スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木都(もくと) ②

能代春慶とイタヤカエデの床柱

木都の旧料亭 金勇(かねゆう)の続きです。

秋田音頭にも歌われている能代春慶は 江戸時代から一子相伝の伝統技法として継承されてきた伝統工芸品です。
米代川上流に産するヒバ材に 良質の国内産の生漆を丁寧に二十数回塗りこみ 木目を美しく生かした淡黄色の塗り物です。
2ke-su_20170401115213195.jpg

堅牢でありながら 気品のある端正な感じがいいですよね。
iine.jpg

特色は仕上がりの色が透明感豊かな黄色で時代を経るごとに金色に近くなることです。
秋田の能代 岐阜の飛騨 茨城の栗野 日本の三大春慶だそうです。
sakuhinn1.jpg

組子も春慶塗も職人技の丁寧な仕事ぶりが伝わってきます。
何世代にもわたって家々で大切な調度品として磨かれながら使われ 暮らしを彩り 時が経つほどに味わい深さを増す・・・・。
丁寧に作られたものを 丁寧に扱い伝えていく・・・・とっても大切で素敵なこと。
其れは生き方にも 繋がる物だと思いながら見入りました。

二階の大広間。110畳の広さがあり 多くの宴会や結婚式などが行われました。
往時には能代芸者が手踊りを披露していた舞台。
良き時代の華やぎが生き生きと伝わってきます。
kekkonnsiki.jpg

この大広間の天井は 畳一畳分の全面杢天井板を卍型に配した格天井(ごうてんじょう)
樹齢260年以上 直径2メートル級の木の伐根部分から切り出された 当時でも大変貴重なものでした。
tatamiitimai.jpg


oohiroma.jpg

幅5間の床の間は110畳の大広間に見合った格調高い空間を作り出している。
丹念に磨き上げられたイタヤカエデの床柱は 十和田湖畔から切り出されたものです。
tokobasirazenntaizou_20170401213509144.jpg

木の形そのままに配した床柱はどっしりとした風格があり 何とも言えない独特の存在感を醸し出していました。
tokobasira_20170401213608bbc.jpg

床の間の隣の花籠。 竹と木の根で編んだ花籠は かなりの大きさがあり大変珍しいものです。
hanaire_201704012141226ba.jpg


沢山の花々も大きな枝ごと活けることのできる どっしりとした花籠です。
kabin_201704012142057ff.jpg

一間幅の襖や硝子障子なども圧巻です。建具は全て能代の建具職人によって作られました。
fusuma.jpg


二階の窓から眺めるお庭。昔のガラス戸ならではの 柔らかな揺らぎのある手漉き(てすき)ガラス。
nikainomadototeienn.jpg

雪囲いの取れた若葉のころに訪れてみたいものです。
niwa.jpg


能代市 旧料亭 金勇(かねゆう)上空からの全体像。パンフレットからお借りしました。
kouyounotatemono.jpg

能代市は米代川の河口の町として発展し 秋田杉の製材を中心とした木材加工の町として栄えました。
明治中期製材加工業は急速に発達し 製材された材木は国内にとどまらず海外まで輸出され「東洋一の木都」と称されました。

この建物は栄華を極めた時代の 天然秋田杉の良材を余すことなく使用し 木材加工で栄えた「木都」の栄華を
今に伝える貴重な歴史的建造物です。

二回に亘って 「木都」能代の国登録有形文化財 金勇をお伝えしました。
次回は 能代のお祭り 城郭型灯籠をご紹介します。

拙いブログをご覧下さって有難うございます。
皆様の毎日がより良い日々でありますように。

コメントの投稿

Secre

No title

金勇は他のブロガーさんの写真で見て、一度行ってみたいと思っているところです。
静岡県伊東市にも東海館という今は営業を終了し、保存している由緒ある建物があります。どちらも甲乙つけがたい味のある建物です。

AzTak 様

AzTak さま こんばんは(^.^)

金勇をご存知でらしたのですね! やはり散歩三昧さまですね。 
秋田に住みながら 今回初めて友人に教えてもらい知ったばかりです。
JR五能線 能代駅から徒歩10分なので 旅行の途中で立ち寄られるのにも便利な所に位置しています。


> 静岡県伊東市にも東海館という今は営業を終了し、保存している由緒ある建物があります。
静岡に行く機会があった時は是非行ってみたいと思います( ..)φメモメモ
良い情報を教えていただきありがとうございます。

また貴ブログで 秋田・青森を 細やかに素敵にアップして頂き
とっても嬉しく毎日楽しみに拝見しました。有り難うございました(#^.^#)

おはようございます
木のぬくもりが伝わってきますね。

木目が美しいですね
香川だと漆塗りの物が多いけど
こういうのもいいなぁ(*´ω`*)

昔ながらの日本建築の技術や細工
ヨーロッパの著名な建築家も絶賛するほどですもんね
いつまでも残して欲しいです

ネリム様

ネリムさま こんばんは(^.^)

ご返事が遅くなってごめんなさいね。
fc2は応答していません」と言う画面に手こずっておりました。
何かトラブルが起きると対処がうまくできず 相変わらずのメカ音痴で本当に失礼しました。

> 木のぬくもりが伝わってきますね。
有難うございます。私も本当にそう思いました。
自然の素材でできたものに触れていると気持ちも落ち着きますね(#^.^#)

秘密のさいこちゃん様

さいこちゃん こんばんは(^.^)

> 昔ながらの日本建築の技術や細工
> ヨーロッパの著名な建築家も絶賛するほどですもんね
> いつまでも残して欲しいです

私も本当にそう思います。
石の文化の諸外国に比べて 木と紙の文化の日本ならではの
繊細さ 緻密さ 気の遠くなるような細やかで丁寧な仕事ぶりに心を打たれます。
大工 左官 建具職人 とび職 畳職人・・・職人が生き生き仕事をしていた
往時の賑わいと 仕事にかける心意気まで伝わってきます。
日本って本当に素晴らしいですよね(#^.^#) 

No title

素敵なものを拝見させていただきました。感謝します。

Roman様

Romanさま こんばんは(^.^)

茨城も春慶塗の産地なのですね!
現在のように情報収集も簡単ではなかった時代に
それぞれの地で同じようなものが作られていたことに
思いを深く致しております。
いろいろなことを知るほどに日本は素晴らしい国で
先人への敬意を新たにしています。

ご訪問とコメント有り難うございました(#^.^#)
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。