水生植物公園みずの森

滋賀県の旅ー7


滋賀県の旅 ラストは水生植物公園です。
水草の水中での様子を観察できるアクアリウムでは
日本・アジアの水草や 琵琶湖の固有種を展示しています。

onnsitu.jpg


アトリウム(温室)では 熱帯原産の水生植物が展示されている。
熱帯睡蓮があり 加温しているので冬でも花を楽しむことができる。
 
hasupu-ru.jpg


ハスもスイレンも こんなに多くの種類があり 6月から8月が見頃とのこと。
展示画面を見るだけでも美しいと思いました。(温室の展示画面です)


hasunosyurui.jpg


ハス。うっとりするような美しさです。(展示画面)
oohasu_20161219223923988.jpg

 スイレンも可憐です。(展示画面)

suiren_201612192241347b9.jpg


五月の陽気と相まって 暖かで植物が元気に茂っています(^^♪
kireidasu.jpg


一生懸命生きているのに 気の毒な名前が付けられてしまった「悪魔の手の木」
debiruhanndo_2016121922304100a.jpg


館内の入場券売り場の前にこの鉢があります。

入場券とパンフレットを渡すときに女性スタッフの方が 
「とっても運がいいですね! この花さっき開いたんですよ。
私たち毎日いても 滅多に見られないのに
開いたばかりの時にいらして 本当に良かったですね!」と言って下さったので 嬉しかったです(#^.^#)
debirufurawa-_20161219223129f86.jpg

ブロ友の「菜の花様」から 大変貴重な木であることを伺ったので 全体像プラスしました。
debiruturi.jpg

丘の上の花園も おとぎの国のよう。メルヘンチックな美しさです(#^.^#) 

ohanabatake.jpg


パラグアイオニバス。
テレビの画像では この葉の上に子供が乗っていました。
結構な重量を支えるだけの浮力がある葉のようです。
hasutohasi.jpg


水と緑の調和。
結構な面積があり ゆっくりと歩けて美しい庭園です(#^.^#)
rakuen.jpg


目の前は琵琶湖です。 
琵琶湖は滋賀県全体の6分の1の面積を占めており その周囲には沢山の施設があります。

息子に行き先を告げられた時
「草津って・・・・確か群馬県じゃなかったかしら?」と思いましたが
滋賀県草津市があることを 初めて知りました(^.^)

琵琶湖のほとりに位置する 水と花の癒しの庭園。
「草津市立水生植物公園みずの森」
ゆっくりと時間の過ぎていくような 
癒されて心がほんわりと丸味を取り戻せるような いい所でした(#^.^#)

mizunomori_2016122107172705a.jpg



地図はこちらです(^^♪

tizu_20161219223654c41.jpg


帰りの車の中で息子が
「これからは美術館とか水族館とか植物園とかを検索して行くことにしようね」
「お寺やお城は どうしても階段と坂があるから きついものね」と言ってくれた。

元気な頃 姫路城 高松城 松山城  久能山東照宮  比叡山延暦寺・・・・etc。
階段や坂のくり返しを 息子と一緒に歩くことができた・・・
それだけで十分にいい時間を貰った。
大切な宝物だ(#^.^#)

頑張って どんな所でも上り下りして歩けるような健脚力を付けて 
息子の気遣いを少しでも減らせるようになりたいと今回もしみじみ思った。

今年も息子のお陰で 無事に楽しい親子旅をすることができた。
そのことに感謝をしつつ 大切な留め書きとして綴りました。

拙いブログをご覧くださって有難うございます。
皆様の毎日がより良い日々でありますように。

コメントの投稿

Secre

こんばんは
水生植物公園素敵ですね

ネリム様

ネリムさま こんばんは(^^♪

> 水生植物公園素敵ですね

有難うございます(^^♪
水陸両方とも 美しく良い所でした。
琵琶湖の周囲を一周すると 忙しいほど見どころが沢山あります(#^.^#)
いつか滋賀県に行かれる機会がありましたら 足を延ばしてみてくださいね!

No title

「悪魔の手」 と言われると
私が呼ばれたのかと思いました(笑)

良いお天気で気持ち良さそう
こういう日にこういう場所をお散歩するの大好きです
お花のことはよくわかんない
てか全然わかんないですけど
自分が光合成してる気分になります(さいこ植物説?)

言の葉ISさんが
また元気に歩けるようになりたいって思ってくれるのが
息子san一番嬉しいと思います

秘密のさいこちゃん様

さいこちゃん こんにちは(^^♪

> 「悪魔の手」 と言われると
> 私が呼ばれたのかと思いました(笑)
 
アハハハ さいこちゃんたら 可笑しい(笑)
歴史に強く 美術・音楽・多分野に秀でていつもリスペクトしています。
「多才の さいこちゃん」と呼んだときにご返事してくださいね(#^.^#)

> 自分が光合成してる気分になります(さいこ植物説?)
 
お陰様でお天気に恵まれて 本当に気持ち良かったです(#^.^#)
麗らかな日差しを浴びていると 元気になれる気がしました。
ひょっとしたら私 植物説を立証しているかも(笑)

> 言の葉ISさんが
> また元気に歩けるようになりたいって思ってくれるのが
> 息子san一番嬉しいと思います

いつも優しいお声がけくださって有難うございます。
とっても嬉しいです。頑張りますね(#^.^#)

No title

こんにちは。
いつも素敵なお写真ありがとうございます。

日差しが弱く風は冷たい毎日なので、きらきらとした光の画像の中にポンと飛び込みたくなりました。
ファンタジーにはよくある設定ですが、自分がそんな乙女な発想をするとか、ちょっとびっくりです。

オニバスの池、どこかで見た気が?デジャヴ?
…クロードモネの「睡蓮の池と日本の橋」によく似ていると思い出しました。

デビルズハンドトゥリー。植物園にあるにしては元気がないな~と思ったのですが、解説を読むと、国内での栽培方法が不明で、手探りで育てていらっしゃるよう。ネット検索すると初めて開花した時は新聞記事になったほどの珍しさ。
スタッフの方が言われたとおり、言の葉ISさまは超ラッキー。

「旅-5」に出てきた模写では無い本物の彦根屏風とか、偶然と言えば偶然なのでしょうが、偶然も度々続けば必然。ご子息さまの孝行心の賜物だと思います。

来年はどんなサプライズに出会われるのか、自分のことのように楽しみにしています。

菜の花様

菜の花さま こんばんは(^.^)

> いつも素敵なお写真ありがとうございます。
 こちらこそ いつもご覧くださって コメントまで頂き有難うございます。とっても嬉しいです(#^.^#)

> 日差しが弱く風は冷たい毎日なので、きらきらとした光の画像の中にポンと飛び込みたくなりました。
> ファンタジーにはよくある設定ですが、自分がそんな乙女な発想をするとか、ちょっとびっくりです。

菜の花さまは とても感性の豊かな方でいらっしゃいますよ。
現に今お書きになってらっしゃる想像自体が とっても乙女ティックで
「不思議の国のアリス」と重なりました(^^♪

> デビルズハンドトゥリー。植物園にあるにしては元気がないな~と思ったのですが、解説を読むと、国内での栽培方法が不明で、手探りで育てていらっしゃるよう。ネット検索すると初めて開花した時は新聞記事になったほどの珍しさ。

ええっ そうだったのですか?
カメラに収めてきて良かったです。教えていただいて嬉しいです(#^.^#) 有難うございます。

>ご子息さまの孝行心の賜物だと思います。

有難うございます。
私はぼんやり おっとりで不出来ですが お陰様で息子には感謝 感謝です。

> 来年はどんなサプライズに出会われるのか、自分のことのように楽しみにしています。
有難うございます(#^.^#)
元気で親子旅ができるように 心身ともに律してゆきたいと思います。
その時は どうぞまたご覧くださいね(#^.^#)

No title

Merry christmas! お久しぶりです
息子さんと滋賀県を旅されていたのですね (^^♪ 楽しさが伝わってきました☆

僕も今年の8月から毎月滋賀県栗東市に出張していて、先週は2日間、先々週は3日間と草津のビジネスホテルに泊まってました… 東名阪道の四日市付近で渋滞するので仕事を終えたらすぐ帰ります(+_+)

後でゆっくりと滋賀旅行を読ませていただきます☆


寒い日が続きますが、お体にお気をつけてお過ごしください。

かるがも@様

かるがも@さん こんばんは(^.^)

> 後でゆっくりと滋賀旅行を読ませていただきます☆

かるがもさんも お仕事で滋賀県に行かれるのですね(^^♪
この旅行は 今年のゴールデンウイークに行った時のものです。
ずっと ブログを更新できずにおりましたが
今年のことを 今年の内に記録しておこうと
留め書きとして綴りました(#^.^#)

数年前にも琵琶湖のホテルで宿泊して 良い旅をさせてもらったのですが
今回はその時に回りきらなかった所を のんびりと回らせてもらいました(#^.^#)

かるがもさんも 滋賀県は見どころ満載ですから
お時間の取れる時に回ってみてくださいね!!
彦根城 お勧めですよ(#^.^#)

> 寒い日が続きますが、お体にお気をつけてお過ごしください。
有難うございます。
秋田は ホワイトクリスマスでした(^^♪

No title

こんにちは。

デビルズハンドトゥリーの由来は、中心から長く伸びた雄しべが、悪魔の手のように見えるからだとか。追加していただいた写真で、その様子がよくわかりました。でも怖いというより、「頑張って咲いたから見て見て!」と、手を振っているような印象。

悪魔は悪魔でもかわいい赤ちゃん悪魔?
それとも優しいスタッフさん達に大事にお世話されて、堕天使が天使に還った?

遠く故郷を離れた異国の地。お友達もいなくて淋しいかな。でも名前負けしないように、頑張って育って欲しいなと思います。

菜の花様

菜の花さま こんばんは(^.^) いつも有難うございます。

> デビルズハンドトゥリーの由来は、中心から長く伸びた雄しべが、悪魔の手のように見えるからだとか。追加していただいた写真で、その様子がよくわかりました。でも怖いというより、「頑張って咲いたから見て見て!」と、手を振っているような印象。

菜の花さまのおっしゃる通りですね(^^♪
見て 見て が良いですね!! そう思うと可愛いですし お花も喜んでいると思います(#^.^#)

博識の菜の花さまに教えていただかなければ 新聞に掲載されるほどのお花だったとは知りませんでした。
飾られている場所も 鉢も 展示の仕方も それほどには見えませんでしたので((+_+))

でもその価値を知ったので 徒然草の仁和寺にある法師の段を思い重ねて なんと間抜けな自分かと思っています(笑)
まさに 少しのことにも 先達はあらまほしきことなり・・・事前に予習していればと ちょっと反省です(^.^)
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム