MIHO(ミホ)美術館

滋賀県の旅

次男が就職をしてから 毎年私の誕生祝と母の日の贈り物を兼ねて 
小旅行をプレゼントしてくれています。
今年の五月は 滋賀県に連れて行ってくれました。

パソコンで観光名所を調べ 膝の手術をした私への負担を考慮してくれて
戸口から戸口へと 歩行距離の少なくて済む気遣いをして
連れて行ってくれるので 安心して楽しむことができます。
有難いことだ いつも思っています。
今年の旅も 私の時間の記録として綴っておきたいと思います。


ここは滋賀県甲賀市。
さもない山道を 奥深く進んでいくと
yamaoku.jpg



突然視界が開けて 広いアプローチに
apuro-ti.jpg


豊かな緑を眺めながら ゆっくりと散策しながら美術館に通じる道と
yamanoanaaa.jpg


電気自動車で行ける広いつり橋があります
初めて電気自動車に乗りました(^^♪
とっても静かで優しい乗り心地です(#^.^#)
dennkijidousya.jpg


長~い美しいつり橋の向こうに 美術館が見えてきます。
周囲の豊かな自然に配慮した電気自動車から 
ゆっくりと山々の景色を眺めながら進みます。

山のあなたの空遠く 幸い住むと人の言う・・・・
あの素敵な建物には どんな幸せが詰まっているのでしょうか・・・・ドキドキ ワクワク(#^.^#)
(つり橋の感じがとても良く撮れているので この写真はパンフレットからお借りしました)
miho.jpg

緑と光を沢山取り入れられるように設計されたガラスと大理石の宝石箱です(#^.^#)
この美術館はフランスのルーブル美術館のエントラスにある
あのガラスのピラミッドをデザインした
イオ・ミン・ペイと言う世界的建築家の設計。
2kaiho-ru.jpg

一階部分に敷かれた優しい色彩のじゅうたん
スタッフの許可を取って二階の階段からパチリ。
jyuutann.jpg

館内にも緑が配されています
nikaiennkei.jpg


所蔵品は撮影することはしませんでしたが 
見ごたえのある素晴らしい美術品が沢山ありました。

展示されている美術品は勿論 素晴らしいものですが
それ以前に美術館の建物 そこに通じるまでの道 
それらを取り巻く山々までが美しく広大な額縁であり作品であると思いました。


midorimoyu.jpg


素晴らしい美術館を もっとお伝えしたいので
下記はパンフレットの画像をお借りして掲載します。

アプローチ。この棟でティケットを購入し電気自動車 またはゆっくり歩いて(20分くらい)
長いトンネルを抜け 山と山にかかる長いつり橋を渡ると美術館に到着。
gennkannmae.jpg


ゆっくりとコーヒータイム(^^♪
ko-hi-taimu.jpg

館内のいたるところに 巨木の一枚板のベンチがあり ゆっくりと足を休めることができます。
robi-.jpg

所蔵品(パンフレットから掲載)
tennjihinn.jpg


所蔵品(パンフレットから掲載)
skuhinn.jpg

ティケット
tiketto.jpg

森林の香りに包まれて深呼吸をし フィトンチッドを浴び
美しく晴れ渡った五月の光を浴び
静かな感動と 心ひららかな時を過ごしました。

手術もし 痛い思い つらい時間 不安な日々・・・・
様々なことがあり 決して平坦ではありませんが
息子がそばにいてくれて 階段や坂道では手を差し伸べてくれて
杖を突きながらでも またこうして旅の楽しさを享受することができた。

日々あることへの感謝の思いで綴る 私の中の 小さな幸せの記録。


拙いブログをご覧くださって有難うございます。
皆様の毎日がより良い日々でありますように。

コメントの投稿

Secre

おはようございます
綺麗な美術館ですね

ネリム様

ネリムさま おはようございます(^^♪

> 綺麗な美術館ですね

ええ本当に良いところでしたよ!
ネリムさんも機会があったら是非 
いらしてみてくださいね(#^.^#)

春から秋までなら
森林浴もかねて ゆっくり散策もできますよ♪

No title

今年も素敵な旅を過ごされたんですね(=^▽^=)
風景も素敵だしなんと言っても構造物が素敵
つり橋のデザインも前衛的
1日ここだけで楽しめそうです

秘密のさいこちゃん様

さいこちゃん おはようございます(^^♪

> 今年も素敵な旅を過ごされたんですね(=^▽^=)

有難うございます。
お陰様で 今年も息子に助けられながら親子旅ができました(#^.^#)

> 風景も素敵だしなんと言っても構造物が素敵

美術館巡りが好きで いろいろな美術館に行きましたが
建物自体が凄いと思ったのは この美術館が初めてでした。
地元であれば 一日ゆっくりと過ごしたい場所だと思いました。

No title

おはようございます♪

お久しぶりです お元気でしょうか

今年の5月ご次男さんとの小旅行 毎年のことながら羨ましい限りです
親孝行なご子息様をもたれて言の葉さんの笑みが浮かびます

思い出という財産が又一つ増えましたね =^-^=

そちら秋田はもう寒いのでしょうね
風邪などお召しにならないようにお気を付けて下さいな

はやとうり様

はやとうりさま おはようございます。

お大変な時に コメントを下さって 恐縮です。
日々 お具合を案じながらも
はやとうりさまのお人柄で メール等を差し上げると
必ず気遣いをされて ご返信くださるので
かえって ご負担をかけると思い控えておりました。

ご自分のことだけでも一杯の時にと思っておりましたのに
訪問してくださり コメントまで頂いて申し訳ないことです。

> 思い出という財産が又一つ増えましたね =^-^=

有難うございます。
日々あることを大切に 思い出という財産を感謝しながら
心の宝箱にしまってゆきたいと思います。

コメント本当に有り難うございました。
どうぞ転倒に十分お気をつけて リハビリなさってくださいませ。

No title

こんにちは。

MIHO美術館へ行ってらしたのですね。

この美術館のことは、辻 惟雄氏(若冲等の再評価に功績のあった日本美術史家)が、旧家から見つかった画を若冲のものと鑑定。当時館長を務めていた同館で修復、「象と鯨図屏風」として公開された時に知りました。

宗教家の方が造られた美術館で、桃源郷をイメージしているとか。言の葉ISさまの記事から、その様子がよくわかりました。現代の桃源郷の建物はガラス張りでできているんだなぁと、興味深いです。水晶宮でしょうか。

件の若冲ですが、「生誕300年記念 若冲展」は最高5時間待ちだったとか@@10年くらい前は、ここまでの人気はありませんでした。これから10年後、どういう評価になっているのか、興味があります。

若冲と同じく、行列のできる画家、フェルメールですが、30年くらい前、今は「真珠の耳飾りの少女」として知られている絵が、「青いターバンの少女」と言われていた時は、足を止める人も少なく、絵の前で、どの位置に立つと少女と目が合うか-画家の立ち位置を探したことを思い出します。

美は不変なのでしょうが、そこに人が絡んでくる評価となると、時代によって変わってくるものなんですね…

菜の花様

菜の花さま こんばんは(^.^)

> MIHO美術館へ行ってらしたのですね。
> この美術館のことは、辻 惟雄氏(若冲等の再評価に功績のあった日本美術史家)が、旧家から見つかった画を若冲のものと鑑定。当時館長を務めていた同館で修復、「象と鯨図屏風」として公開された時に知りました。

まあ~ 本当によく何でもご存知でいらっしゃいますね♪
私は 息子が滋賀県で検索して連れて行ってくれたので 初めて知った次第です。

> 宗教家の方が造られた美術館で、桃源郷をイメージしているとか。言の葉ISさまの記事から、その様子がよくわかりました。現代の桃源郷の建物はガラス張りでできているんだなぁと、興味深いです。水晶宮でしょうか。

おっしゃる通りです。桃源郷をイメージしているそうです。
美術館内は別に宗教色もなく ゆったりと緑と光を感じながら過ごせて
ゆっくりと時間が過ぎてゆく・・・・俗世を離れて やはり桃源郷ですね(笑)


若冲は4年ほど前から 美術番組で高い頻度で取り上げられるようになりいつも見ています。
同じ24時間をどのように使ったら あのような筆致で微細な部分まで 描き切れるのか
その観察力の正確さ鋭さ・・・ やはり天才ですよね!

長男だからと 八百屋業を無理無理継いでいたら世界的な損失でした ほっ(笑)

> フェルメール
上野の美術館でよく鑑賞しました。懐かしいです。
また東京に行きたいです・・・・秋田は雪の季節へと向かっていますから(*_*)

> 美は不変なのでしょうが、そこに人が絡んでくる評価となると、時代によって変わってくるものなんですね…
「美は見る者の心にある」と言いますから
見る側の価値観に左右されるのでしょうかね。

いろいろと素敵なお話を伺い 嬉しい刺激も学びも頂きました。
有難うございました(^^♪

No title

こんにちは 言の葉ISさん。
お久しぶりになってしまいました。
気遣いのできる優しいご子息ですね。
当日の旅はもちろん
その日を迎えるまでに観光名所を
調べる作業もうきうき楽しいものですね。
教養のない私なので
MIHO美術館は存じませんでしたが
緑に包まれた素敵なところですね。
長いベンチもゆったり過ごせて
来館者の身になって作られた設計なのでしょうね。

イヴまま様

イヴままさま こんばんは(^.^)

しゅわちゃんと一緒のご旅行 いい時間を過ごされましたね(^^♪
戸越銀座商店街も懐かしい!
八景島シーパラは 私の大好きな場所です(#^.^#)
もし宝くじでも当たったら シーパラのすぐ傍に住んで 毎日通えたらと思うほどです(笑)

> 気遣いのできる優しいご子息ですね。
有難うございます。
私も体の不具合があるようになってから 猶更有難く思っています。
そのおかげで まだまだ旅をすること 楽しむことができます(^^♪

> 教養のない私なので
> MIHO美術館は存じませんでしたが
とんでもないこと。
イヴままさまは 賢くて細やかな気遣いのできる素敵な女性です。
赤いバラの冠を頂き 薔薇の靴を履いた雪だるま・・・素晴らしいセンスと感性に見入りました(#^.^#)
手作りのアクセサリー ますますファンが増えると思いました。

ご旅行の後でお疲れのところ コメントを下さって有難うございます(^^♪
どうぞお疲れのたまりませんように。

No title

お邪魔します。
素敵な美術館ですね!
こういうところでいろいろ観て回ると
刺激的でしょうね。

ジャム様

ジャムさま おはようございます(^^♪

> お邪魔します。
ようこそ いらしてくださいました(笑)
とっても 嬉しいです(#^.^#)

> 素敵な美術館ですね!
本当に素敵な美術館でした!
美術館は大好きで いろいろと巡りましたが
山全体を含んでの広大な面積・・・風景全体が美術館へのプロローグでありエピローグでした(#^.^#)
機会がありましたら、是非いらしてみてくださいね♪~

お久しぶりです。

コメントありがとうございました。
お元気そうで何よりです。私もぼちぼちとまた更新中です。
今後とも宜しくお願い致します。

toyosun様

toyosunさま こんばんは(^.^)

> 私もぼちぼちとまた更新中です。
良かったです(#^.^#)
どこか郷愁を感じるtoyosunさんの懐かしい灯り。 

> 今後とも宜しくお願い致します。
こちらこそ また楽しみに伺います。
どうぞよろしくお願いします。
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム