GWの留書き ④ (4/29)のこと

京都水族館 & 鉄道博物館

「世の中は何か常なるあすか川  昨日の淵ぞ今日は瀬となる」

今日の地元紙 秋田魁(さきがけ)新報の一面。
秋田市新屋は 旧秋田空港の跡地で自衛隊の演習場があります。
いつも通るワンコの散歩コースの延長上にあり 我が家から車で15分位の場所です。

広々とした河川敷と豊かに水をたたえる雄物川。
土手沿いの穏やかな風景・・・・・この上空を迎撃戦闘機が飛ぶようになるのでしょうか・・・・・。

新聞記事

様々な不安や思いがありますが・・・・・。
より一層 今ある日々を大切に紡いでいかなければとの思いを深くしています。

京都の旅と実家の埼玉など 暖かい地で10有余日を過ごして秋田に戻ってきたら 冬にもひかない風邪を引いてしまい
やっと回復したら雄物川の氾濫があり 旅の記録を残すのが遅くなってしまった。
息子から貰った大切な時間と思い出の記録。書き留めておきましょう。 

(4/29) 晴天。
京都駅から バスに乗り 乗車二つ目で下車。
梅ケ枝公園に入ってすぐ右手にある 京都水族館へ。 記念にスクラップブックに保存している入場券。

suizokukannnyuujyouken.jpg

水族館定番のイルカショー。
一度も芸を成功させることができなかったのが残念だけれど イルカは可愛いので良しとしましょう。
八景シーパラの飼育員さんの調教力や プロならではのショーの展開力の見事さが思い出されました。
iruka.jpg

梅ケ枝公園。街中にありながら緑が豊かで 手入れもよく行き届き広々としたきれいな公園だ。
此処から10分位歩くと 鉄道博物館。さわやかな緑の風が心地よい(#^.^#)
松枝公園

鉄道博物館到着。すっきりと品の良い建物です。
博物館入口

二人分の入場券の図柄がそれぞれ違うのも楽しい気遣いです(*^_^*)
tetudouhakubutukannnyuujyoukenn.jpg

流石に高級感のある色とデザイン。
トワイライトエクスプレス071

ピカピカの機関車。やはり重厚感のある黒がピッタリ。
っ黒光り

車軸で繋がっている車輪まで美しいこと! 見入ります(*^_^*)
車輪

いくつもの車庫があり 茶色やオレンジ色などきれいに磨かれたさまざまなカラーの列車が沢山展示されています。
車庫の列車

以前は時間が有効に使える 寝台列車日本海で京都まで 直通で行けて本当に便利だった。
2011年8月のブログの頃までは 寝台車があったのだが 廃止となってしまい残念。
寝台車の旅を懐かしみながらパチリ!
寝台車

新幹線と在来特急のモーターの出力の違いや パンタグラフもいくつか展示されていた。
列車の比較

鉄のレールを敷き馬車を走らせた時代から ワットの蒸気機関車に至るまでの工程や
皇族専用車のシャンデリア等の展示など 興味深い素晴らしい博物館だ。

 駅弁を買う時に必ず買うお茶。そのお茶の入れ物は ままごと遊びの大切な道具として いくつも集めていたものだ。
瀬戸物の色やデザインが少しずづ変わり やがてポリエチレン?に変わり 今はペットボトルになった。
お弁当のお茶

パチンと音がして 切符に丸い穴が開く。
それが面白くて「落とさないでね!」母の声を背中に聞きながら  改札まで小走り・・・・遠い日が懐かしく蘇る。
改札ばさみ

現在のICカード乗車券。
息子に買ってもらい体験したsuica。ピッツ♪~ 
切符の思い出が 母との記憶から息子との体験にかわる。
アイシーカ-ド

鉄ちゃん 垂涎のプレートも壁一面にありました(*^_^*)
プレート067

鉄道博物館の3階から眺めた操車場の風景。京都タワーも見えます♪~
屋上からの風景

再現された昔の駅舎。
以前 行った唐招提寺の鴟尾(しび)を思い出します(*^_^*)(ブログ2011.年9月)
昔の駅077

お天気に恵まれ 沢山の感謝で終えることが出来た一日の記録です。
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム