太郎来たる

太郎を呼べば太郎が来る


TVの天気予報を見るとき 必ず 京都 関東も見る。
二男 両親 妹一家 離れて住んでいても それぞれが元気に無事に一日(ひとひ)を過ごせますようにと願いながら見ている。

母への手紙を書き終え 二男にも久しぶりに短い手紙を書いた。
 元気で頑張っている笑顔や 会った時に交わした会話の数々などが 思い起こされる。

遠く離れて住む二男のことが いつも心にある。
どんな時も どこに住んでも とにかく無事で元気であれば それが一番。
そんなことを自分の中で繰り返しながら 二男のことを思っていたら 携帯のメール音がした。

開いてみたら 二男からのメールだった.。

朝7時の電車に乗るのは忙しいけれど 桜を見ると心が和みます。
秋田の桜はひと月遅れですね。
京都は本日25度。暑い。 では 行ってきます。 

写真が添付されていた。 通勤する駅のホームの桜が写っていた。

良いお天気で 桜が映える。 
raitoappuzakura (2)



torokkonoekizakura_20180401154813e9a.jpg

同じ日の夜 「夜桜もまた」 のタイトルでメールが来た。
夜桜が出迎えてくれています。心がほっこりします。などと書かれていた。
仕事が忙しい時期でもあり ゆったりとしたお花見はできないようだが 朝晩の通勤時に息子が眺めている桜を見ることが出来た。

raitoappuzakura (1)
離れて住む息子を桜が お帰りと出迎えてくれることを嬉しく思った。

昔 読んだ 確か時実新子さんの 心に残っている言葉の一つとして
「太郎を呼べば太郎が来る」という話があったのを思い出す。

呼べば呼ばれた人が来るのだから 元気と呼べば元気が 嬉しいと呼べば嬉しいことが 幸せと呼べば幸せが・・・・・
呼んだものが来るのなら 良いことを呼びよせたい  というよな話だったと思う。

二男のことを思っていたら 二男からの 朝の出勤時と 夜の帰宅時に嬉しい便りが届いた。
無事に元気でいることも 二男の通勤時間帯も そして息子の住む町の空気も感じられた。

秋田にはまだ咲かない桜を見せてもらったお礼のメールを打ったら 返信が来た。
「桜散り始める」

休日の午後 まったりしながら 近間の亀岡公園を散歩。散り初める桜並木を送ってくれた。

sakuranamiki.jpg

食事もちゃんと作って食べているから心配無用と 休日ランチの画像も届いた(*^_^*)
スパゲティと野菜好きの息子らしい一皿。ちくわも有り(笑) 
ランチョンマットも こぎれいに買い替えているようだ(*^_^*) 
花便り プラス 皿便り?も届いて 息子の休日も知れてうれしかった。

harunorannti.jpg

テレパシーのようだが 相手を思えば 相手もこちらを思う。
思いというのは 不思議な力で相手に伝わるものだ。

太郎を呼べば太郎が来る・・・相手を思いながら 良いことを呼び寄せたいものだと思った。

皆様の毎日が お健やかにより良い日々でありますように。

コメントの投稿

Secre

No title

嬉しい便りですね(・∀・)
思っているところへ元気便り+花便り
ダブルで嬉しい

「太郎を呼べば太郎が来る」のお話
分る気がします
素直に欲を出せる人は上手にお金儲けも出来るし
試合に勝ちたいって思ってる人の方が勝つし
逆に私のようにこれと言って欲もない人は
タダ働きも厭わないから儲からない
ヤル気のない人は上達しない
多く望んだ人には寄って来るし望まない人のところには来ない

私もたまには幸せ呼ばないと
そろそろマズイかな・・・( ̄‐ ̄*) 

秘密のさいこちゃん様

さいこちゃん こんばんは(*^_^*)

> 思っているところへ元気便り+花便り
> ダブルで嬉しい

まあ 本当にそうでした! ダブルで嬉しい! だから心ほんわり時間が今もずっと長持ちしているのだと思いました(*^_^*)
さいこちゃんは いつも人の気持ちを細やかに酌み取り 更に嬉しい気付きを贈って下さるのですね。 有難うございます。
  
太郎 と呼べば 花子は来ないで太郎が来る・・・・言霊には霊力が宿ると言われているのと 同義語かもしれませんね。
せっかく 自分の口をついて出る言葉なら 良いこと 嬉しいこと 幸せなことを呼び寄せたいものですね(*^_^*)

いくら幸せになっても 幸せすぎて困ることは何一つありません。
一杯幸せを呼び寄せて いつも明るく賢くハッピーなままの さいこちゃんでいて下さいね♪~
素敵なコメント 有難うございました(*^_^*)

No title

こんばんは♪

「太郎を呼べば太郎が来る」

成る程ね 言の葉ISさんは優しい息子さんを持っていらして良いなぁ
お母さまに画像付きメールを送るなんてマメで細やかな心遣い

我家の愚息はメールどころか携帯すら掛ってきません
同じ関西にいるのに(笑

↓の金沢麩素敵ですね 京都にもこの手の物がありますね
お洒落で美味しいです 春は食からやってきますね =^-^=

はやとうり様

はやとうりさま こんばんは(*^_^*)

> 成る程ね 言の葉ISさんは優しい息子さんを持っていらして良いなぁ
> お母さまに画像付きメールを送るなんてマメで細やかな心遣い

いつも二男のことをお褒め頂いて有難うございます。
しばしば入院もして息子には不自由と心配をかけて 母親失格なのに
良く気遣いをしてくれることを 有難く申し訳なくも思っています。

財産も名誉も何もありませんが 息子がいてくれることが私の唯一の宝です。

ご自身のお体もお疲れで大変な時にも お気遣いのコメントをを下さって
いつもながら本当に有難うございます。とっても嬉しいです。

> 同じ関西にいるのに(笑

お近くにいらっしゃるからですよ(*^_^*)
綺麗好きで几帳面な はやとうりさまが 惜しまずに大量の断捨離をなさるなど
手を必要とするときは いつも飛んできて下さって優しいご立派なご子息だと思いながら拝読していますよ。


春は食から・・・本当にそうですね(*^_^*)
山菜など春ならではの食材も出てきますね。食卓を春で彩る 嬉しい時節の到来ですね♪~

いつも

こんにちは。

ご次男さまは京都にお勤めでしたか。
「亀岡」の駅名が見えましたが、保津川下りで有名なところかと。
「太郎を呼べば・・・」とやや同義語に「以心伝心」というのがありますね。
たとえば、娘から久しぶりに電話がかかってきた時など、
「ちょうどこちらからも電話しようと思っていたところ」とか、
夕食のおかずはXXを食べようかというと、「二三日前から食べたかった」と家内。
長い時間を一緒に過ごした間柄というのは、思いが似てくるものなんですね。
全部が全部というわけではありませんが。

お元気そうなご次男さまの日常、なにより嬉しいことでしょう。
しかも健康的な食事を自ら作っておられること、一番の安心ですね。

素敵な春の便り、心がほっこりしてきました♪

NANTEI 様

NANTEI さま こんばんは(*^_^*)

>保津川下りで有名なところかと。

さすがNANTEI さま よくご存知ですね!
保津峡も 二条城も 太秦映画村も すべてこの沿線にあり おかげで全部案内してもらいました(*^_^*)
亀岡も 明智光秀の治めていた地で 地元では今でもよき領主だったとのことで 
5月3日は毎年光秀祭りが催されており これも息子の自宅から近いので 何度か武者行列を見に行きました。

> 「太郎を呼べば・・・」とやや同義語に「以心伝心」というのがありますね。

そうですね(*^_^*)
これには少し思い出話があります。
長男が小学校2年生の頃でしたが 夕食時に「太郎を呼べば・・・・」の件を夫と話しているときに
長男が 「太郎だから 長男でしょ?」「ええそうよ」と答えたら
「太郎 太郎って呼ばれたら  オイ次郎代わりに行ってくれ! って太郎が弟に言うから
次郎が来ると思うけど」と言いました(@_@;)

思わず夫と顔を見合わせて吹き出してしまいました。
そのあとで 本来の趣旨を説明したことがあります。
転勤族として仙台に住まいしていた頃の 夫 私 長男 次男の4人家族だったころの思い出です。
今でも懐かしい思い出話 兼 笑い話の一つになっています。

今回は離れて住む二男のことばかりを綴ったので 長男にも懐かしい共通の時間に繋がればと
以心伝心の類義語として 「太郎を呼べば…」を使いました(*^_^*)

太郎が 幸せを意味するものであれば 長男も次男も孫たちも 幸せであってほしいと願いながら。

お越しいただいて嬉しいコメントを有難うございました(*^_^*)
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム