払う・祓う・掃う

人生は一人一つ限定


この数週間 思い悩んだことがある。
想いを払い除けるように そして清め祓いたくて 体を動かし掃い続けることに没頭した。



父が昔 話して聞かせてくれた(小さなお話)を思い重ねながら日々を過ごした。

須梨槃特(すりはんどく) 又は 周利槃特(しゅりはんどく)と呼ばれるお釈迦様の弟子の羅漢のお話だ。

須梨槃特はとても真面目で一生懸命に修行をするのだが物忘れが半端ではなく 自分の名前さえも忘れてしまう。
そこでお釈迦様に言われて 自分の名前を書いた名札を首からぶら下げるのだが その名札を掛けるのも忘れるくらい ひどい物忘れだった。

そこでお釈迦様が 須梨槃特に 「他の修行はしなくてもよいから お前は(塵を払え)(塵を払え)と唱えながら修行場の掃除をしなさい それなら出来るだろうから」とおっしゃいました。


真面目な 須梨槃特は 来る日も来る日も お釈迦様に言われた通り (塵を払い)続けました。
そのうちに 塵には目に見えるものと 見えないものがあることを知ります。
そして真に 払い除くべきものは 自分の心の塵であることに気付いてゆきます。
こうして知的障害を乗り越えて お釈迦様の弟子にふさわしい 尊者となりました。


このお話は そうめんに添えられていた(ミョウガ)に端を発したもので 以前拙ブログに記したことがある。
「塵を掃え」「塵を掃え」は 見える埃の塵を払いながら 来し方のあの時あちらの道を選択していれば等 巻き戻せもしない様々を思い停滞する己の心の雑念を「塵として祓う」ことであることを 父の話を思い重ねながら目に見える不要な物も掃い続けた。


苦しい日々だったが どんなに思い悩んでも たとえ親子であっても 「人生は一人一つ限定」であり 代わってやることも取り替えてやることもできない・・・・・そんな当たり前のことをしみじみと思い知るに至った。

物も思いも断(たつ) 捨(すてる) 離(はなす・はなれる)・・・・まさに断捨離を体感・実感。
まだ会得とまではいかないが 大事な学習時間を頂いた。

最近はやりのキャッチコピーではないが 「人生もお一人様一個限定」なのだ。
身体を動かし続けたこと 大なり小なり家の風景が変わったこと 目にも心にも体にも空気の流れが変わったことが感じられる。五感を通り抜ける風が変わった。

TVに映し出される永平寺などの僧侶たちの長い廊下の雑巾がけの様子や または京都の町家を托鉢して歩く僧侶たち 六根清浄と唱えながら荒行をする修行僧・・・・・体を動かし 周囲の風の変化を五感で感じることも 自分なりの何かを感じてゆくことに繋がり 受け入れる心を知り これを悟りと言うのかもしれないと 自分の中では思ったことだった。


パソコンを開くこともなく日々を過ごしましたが 私の小さなブログをまだお訪ねくださっている方々のご訪問の履歴がまだあることを知り 嬉しく有り難く思っております。
拙い記事しか記せませんが 心に浮かぶ折々を綴ってまいりますので どうぞよろしくお願い致します。言の葉IS 拝

コメントの投稿

Secre

No title

言の葉IS様

お帰りなさい。先ほどこちらのブログの履歴を見てお伺いしました。

この須梨槃特のお話しは前に確かに読ませていただきました。
それからお寺のピカピカした廊下を見たり、掃き清められた庭の片隅を歩いたり、
また羅漢像のある寺ではどれが須梨槃特だろうと探してみたり・・・・。

そうですね、心の塵を掃き清めるには身の回りをまずきれいにしなければいけませんね。
わが散らかった部屋を見ながら大いに反省です。

こんばんわ
お元気そうで何よりです
掃除や整理をするのはいいことだと思います。

Roman様

Roman様
こんばんは(*^_^*)
ご訪問とコメント有難うございます。

> お帰りなさい。
> この須梨槃特のお話しは前に確かに読ませていただきました。
温かいお声がけ とっても嬉しいです。有難うございます。
拙い過去記事も 覚えていて下さって有り難いことでございます。


自分なりに注意をしても 不測の事態が家族に起こればそれも悲しいことであり懊悩することでもありますが
それを乗り越える力を付けることも 大切でありその為の試練なのかと受け止めております。

またブログに向かって 自分の生きた時間を綴ってゆきたいと希(ねが)っております。
どうぞよろしくお願い致します。

ネリムさま

ネリムさま コメント有難うございます(*^_^*)

ご無沙汰をしておりましたがお元気でしたか。

また身近な日常を綴っていきますので 宜しくお願いしますね(*^_^*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>「塵を掃え」「塵を掃え」は 見える埃の塵を払いながら 来し方のあの時あちら
>の道を選択していれば等 巻き戻せもしない様々を思い停滞する己の心の雑
>念を「塵として祓う」ことであることを 父の話を思い重ねながら目に見える不要な物も掃い続けた。
 ・・・聞いて、なるほどでした。
 私も、昨年かなり心に重いことがありました。
 時の流れと共に少し軽くはなってきていますが、まさに、『人生は一人一つ限定』の心境でいます。

ただ・・・私は、目に見える埃さえ払っていない無精者です。
 

こすずめ様

こすずめさま こんばんは(*^_^*)

ご訪問とコメントを有難うございます。
小休止しておりましたが またブログ界?に復帰致しましたのでよろしくお願い致します。

>『人生は一人一つ限定』の心境でいます。
どんなに愛しい子でも孫でも 変わってあげたり 取り替えっこはできなくて
一人一人の人生なのだと しみじみ思いました。

それぞれの人生の旅路がより良いものであることを祈るのみだと 今は思えるようになりつつあります。

> ただ・・・私は、目に見える埃さえ払っていない無精者です。

とんでもないことです。
リフォームされている時の記事などを拝見して 一番汚れやすいお台所まで
あんなにきれいで清潔で素敵でした。
そのあと あわてて数日間掃除に勤しんだことでした。(@_@;)

あの日からまた月日が巡り 汚れたり雑然としてきていました。(>_<)
二人暮らしなのに散らかす人ばかりで 片付ける人が一人もいない我が家。猛省です。 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは!

ブログが更新された事を知り、嬉しくなりました (^^♪
マイペースで構わないので、これからも更新してください!


神社でも拝殿前に「祓い給え、清め給え、守り給え、幸え給え」を三唱してくださいと書いてあるところがあります。
今までは祝詞の一部だと思っていましたが、須梨槃特の話を読んで、心身に着いた塵を祓い、清める事なんだと、やっと理解しました。

嫌な事があると、悶々として、息詰まる状態になりますが、風通しを良くすると見える景色が変わりますね☆
とても良いお話を知り、今、とても嬉しい気分です ありがとうございました (^^)

かるがも様

かるがもさま おはようございます(*^_^*)

> 神社でも拝殿前に「祓い給え、清め給え、守り給え、幸え給え」を三唱してくださいと書いてあるところがあります。
> 今までは祝詞の一部だと思っていましたが、須梨槃特の話を読んで、心身に着いた塵を祓い、清める事なんだと、やっと理解しました。


よく神社・仏閣を回られる かるがもさんならではの良いお話を伺うことができました。
腑に落ちるというか さらに深く得心することができました。
私の方こそ 有難うございます。

これからの季節 森閑とした森の木々も若芽が育ちご神気にも勢いが増して感じられることでしょうね。
リポート楽しみに拝見します。

ご訪問とコメントを有難うございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム