賛否両論?

ためしてガッテン ・・・・・試してみました(^o^)

十人十色と言うとおり 人それぞれの価値観があり 万人がガッテンすることは なかなかない。
国政を論じているわけでもなく 極端に言えば どうでもいいようなことでさえもそうである。

たまたま会食の機会があり 時節がらおつまみに出てきた枝豆。
美味しく頂きながら TVで放映された「極うま 枝豆茹で方革命」の話が出た。
「美味しい」「なるほど」と思ったという人もいれば 「録画まで準備して真剣に見たのにがっかりした」と言う人もいる。


「ためしてガッテン」流で茹でてみました。
edamame.jpg


ポイントは 茹でる水の量に対して 2%の砂糖 & 2%の塩を入れること。
水600ml なら 砂糖12g  塩12g を入れて茹でるのだが 枝豆に砂糖はちょっとと言う人もいるし 「目から鱗」と実践する人もいる。

何はともあれ
 ① 豆の品種。もともと美味しい豆であること。上記画像の品種は「秋田産 湯上がり娘」
 ② もぎたてであること。
 ③ 直ぐ茹でること。
 ④ 茹でたてを食べること。 ・・・・・・これが一番(#^.^#)

栗も二通りの茹で方があり これも喧々囂々(けんけんごうごう)?でした
kurinoyudekata.jpg

A) 茹であがったら すぐに湯切りをして食べる。 
 ほくほく感があり 湯気に栗らしい香がする。自然な味わいがある。

B)茹であがったら そのまま茹で汁ごと置き 茹で汁が冷めてから食べる。
 しっとり ねっとり感があり えぐみが抜けて甘みが増す感がある。

う~ん どちらもそれぞれに美味しい(#^.^#)   食いしん坊なので どちらにも決めかねる。
茹であがったら 半分は掬い取って 茹でたてを味わい 翌日残り半分の しっとり栗を食す。
渋皮煮も作らなければいけないし 栗ご飯も食べたいし 栗の時節は楽しい忙しさに追われる♪~

栗が剥けないとおっしゃるブロともさんのコメントを拝見したので 簡単な栗の食べ方を追加します。
準備するのはナイフとスプ~ン。 特にグレープフルーツ用のスプーンがお勧めです。
kodougu_201410090826329f2.jpg

① 栗に縦にナイフを入れる(栗はしっかり押さえて)
② 切込みが入っているので 簡単に左右にパカッと開きます。
③ スプーンですくって食べるだけです(^^♪
kanntan.jpg
簡単なので ついつい手が止まりません。食べ過ぎにご注意ください。(笑)




茗荷。今年最後の収穫をしました(夫がですが)。
茗荷と油揚げで ミョウガご飯を焚いてみました。
炊飯器の炊き上がり頃から ミョウガの香りがキッチン一杯に広がりました。
熱を通しているのに しゃきしゃきとした食感があり 豊かな香りもご馳走です(*^_^*)
myougagohan.jpg

たっぷりと千切りした茗荷の上に シーチキン缶一缶をのせ醤油数滴とマヨネーズで和えて頂きます。
太る((+_+))けど 美味しいんです(#^.^#)
myougasarada_2014100723325122f.jpg



今は実りの秋。
栗 枝豆 新米 葡萄 きのこetc・・・・四季の恵みを頂きながら 命を養い  恙無く一日(ひとひ)を過ごせたことへの感謝と共に綴る小さな独り言。

追記、拙いブログを お訪ねくださって有難うございます。
秋田は今年 国文祭の開催地です。
その研修のため不在も多く ブログの更新が不定期になっておりますが 元気に過ごしております。 
皆様の明日が より良い日々でありますように♪~


茗荷関連の過去記事を載せましたので よろしかったら 続きを読む をクリックなさって下さいね。

      

茗荷関連の過去記事はこちらです。
よろしかったらご覧下さい(#^.^#)
神のご加護に

(番外編・箸休め)軽労の日?

コメントの投稿

Secre

No title

茗荷のごはん、美味しそうです♪。
子供達は、苦手そうだから、密かに作っちゃおうかな。v-290
「みょうがやど」という、落語を元にした川端誠さんの絵本を読んだことがあります。
これでもか・・・というくらい、たくさんの茗荷料理や、みょうがの入った布団まででてきました。
茗荷といえば、最近はその絵本が思い出します。
ごはんの上に乗ってるのは、紫蘇でしょうか。
見ていて楽しくなりました。
食事は、見た目も大事ですね。
茗荷料理をこうして紹介していただくと、作ってみたくなりますね。
これからも、楽しみにしています。

No title

おはようございます♪

お元気でお過ごしとの事安心致しました

枝豆の茹でから色々あるようですね

秋田産 湯上がり娘」 ネーミングが実に色っぽい =^-^=
両端をハサミでカットして茹でているのも見た目が綺麗です^^
どなたかのブログで見た事があります

もぎたて・すぐに茹でる・茹でたて美味しいに決まっています

栗も良いですね 剥くのが大変なので買いません 残念です
栗ご飯は美味しいよね お袋の味は小豆ご飯に栗が入った御馳走でした

茗荷ご飯 生の茗荷で炊くのは未経験です
甘酢漬けを刻んで混ぜ混ぜの茗荷ご飯は作った事があります
一度この茗荷ご飯は試してみたいですね

研修 また頑張っていらっしゃるのですね 
何かをやる事は活気があって良いと思います

私も悶々としながらも確実に月日は過ぎ去っています 
何とか頑張れそうです^^

No title

こんにちわ
煮方によって味は変わるんだなと思いました。

No title

どちらも自分で茹でたことはないけど
両方とも大好きです( ̄m ̄*)
 実は栗 剥けないんですけどね (TωT)

茗荷ご飯もすごく美味しそう
1膳目はさっぱりそのまま食べて
おかわりしてツナとマヨネーズ・・・と2種類の味を楽しめちゃうわけですね
これ食べて太っちゃった分は
来週頑張って痩せれば大丈夫(*^-゚)v

mekumeku様

mekumekuさん おはようございます。(*^_^*)

> 「みょうがやど」という、落語を元にした川端誠さんの絵本を読んだことがあります。
茗荷宿 なつかしいです!
過去記事を載せましたので 続きを読む をクリックしてみて下さいね。

> ごはんの上に乗ってるのは、紫蘇でしょうか。
ええ そうです。庭に一本だけ植えたのですが ちょっとしたあしらいとして重宝しています(*^_^*)


> 茗荷料理をこうして紹介していただくと、作ってみたくなりますね。
有難うございます。油揚げ忘れずに入れて下さいね。良いだしが出て美味しくなりますよ。

> これからも、楽しみにしています。
有難うございます。今日も心豊かにお過ごしくださいね♪~

はやとうり様

はやとうりさん おはようございます(*^_^*)

> お元気でお過ごしとの事安心致しました
有難うございます。お仕事をさせて頂けることが 大きな励みでもあり頑張る力になっています。
有り難いことだと しみじみ思う日々です。


> 秋田産 湯上がり娘」 ネーミングが実に色っぽい =^-^=
私も「なんだかなぁ~」と思っています((+_+)) ちょっとネ・・・ですが 味は良いですよ♪~

> 両端をハサミでカットして茹でているのも見た目が綺麗です^^
そうですね。飲み屋さんとかも そうして出すところも多いですね。
私は盆ザルがあればそれに盛りたいくらい 素朴な食材だと思っています。

> もぎたて・すぐに茹でる・茹でたて美味しいに決まっています
絶対ポイントですよね(^o^)
 飲食店んなどでは冷やした枝豆が出ますがあったかいゆでたての甘さには及びませんよね(*^_^*)

> 栗も良いですね 剥くのが大変なので買いません 残念です
栗を剥かずに簡単に食べる方法を 記事に追加しました。
ご覧になって 是非この時期に召し上がってみて下さいね!

> 茗荷ご飯 生の茗荷で炊くのは未経験です
> 一度この茗荷ご飯は試してみたいですね
うふふふ 私も初めて作ってみました
時々外すこともありますが(笑)これはいい考えだと思いました。
細切りにした油揚げを たっぷり目に入れて下さいね。美味しくなりますよ!

> 研修 また頑張っていらっしゃるのですね 
> 何かをやる事は活気があって良いと思います
世の中に講師は一杯いるのに 私のような小さな存在にお声をかけて頂けることに感謝です。
一回毎に一期一会の思いで大切に務めて行こうと思っています。

> 私も悶々としながらも確実に月日は過ぎ去っています 
> 何とか頑張れそうです^^
「もうはやくして!」って言いたいですよね。
入院や手術の日が決まっていてもあまりに先の日程だと 待っている間に心がなえてきますね。
私もこの春から七月の手術日までが 本当に長く思いましたから 良く分かります。
でも頑張るしかないし はやとうりさんは頑張れる方です!
風邪と転倒は厳禁です。どうぞお気をつけてお過ごしください。

お身体が大変な時ですのに こうしてコメントを頂き有難うございます。

ネリム様

ネリムさん おはようございます(*^_^*)

> 煮方によって味は変わるんだなと思いました。
そうですね。どちらの茹で方でも美味しいです♪^ 秋を頂いていることを実感できる食材です(*^_^*)
今日も良い一日でありますように!

秘密のさいこちゃん様

さいこちゃん おはようございます(*^_^*)

>  実は栗 剥けないんですけどね (TωT)
簡単に食べる方法を 記事に追加しましたから 沢山召し上がってくださいね(*^_^*)栗って美味しいですもの
子供の頃の習い性で 息子たちはテーブルに栗の大皿盛りをどか~んと出しておくと
自分自分にスプ~ンを持ってきて座り 黙々と食べています♪~
そうやって食べるものだと刷り込み?になっているようです(笑)

> 茗荷ご飯もすごく美味しそう
嬉しいです。手前味噌ですが美味しかったです。
これからは 毎年この時節の定番メニューに加えようと思いました♪~

> これ食べて太っちゃった分は
> 来週頑張って痩せれば大丈夫(*^-゚)v
耳にも美味しい魅力的なセンテンス!
でも その来週の積み重ねで私はメタボなの(>_<)
さいこちゃんは気を付けてね(笑)

今日も素敵な一日でありますように♪~

No title

美味しそうな栗の断面( ̄m ̄*)

この前5分くらいかけて1個の皮をむしり取って食べたんですよ
半分に切ってスプーンで食べればいいんだ
ありがとうございます(・∀・)

秘密のさいこちゃん様

さいこちゃん こんばんは(*^_^*)

> この前5分くらいかけて1個の皮をむしり取って食べたんですよ
それは大変でしたね。この方法だととっても簡単。
我が家では栗のお皿の上に いつもナイフとスプーンがセットで置いてあります(笑)
家族揃って栗好きなんです(*^_^*)

> ありがとうございます(・∀・)
こんな風にご丁寧にコメントを頂いて嬉しいです!
こちらこそ有難うございます(*^_^*)記事にして良かったです♪~

No title

こんばんは 言の葉ISさん。
研修でご多用なのですね。
ずいぶんお元気になられたようで安心しました。
枝豆にお砂糖ですか!驚きです。
来年、自宅で収穫したもので試してみたいと思います。
栗も大好きな食材です。
茗荷は子供の頃は苦手でしたが
大人になると味覚が変わるのか
美味しさがわかるようになりました。
秋の恵みはありがたいですね。

イヴまま様

イヴままさん おはようございます(*^_^*)

> 研修でご多用なのですね。
> ずいぶんお元気になられたようで安心しました。
国民文化祭開催に備えて 9月中も随分研修に呼んで頂きました。
歩行はまだまだ不十分ですが その他はお蔭様で元気になってきました(*^_^*)
お仕事をさせて頂ける そのことが大きな励みと目標になっています。世間様に感謝です。

> 枝豆にお砂糖ですか!驚きです。
山形のダダ茶豆に近いようなお味になります
女性には好評でしたが 男性軍は枝豆は塩味であるべきとの意見が多いようです。我が家でもそうでした。

> 秋の恵みはありがたいですね。
本当ですね。その恵みが命を繋いでくれています。大切に頂きたいですね。

今日も心豊かにより良い一日を お始め下さいね♪~

No title

おはようございます♪

昨日早速 与謝野 晶子さんの「源氏物語」おっさんが図書館に借りに行ってくれました
上・中・下巻とかなり分厚い本でした 難を言えば字が小さい 老眼街道まっしぐら(笑
でも読みやすそうでしたよ 情報ありがとうございます

生の茗荷でご飯炊いてみました
茗荷の歯触りが良くて美味しかったですよ ありがとう!!

はやとうり様

はやとうりさん おはようございます。

> 昨日早速 与謝野 晶子さんの「源氏物語」おっさんが図書館に借りに行ってくれました
> 上・中・下巻とかなり分厚い本でした 難を言えば字が小さい 老眼街道まっしぐら(笑
> でも読みやすそうでしたよ 情報ありがとうございます

こちらこそ ご丁寧に有り難うございます(*^_^*)
与謝野源氏は 中学時代の入院中に読みました。紫色の表紙でサック付の立派な本だった記憶があります。
はやとうりさんに倣い 冬籠りの時節に読み直してみようかなと思いました。
良い刺激を頂きました。有難うございます。

> 生の茗荷でご飯炊いてみました
> 茗荷の歯触りが良くて美味しかったですよ ありがとう!!

本のことも ミョウガご飯の事も・・・・はやとうりさんの迅速な行動力に脱帽です。
仕事のできる方ですね! 私もだらけていないで 今日をきちんと生きなければと思いました。
しなければと思いながら 後回しにしていた用事を今日こそきっちりと片付けます。有難うございます♪~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム