隣接する 伊勢丹デパートの11階から眺めた京都駅です。
ガラスと金属がふんだんに使われているのと 吹き抜け部分が随所にあるので
歩けば時には人とぶつかりそうになるくらいの観光客がいるにもかかわらず
東京駅のような混雑による圧迫感や息苦しさがない。
伊勢丹

11階から1階まで続く 長い長~い階段。 右端にエスカレーターもありました。
高所恐怖症の私は 眺めているだけでもくら~っとしてきますが 利用する人が結構いるのも驚きでした(@_@;)
元気だったら 一階に降りて下から写す構図だと もっとこの凄さが伝わるかもしれません。とにかく凄いの一言です。
階段

駅の洗練された建築美を沢山カメラに収めた後は
デパートの催事場で世界のワインとチーズ祭りを楽しみ 買い物も楽しんだ。
多少買い物をし過ぎても 息子が一緒なのでワインもしっかり買いました((笑)

帰りがけのエレベーター前に 行列が出来ている。
最後尾の方に 「お尋ねしますが 何の行列でしょうか」と聞いたら
「阿闍梨餅です。京都の人は みんなこれが好きなんです。いっぺん食べてみて! おいっしいのよ♪」と
笑顔で勧めて下さるので その方の後ろに並び 順番待ちのあいだ世間話をしたのも 楽しい旅の思い出です(*^_^*)
阿闍梨もち

帰宅後にすぐ冷やしておいたワインとチーズ デパートのお惣菜で
息子が手早く夕食の卓を整えてくれて美味しく頂きました(*^_^*)

チーズ料理

骨付き腿


エアーベッドの床に入り 恙無く過ごせた一日の 小さな幸せの一つ一つを数えながら
深い感謝の思いに包まれて眠りました。
5/2の記録です。
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム