午後三時

傘寿の母と



***世の中は常にもがもな渚漕ぐ 海士(あま)の小舟(小舟)の綱手かなしも***

世の中は常に変わらず 穏やかに伸びやかに小さな平安に手を合わせながら 慎ましくとも静かな時間を紡いでいけたら・・・・・いつもそう願いながら日々を重ねてきた。

でも変わらないものはない。みんな大きかったり小さかったりの程度の差はありながらも 全く変わらないままのものはないのだ。当に無常であり 変化し続けることは何事にもあること。そして誰人にもあることなのだ。

結婚して親元を遠く離れ 因習の深い東北の地の長男の嫁としての三十数年があった。
様々なことがあった。
辛い時 悲しい時 良く空を見上げた。人生で最も多く月を眺めたのは嫁してからのこの数十年だった。

***天の原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に出でし月かも***

父母のいるふるさとにも この同じ月が出ているのだと思うことが 大きな慰めでもあり励みでもあり希望でもあった。空も月の光も父母に繋がっているのだ。

(人生は修業の場である]とはブロ友のMさんの口癖だが その通りで実に沢山の修業をしたと思う。
不器用な私は修業の数々をただひたすら必死でこなしているうちにあっという間に年を重ねてしまった。

今自分の人生を 朝・昼・夜に例えるならば 昼の午後3時かと思っている。
同じ午後3時でも 夏の日の午後3時であれば もう一度洗濯物を干しても薄手のものであれば十分に乾かす力もある。ゆっくりと友人たちとお茶を飲むこともできる。まさに(お三時)おやつの時間。ティータイムを楽しむこともできるのだ。どこか心にもゆとりがある。

仕事を休んだり研修をお断りしたりした日々もあったが その舅も姑も無事に見送った。
嫁いでから 夫の叔父 大姑 舅 姑 四回の葬儀を出した。田舎の葬儀は 昼も夜も忙しい。煮炊きにも追われお茶出しにも追われる。疲れ果てても休む場もない。村の女性群がどの部屋にも一杯。
大変なものだったが 全て無事に終わった。 
やっと自分に沢山の時間をかけることができるようになり 同級生も親戚も知人もいなかった秋田の地で ほんの少しではあるが人様に知られるようになり 仕事にも恵まれてきた。


辛い時 悲しい時 苦しい時 散々流した最後の涙を拭きながら いつも思った
今はこんなに苦しくて 悲しくて 押し潰されそうに思うことも 心に刻まれた傷や悲しみも痛みも 時が癒してくれる時が必ず来る。だから人は生きていけるのだ。自分一人ではない。みんな時間の与えてくれる恩恵に助けられた経験を持っている筈だ。祖母が良く(時間薬)と言っていたことも思い出される。
いやだったことでさえ 懐かしいと思えたり 笑い話になる時がきっと来る。

***ながらへばまたこの頃や忍ばれん うしと見し世ぞ今は恋しき***

何百年も昔の人の ふと口をついて出た歌が 今を生きる私の心の中の思いを余すことなく照らし出し (生きる)または(生きてゆく)と言うことを教えてくれている。
時代は変わっても 同じように傷ついたり 感動したり 人の心は変わらず同じ思いが伝わってくる。


秋田の地で根を張り 自分の居場所を作ることに終始している間に 実家の母は傘寿となっていた。

沢山の良いお友達に恵まれ 一緒に旅行をしたり 古文書の会や短歌のサークルや刺繍をしたり押し花で絵画を作ったり 日々を忙しいくらい充実して楽しんでいた。
そして秋田の雪に閉ざされる暮らしは 嫌だと言っていた。

母は美しい人だった。
私は妹と二人姉妹だが (二人そろってもお母さんの美しさには叶わない」と母の妹(私にとっては叔母)から言われたことがある。授業参観が楽しみなくらい自慢の母だった。
自分の暮らしに明け暮れて ふと母からの電話で母を思い出した時 小さくなって萎れかけたカタクリの花のような母がいた。背負うことはなかったが 小さくなったことは一目瞭然だった。

***たわむれに母を背負いてそのあまり軽きに泣きて三歩あゆまず***


母は人生の冬。夜九時頃かもしれない。
華やかなゴールデンタイムが終わり 家族がお風呂に入り始めたり自室に引き取ったり 居間にはいてもパソコンの前にいて無言になっていたり。
午後三時の私であれば 充分に母との残り少ない時間を 穏やかにゆっくりと紡いで埋め合わせていくことができるだろう。

小さくなった傘寿の母。
雪だけは我慢してもらうしかないけれど 今月の半ばには桜が咲く。
秋田の春は美しい。桜を見て 菜の花ロードに行って のたりのたりの春の海を眺めて・・・・遠出をしない日も一緒に散歩をしたり 並んで本を読んだり・・・・何をしてあげようかなぁ・・・・・。

置き去りにしてしまった時間を埋めながら 母の笑顔の時間を増やしてあげたいと心から思っている。
桜の開花と共に母を迎える日が近づいてきた。十日ころにはお友達とのお別れも済んで 秋田新幹線こまちに乗って秋田の人となるためにやってくる。

拙い独り言を最後までお付き合い下さいまして本当に有難うございます。
(言の葉ISの絵のない絵本)または映像で綴る(番外編・箸休め)のどちらかを毎週火曜日に更新しています。次回は四月九日を予定しています。どうぞご覧下さいませ。l 

コメントの投稿

Secre

No title

おはようございます♪

「人生は修業の場である」仰る通りだと思います
一生苦労のない方など皆無だと私は思っています
人はそれぞれ重い荷物を抱えて生きています
その中から必死にささやかな幸せを見つけて生きていけたらそれで充分ですね

お母様傘寿ですか
これからは秋田で共にお暮らしになられるのですか
もしそうであればそれはお母様にとっても嬉しい事ではないのでしょうか

人生でいえば私もすでに9時頃だと思います
らぶりーずを送りだしたら一気に12時に向かって走ります(笑
人生は長さではありません いかに精一杯生きたかと言う事なのでしょうね

ブログは無理をなさらずに言の葉ISさんの歩調で歩まれますように。。。

はやとうり様

はやとうりさま おはようございます。

今日もいの一番にお越しいただき 温かいお言葉を有難うございます。
とても嬉しい励みになります。
人生は自分のペースだけでは過ごせないものですね。
束の間の自由時間があったことは 有り難く幸せな事でした。

これからは母はますます老いの方向に進んでいきます。
どんなことが起きるか予測も付きません。
でも今の私ならしてあげられることが沢山あります。
と言っても一緒にいてあげること 空や花や月を一緒に見て きれいだねと一緒に言えること 並んで散歩をすること 同じものを美味しいねと言いながら一緒に食べること・・・・凄いことは何一つできそうもないけれど ささやかな日常坐臥を感謝して共に在ることだけならできるかなと思っています。
今のうちにできることをして見送ってあげたいと思っています。
(気持ちはそうでも あまり丈夫でなかった私なので母より先になるかも知れませんが)

>「人生は修業の場である」仰る通りだと思います
そうですね。だってはやとうり様の口癖ですもの(*^_^*)
いつも励まされ 学ばせて頂いています。
そして(修行をするために生まれてきたのだ}とおっしゃった言葉も深く心に刻んでいます。

今日もお越しくださって有難うございます。
はやとうりさまが 恙無くより良い一日をお過ごし下さいますように♪~

新しい暮らし。

初めてコメントさせていただきます。
もうじき実のお母様との新しい暮らしが始まるのですね。
どちらから秋田のお越しになるのか存じませんが
お母様は良くご決心をなさいましたね。

私の義母(秋田在住)などは、家内が何度同居を進めても
けして首を縦には振ってくれません。
生まれ育ち、長いこと暮らした土地を離れたくないというわけです。
それも理解は出来ますが・・・

私事はともかくお見えになるお母様にとっては、戸惑う事も多いことと存じます。
でもおっしゃる通り秋田の春は美しい!
もうあちこちにバッケが顔を出したりしている事だと思います。
またもう直ぐ菜の花や桜の季節を迎えます。
お母様には、秋田の季節を存分に楽しんでいただきたいものです。

サム様

サムさま こんばんは。

初めまして。ご訪問有り難うございます。とっても嬉しいです。

>どちらから秋田のお越しになるのか存じませんが
お母様は良くご決心をなさいましたね。

有難うございます。実は岩槻でございます。
サム様のブログの大宮公園は子供たちが小さいころ 母と何度か参りました。
入口の公園のブランコや滑り台 それから小動物園もありました。
もう三十年も昔ですが 今回の貴ブログでの大宮公園の桜を感慨深く拝見しました。

このようにお訪ね頂きご縁を感じております。

母も来るのを渋っておりましたが お友達も当然のことですが
一人二人と亡くなったり 施設等に入ったりで 頭と体はまだシャンとしていますが
心が弱ってきたようで自分から秋田に 私のもとに来たいとの申し出で今回の運びとなりました。

秋田の良い所を沢山見せてあげてから冬を迎えることになるので 秋に来るよりも
時節的には良かったかと思っています。

嫁業も全て終わりました。今度は娘業を務める時間が来たようです。
母娘であったことを愛おしみながら これからの時間を大切に紡いでゆきたいと思っています。

温かいお言葉嬉しく大切に頂戴いたします。有難うございます。
よろしければどうぞこれを機会に今後ともよろしくお願い致します。

No title

こんばんは!

「人生とは修行の場である」 本当にその通りですね~ 

僕も英語もしゃべれないのに1年半アメリカに長期出張、帰国後すぐに静岡転勤
それでも日本語が通じない所で頑張ったから、同じ日本なら大丈夫と思っていたら…
世間知らずも有りますが、全く違う習慣に戸惑いました (>_<)
馴染めなかったり、対立したりしながら、不器用な自分なりに頑張りましたが、
これからもまだまだ僕の修行は続いて行くのですね☆ 

本当に素敵なお母様ですね (^^)
秋田での生活に馴染めるのか、色んな心配があるかもしれませんが、
独立した後に一緒に過ごせる時間は、素晴らしい事だと思います☆
きっと、お母様は秋田の美しい春を見て、同じくらい素敵な笑顔を浮かべると思います (^^♪

ブログは更新意欲が出た時だけでも構いませんょ (*^^)v
ゆっくり、慌てず、マイペースにブログを続けてください☆





No title

こんばんは。

お母様は本当にお美しい方のようですね。
なにか上品で言葉のはしはしに伝わってくるものがあります。
傘寿というと80歳。私の母は米寿。
言の葉さんのようになかなか行かないですよ。
一緒に空を見て、陽を光を受け、手を携えて進まれる。

女性が仕事を持って見知らぬ新天地で活躍されているのを
こうして知ることができ、幸せな気持ちをいつも頂いています。

これからもお忙しいでしょうがご活躍も祈念しています。

私も4月になり、職場を自ら変えました。新天地でまたひと踏ん張りです。
ぬるま湯に浸かっているほうが楽なのですが・・・。
覚えることもまだたくさんありますし、教えておきたいこともたくさんあります。

No title

こんばんは

母も一人ぐらしで弟が近くに住んでいますが
一緒に暮らすのは無理なので、母は
よくいつ帰って来れるのか聞くことがあります。
福岡に来るのも知らない土地や義母の手前もあり
嫌がっていて、今はどうにもできない状況なので
元気でいてくれることを願うばかりです。

元気なうちに親孝行ができて
羨ましいです^^

言の葉ISさんのご苦労が文面から伝わってきます。

それに比べたら私は甘いなーって思います。夜中の1時で頭も身体も眠り中かな

お母様が秋田に来るのですね
長く居た場所を離れることも大きな決断だったでしょうね

雀の子のお話し
言の葉ISさんが、介抱してあげた時の愛情いっぱいのお話し覚えてます。
お母様の生活も今までより温かいものになっていくのでしょうね

快諾してくれた旦那様も素敵ですね

有難うございます。

ご丁寧なコメ返を頂き有難うございます。
傘寿に成られるお母様の見事な決断に感服してついコメントを書いてしまいました。
失礼がありましたらお許し下さい。
岩槻からという事は大宮からは目と鼻の先。
大宮公園などもご存知とは、おっしゃるように縁を感じます。
今度は氷川神社なども写真でご紹介いたしますね。
お母様との笑顔の日々が長く長く続きますように、本当に心からお祈りさせていただきます。今後とも是非よろしくお願い申し上げます。

かるがも@様

かるがも@さま おはようございます。

かるがもさまは アメリカや中国によく行かれるので
初めから語学が堪能な方かと思っておりました。

大変な努力をされて身につけられたのですね。
御苦労されたことでしょう。凄いですね。頑張り屋さんですね。リスペクトです。

>これからもまだまだ僕の修行は続いて行くのですね☆
そうですね。私もまだまだこれからも続くんですよ。(>_<) これで終了ってないのでしょうね。
神様のお決めになった生きることのルールが修行なのであれば 卒業は最後の瞬間なのかもしれませんね。
ガンバ!!ですね。

>ブログは更新意欲が出た時だけでも構いませんょ (*^^)v
ゆっくり、慌てず、マイペースにブログを続けてください☆

ありがとうございます。
しばらくは同居に関わることでバタバタし時間が取れないかも知れませんが
自分の生きた日の記録として始めたブログですから 不定期でも行進を続けてまいります。
これからもよろしくお願いします。(*^_^*)

今日もお越しくださって有難うございます。♪~
かるがもさんも恙無く素敵な一日でありますように!


ガンバ!!ですね。

Roman 様

Roman さま おはようございます。

お母様は八十八歳で 初曾孫さんを授かられたのですね。
お喜びだったことでしょう。
おめでたいことの重なる 良い年ですね。

>女性が仕事を持って見知らぬ新天地で活躍されているのを
>こうして知ることができ、幸せな気持ちをいつも頂いています。

>これからもお忙しいでしょうがご活躍も祈念しています。

Romanさまは 女性が仕事を持つことを真から認めて下さること
そして応援して下さることを 常々有り難思っております。大きな励みを頂戴しております。

新天地でのお仕事とのこと。
どうぞお体を厭いながらお励み下さいませ。

今日もお越しいただき有難うございます。♪~
恙無くより良い一日をお過ごしくださいますように。

Rin様

Rinさま おはようございます。

>福岡に来るのも知らない土地や義母の手前もあり
嫌がっていて、今はどうにもできない状況なので
元気でいてくれることを願うばかりです

私もまったく同じでした。
ただ私の親と夫の親が十歳くらいの年齢差があったので
今回のような運びとなったと思います。
お元気でいて下さることが何よりの願いですよね。
私も良く分かります。
お一人でいて下さるのはお元気な証でもあります。
いつかきっと時間が解決してくれることを願っています。

今日もお越しくださって有難うございます。♪~
どうぞ恙無くより良い一日でありますように。

93様

93さま おはようございます。

>それに比べたら私は甘いなーって思います。

とんでもないことですよ。
93さんは同居なさりながらお仕事もされて お子さんも伸びやかで子供らしい
とっても良い子達に育てていらっしゃので頑張り屋さんだなぁといつも感心しております。

離れて御暮しのご実家のお母様へのお気遣いも
とっても素敵な事と嬉しく拝見しておりますよ。

こすずめ 雛子ちゃんのこと覚えていて下って嬉しいです(*^_^*)
田舎なのに雀をあまり見ないなぁと思っておりましたが あれ以来よく家の前の電線に
すずめが来るようになり 雛子ちゃんの作ったニューファミリーかなぁと思ったりしています。

>快諾してくれた旦那様も素敵ですね
有難うございます。本当にそうですね。感謝してゆきたいと思います。(*^_^*)
夫の親と私の親は年齢差が丁度十歳あったので いつかは両家の親の見送りをすることは
結婚する時からの決まり事でもありました。(夫も私も長男長女なので)

今までが離れていたので これからは三人で三人にとっての 居心地の良い家庭づくりを
歩み寄りながら探してゆきたいと思っています。

今日もお越しくださって有難うございます。♪~
恙無くご家族揃ってお元気に素敵な一日でありますように!

サム様

サムさま おはようございます。

>大宮公園などもご存知とは、おっしゃるように縁を感じます。
>今度は氷川神社なども写真でご紹介いたしますね。

有難うございます。(*^_^*)
楽しみに拝見いたします。

>本当に心からお祈りさせていただきます。今後とも是非よろしくお願い申し上げます。
有難うございます。
こちらこそどうぞよろしくお願い致します。

お越しくださって有難うございます。
温かいお声掛けとっても嬉しく頂戴いたしました。
今日も恙無く心豊かな一日でありますように♪~

No title

お母様を秋田にお迎えになるんですね。
一緒に暮らすことで安心とこれまでの時間を少しでも取り戻せるといいですね。
僕の母は81歳になり認知症もあり感情の起伏が大きいときがあります。
女房には一番辛い思いをさせており、申し訳ない気持ちです。
そんな日々の生活の中で、言の葉さんが言われた「母の笑顔の時間を増やしてあげたい」が心に残りました。
どうしても実母なので僕自身が感情を表に出してしまうことがあり、母も悲しい顔になり自分も自己嫌悪に陥ることがしばしばあります。
言の葉さんの言葉を思い出しながら母に接するように心がけるようにします。
ありがとうございました。

Meipapa 様

Meipapa さま こんばんは。(*^_^*)

>一緒に暮らすことで安心とこれまでの時間を少しでも取り戻せるといいですね。

有難うございます。
母と暮らしたjのは23歳まで。 これ以降は東北の長男の嫁として三十有余年を過ごしてきました。
母の嗜好も 好きなTV番組も 生活習慣も・・・・・もう忘れてしまったり 変わっていたり…・((+_+))
判らないこと 知らなければしてあげられないこと など課題は沢山あります。
決してそんなに長い時間ではないでしょうから 一緒にいられる時間を 大切に重ねていきたいと思います。

>女房には一番辛い思いをさせており、申し訳ない気持ちです。

そんな風に思って下さる その思いだけで奥様は十分嬉しいと思いますよ(*^_^*)
日本では夫の親を嫁(特に長男の嫁)は面倒を見て当たり前と言う風潮があります。
それなのに きちんとその立場を慮り 感謝の心を持っているなんて素敵なことですね。
奥様はMeipapaさんが喜んでくれること すまないと思ってくれること…・そのお気持ちに応えたいと
思っていらっしゃると思います。素敵なご夫婦ですね!

>母も悲しい顔になり自分も自己嫌悪に陥ることがしばしばあります。

お母様もMeipapa様も どちらも辛いし悲しいですね。
私も母がいつそうなるかもわかりませんし その時どのように対応できるか自信がありません。
でもそれでいいのだと思います。お互いに生きているからこそのシーンなのですもの。
嬉しい時には嬉しいように 悲しい時は悲しいように ありのままでいいのだと思います。
長い時間を大人として理性が勝って生きてきたのですから もう緊張を解いて
幼子の頃に戻っていくのでしょうね。


今日もお越しくださって有難うございます。♪~
お疲れのたまりませんよう ご自身のお体もどうぞお厭いくださいますように。

No title

ガンバ~の思いを込めて、応援のポチ!をしていきます。

No title

こんばんは~
初めてコメントさせていただきます。
何と言って良いのか分かりますんが
何度も読み返して胸が熱くなってきました。

「時間薬」もなるほど ですね~
心の葛藤も時間が解決してくれるんでしょうね~

自分の人生を朝・昼・夜に例えてみるなんて考えも及びませんでしたが
私も午後三時頃なのかな?って思ったりしています。

深いお話をありがとうございました(__)

サム 様

サム さま ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

reimi01様

reimi01さま こんばんは。

初めまして。ようこそお越しくださいました。
嬉しいコメント有り難く頂戴しました。

午後三時 同じくらいの年代?でしょうか。
なんだかお近くに感じられて嬉しいですね(*^_^*)

よろしければ またお越しくださいませ。
貴ブログの素敵な風景何度もゆっくりと拝見しました。
心に訴えてくるものがあり 懐かしいような気持になりました。

お越しくださって有難うございました。(^^♪
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム