親子旅の記録 パート⑤

京都 ~ 島根 (足立美術館に見入る)

本日も快晴(#^.^#)
「おはよう~。体調はどう? 遠出が出来そうぉ?」とロフトベッドから降りながら 息子が聞いた。
「有難う!元気!元気!待ち遠しくて4時ころから目が覚めてたくらいよ」
「アハハハ それなら安心!では 出来れば出発は早いほどいいので 7時半ころには出られるようにしませう!」
「了解!」

そんな会話から5月2日の朝が始まった。
手早くて料理上手の息子が朝ご飯を作る。
私は TVを見ながらゆっくりと自分の身支度をして持ち物を整えるだけ。 
旅館に泊まっているときと同様で 座っているだけで美味しい朝ごはんを出してもらえる(^◇^)
こんな贅沢時間と待遇ってアリ? いいのかな?? 極楽極楽(^◇^) (#^.^#) (^^♪

美味しい朝ご飯に 食後のコーヒーまで飲んで ゆとり(#^.^#)
夫と出かける時は 決してこうはいかない。
いつも私だけが てんてこ舞いの忙しさで 食事を作り かたずけを済ませ 身支度をして 戸締りをして・・・・etc
出かける前から消耗してしまう(+_+) 
この間 相方は新聞を読んでいるだけ・・・・何だかねぇ~。(←ちょっと愚痴ですが(笑))

段取りよく てきぱきと動いてくれる息子のお陰で 気持ちよくスタート。
車中の会話。
「本当に直行していいの? 大阪とか神戸とか 通り道だから寄っていけるよ」
「大阪も神戸も 何度も連れて行ってもらったから充分。それに近いから またいつでも行けるしね。
遠くて難儀をかけるけど 今回の旅の第一目的 島根にお願いしま~す」 「了解!」

途中「トイレは大丈夫?」 「疲れてない?」 「いつでも休憩するから言ってよ」
そんな言葉を何回もかけてもらいながら 待望の島根県到着!!!!

行ってみたかったところ。
島根県安芸市 足立美術館到着(#^.^#)

先ずはどうぞ画像をご覧ください。私の拙い説明など全く不要。一目瞭然の美。足立美術館です(#^.^#)(#^.^#)(#^.^#)adatibijyutukannisi.jpg


nyuujyoukenn_20170516110222092.jpg


midorimoetatu.jpg


bonasaifuu.jpg


ennkeinoyamato.jpg


gorufugurinnmitai.jpg


azumayahe.jpg


hasimatusune.jpg


midorimoyu_201705161118379a6.jpg


yamanitudkuhasi.jpg


yokonohasi.jpg


tutujiowarite.jpg


mihoreru.jpg


kinoaida.jpg


tuduku.jpg


nanntomoiezu.jpg


tourou.jpg


rannkinngu.jpg

日本庭園ランキング14年間 連続1位。
米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」の日本庭園ランキングでも 11年連続第1位。
世界一の庭園として名を轟かせています。

次回もう一度 展示作品等を含めて 足立美術館を お伝えします。
どうぞご覧くださいませ。

コメントの投稿

Secre

No title

∑(=゚ω゚=;) 栗林公園がランクダウンしてる
( 1回しか行ったことないけど )

足立美術館はどの庭を見ても美しくて
時間がいくらあっても足りない感じですね
しかもどの季節に行っても楽しめるし

以前何かの本で読んだんだけど
ここで働く人の徹底した《おもてなし》の精神が
この美しいお庭を支えてるそうですよ
すごいですね~

秘密のさいこちゃん様

さいこちゃん おはようございます(^.^)

> 足立美術館はどの庭を見ても美しくて
> 時間がいくらあっても足りない感じですね
> しかもどの季節に行っても楽しめるし

ああ さいこちゃん本当にそうだったのですよ!
どの方角から見ても美しさの連続に見入ってしまって 
時間がいくらあっても足りない・・・そのままでした(#^.^#)

> ここで働く人の徹底した《おもてなし》の精神が
> この美しいお庭を支えてるそうですよ
> すごいですね~

栗林公園のランクのことも 足立美術館の美しさを保つ奥義のことも
さいこちゃんは 本当に良くご存知ですね!
日本人の心が 世界一の庭園と成していること 教えて頂いてとっても嬉しいです(#^.^#)
素敵ですよね! 有り難うございます。
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム