番外編・(箸休め)・相性

末っ子の薔薇

冬タイヤへの交換も済み 朝晩どころか日がな一日ストーブを焚くほど寒くなったこの季節に 小さな薔薇の蕾が庭の片隅で 裸木に一輪残っていた。
かじかんだような硬い蕾。ふっくらと開く力が残っているかどうか判らないが 寒かっただろうにと思い家の中に連れて来た。
葉も一枚残らず落ちてしまっているので 如何にも寒そうな風情だ。


雪国秋田でこの時期に地植えの薔薇を見ることは稀である。
晩秋と言うよりも初冬と言うべきこの時期に 思いがけずも久々に見た薔薇の存在。

冬薔薇(ふゆそうび)。美しい表現だ。冬咲くバラのことで 俳句の世界では一月の季語だ。
ふと、そんなことを思い出しながら 鶴首の花瓶に挿してみた。
わが家の庭で今年最後に咲いてくれた末っ子の薔薇。小さな硬い蕾。
何だかとても貴重に愛おしく思える。

部屋の中でゆっくりと温まりながら のんびりその蕾をほどきくつろげる時間を見つけることが出来てよかった。
毎日水を取り替えて温かさと光を気遣いながら見守っているからね。
何だか遠い昔に口づさんだ(花とおじさん)の歌を思い出した。
(花とおばさん)になりましょう。喜んで!


(楢岡焼き)の一輪差しに挿してみた。なんだか寒々として可哀想。寂しそうだ。
。 
tugomi.jpg

庭の木々は紅葉したり葉を落としている(>_<)何とか見つけた椿の小枝。温かそうにはなったけど 少し違うような・・・?。
tubakinoha.jpg

元気そうな緑が残っていた。ヽ(^。^)ノ
紫陽花の葉。花の色はひきたつけれど・・・う~ん これもなんだかねぇ???

ajisainoha.jpg

差し木をした鉢植えの薔薇の葉が 少し赤くなっていたが挿してみた。あらっピッタリ。バランスかなぁ。しっくり馴染む。最も似合う気がする。
やっぱり神様のお決めになったものが一番でした(^_-)-☆ 相性と言うのだろうか。バラもリラックスしたようだ。良かったね(^_-)-☆

aisyou.jpg

薔薇を挿したこの一輪差しは「楢岡焼き(ならおかやき)」と言います。
江戸時代の末から続く 秋田県大仙市旧南外村の伝統陶器です。
独特の群青色(ぐんじょういろ)の釉薬(ゆうやく)で 海鼠釉(なまこゆう)が特徴です。
秋田に来て初めて見た時から 引き込まれるような色合いの美しさと 気品がありながら素朴な印象を持つこの陶器に魅せられています。
「楢岡焼き」の特徴である海鼠釉をご紹介しますね。
秋田を少しでも多く知って頂くことに繋がれば嬉しいことです。

菓子鉢。
お茶のお稽古の時にも 練り切りや干菓子を良く引き立ててくれます。
_
koiburuu.jpg

裏返して側面を見ると 釉薬が垂れて膨らんでいます。
これが海鼠釉(なまこゆう)です。

sarayoko.jpg

現代風の変形大皿。時代と共に少しスタイルを変えています。こんな感じも良いものです。naraokamorisara.jpg

片口。納豆や とろろを入れると 口が付いているのでご飯の上に滑らせやすくて重宝です。
夏には冷汁を入れたり 又はサラダを盛ったりして使っています。
煮物を盛りつけたりしても 美味しそうに見せてくれます(*^_^*)

fukabati.jpg

片口の側面。海鼠釉の何とも言えない味わいが気にいっています。
この海鼠釉は自然のなせる技。濃い釉薬が垂れて面白い造形美を成すので 同じ物はありません。まさに一点ものです。

namakoyuu.jpg


花には緑の葉 器にはおいしい料理が盛られること。
どちらも相手を引き立て合って 相性が良いって どちらも素敵になることなのね。
相手を引き立てることができて尚且つ 自分も輝けたら とっても素敵。


我が家の庭で 今年最後に咲いてくれた 末っ子の小さなバラに教えられた大切なこと。

ささやかな暮らしを 今日も恙無く収めることができたことに感謝をして綴る独り言。


拙い独り言のようなブログを 最後までお読み下さって有難うございます。
(言の葉ISの絵のない絵本)と映像で綴る(番外編・箸休め)どちらも毎週火曜日に更新しています。
次回は十二月三日です。どうぞご覧下さいませ。


追記。今回のバラの写真は十一月二十日撮影のものです。
柿渋抜きの作業を優先したので 更新の順序が入れ替わっています。



コメントの投稿

Secre

No title

なるほど。。。
と感心しながら読ませていただきました。

難しいことは分かりませんが、薔薇の花には薔薇の葉が一番似合いますね。
神様の言うとおりです。

人も同じように偏った考え方よりもバランスを備えた人のほうが魅力的です。
それに独りよがりで自分だけと言うより、薔薇の花に葉と同じで人も添えられる人がいてこそお互いが生きるのかなと、そんなことを思いました。

Meipapa 様

Meipapaさま おはようございます.(*^_^*)

>薔薇の花には薔薇の葉が一番似合いますね。
神様の言うとおりです。

嬉しいです。有難うございます!やはりそう思われますか。
日ごろ目に馴染んでいるからかもしれませんが やはり一番ぴったりしますよね。ヽ(;▽;)ノ

>薔薇の花に葉と同じで人も添えられる人がいてこそお互いが生きる

素敵な教えを戴きました!!斯くありたいものです。
そしてバランスですね。本当にそうだと思います。

私は一人で仕事をしていて上司も指導者もいません。
だからこそ常に自分を省みるよすがとして 
このおことば いつも温めて行きたいと思いました。

今日もお越し下さって有難うございます♬~
どうぞ今日も一日つつがなくお健やかにお過ごしくださいませ。

No title

おはようございます。

「人は置かれた場所で咲きなさい」などとも言いますね。

でもまた「自分にもっとも合った場所を探して輝く」こともあります。

どちらなのでしょうか。

考えてしまいました。

「万緑総中紅一点」というように赤い花は緑の中で目だちます。

でもスミレやタンポポなどのように道端でひっそりと旅人を
和ませてくれるものもこれまた捨てがたい。

でも所詮人は迷える子羊なのでしょうか。

耳順を過ぎても考えが定まりません。

海鼠釉の色合いに引き込まれるものがありますね。

No title

おはようございます♪

鶴首の一輪差しはいいですね
私は個性的な物が好きなので椿の葉も良いと思います
もう少し葉っぱを間引けば風情が変わるような申し訳ありません
独断と偏見です(笑
椿の葉っぱの力強さと薔薇の葉の赤色が相性が良いように思うのですが
結構しつこいですね(笑  そこからは離れましょう

「楢岡焼き(ならおかやき)」というのですか
群青色は好きな色の一つです

この中でどれが一番好きかと問われれば片口です!!
誰も聞いてはいませんね(笑

片口大好きなのです あの形何とも言えませんね
いくつか集めたいのですが片口の器結構なお値段します
いつも目で愉しんでいます 要するにウインドウショッピングです

これに何かを盛りつけたいですね
今日は「楢岡焼き(ならおかやき)」を一つ覚えました
ちょっと賢くなりましたかね =^-^=


No title

片口を見て思ったのは日本酒をいれて燗にするのにちょうどいいのかな~って・・・・
ちょっと小さいのかな? そっちに結び付けるのは飲んべいの証拠ですかね

Roman 様

Romanさま おはようございます.。

>「人は置かれた場所で咲きなさい」などとも言いますね。

ええそうですね。
クリスチャンでノートルダム女子大学(多分?)だったかの学長の渡辺和子さんの
御本にもそんな一節が有り 心に留めたことがあります。素敵な教えだと思っています。

>でもまた「自分にもっとも合った場所を探して輝く」こともあります。
どちらなのでしょうか。

私はいまは(どちらも) だと思っております。
自分の望んだ場所に行くことばかりではない人生の中で 暗中模索しつつも
仕事の分野や内容は 不器用で取り柄の少ない自分の個性の中では
最も頑張れるかなと思う道に進み現在があります。
苦手分野の克服よりも 好きな分野を伸ばす選択をしました。

今現在も昨夜来のすごい防雨風やみぞれや あられなどでひどい悪天候で
寒い秋田の地に住まうことは望みもしないことでしたが 置かれた場所であり
その範疇での自己選択が講師業だったのだと思います。
ですから私にとっては どちらもと思えるのです。

>「万緑総中紅一点」というように赤い花は緑の中で目だちます。

私もこの言葉が好きでよく使います。
人様を褒めるときに使う表現として 「掃き溜めに鶴」というのもありますが
せっかくの褒め言葉なのですから どちらも成り立つようにとの思いで
若い人たちには意味を説明しながら使っています。
情景も浮かび絵画的な美しい表現ですよね!!

Romanさんはやはりお名前の通りですね(*^_^*)
人生を思惟する時間って大切ですよね。素敵なお時間を頂きました。
明日からまた研修が始まります。
自分で選んだ 自分を輝かせてくれる場と心得て精一杯を務めたいとの思いを
新たにする良い機会をいただきました。有難うございます(*^_^*)

今日もお越し下さって有難うございます♬~
どうぞ恙無く幸せな一日(ひとひ)でありますように。

はやとうり様

はやとうりさま おはようございます.。

>私は個性的な物が好きなので椿の葉も良いと思います
もう少し葉っぱを間引けば風情が変わるような申し訳ありません
独断と偏見です(笑

そうですね。この葉がもう少し小ぶりだとバランスが取れるかなと思うのですが
一枚づつが大きくて間引くと隙間だらけになり難しいものですね(*^_^*)
お茶の先生が五年前 ご自宅にやっと一輪咲いた太郎冠者をお持ち下さったのです。
床の間に活けて 花の落ちるまで楽しませていただいたあとで そっと地植えをしました。
周囲からは無理と言われましたが 昨年から伸び始め地面から三十センチくらいまでの
高さに伸びてくれています。

肥料のやり過ぎかもしれませんが 紫陽花ともども元気は嬉いのですが葉が大きい(>_<)

バラの葉と共にあるつぼみは 浅田真央ちゃんの片足を上にあげて両手でつかみながら
くるくるとターンをしている時の姿のようで伸びやかな美しさを感じました。ヽ(;▽;)ノ

>片口の器結構なお値段します

そうなんですよね。
ですから思いを貯めて吟味して買いますし大切に扱います。
転勤業で随分引越しもしましたが 割れずにいつも食卓を彩ってくれています。
大好きな器の一つです。

秋田の吹雪や雪道運転の恐怖には泣かされますが 美しい手仕事が沢山あります。
少しづつご紹介をしていければと思っています。(^O^)

今日もお越し下さって有難うございます♬~
つつがなく幸せな一日でありますように。

自遊な世界様

自遊な世界さま おはようございます.。

片口確かにそのようにも使えるのかもしれませんね(*^_^*)
そういえば時代劇とかに 片口からお酒を次ぐシーン出てきますよね。
お酒が一層美味しく見えるかもしれませんね。
秋田は米どころですから 美味しいお酒もたくさんあります。みんな銘酒ですヽ(;▽;)ノ

今日もお越し下さって有難うございます♬~
つつがなく幸せな一日でありますように(自分の心が決めるのですが)

No title

こんばんは!

冬は休眠期だと思っていましたが、冬薔薇「ふゆそうび」…初めて知りました。

>わが家の庭で今年最後に咲いてくれた末っ子の薔薇。小さな硬い蕾。
>何だかとても貴重に愛おしく思える。

 優しさを感じる文章で、すごくホンワカ気分になりました☆
 小さな蕾もきっと喜んでいるでしょうね~ (^_^)/

 「楢岡焼き」も初めて知りました… 
 伝統陶器に憧れを持ちますが、いつも100円ショップで購入してしまいます (ーー;)

 
>花には緑の葉 器にはおいしい料理が盛られること。
>どちらも相手を引き立て合って 相性が良いって どちらも素敵になることなのね

 そうですね!人間でも相性がいい人だと互いに明るい笑顔がでるけど、相性悪いと互いの表情がくもりがちになりますね! 

 花の方に目が行きがちで、葉の事を考えた事が今まで無かったですが、互いに支えているんですね!
 薔薇には花言葉意外に葉の言葉もあって「希望あり・頑張れ」だそうです。

 とても良いお話を教えていただき、ありがとうございました☆
  

かるがも@様

かるがも@さま こんばんは。

> 花の方に目が行きがちで、葉の事を考えた事が今まで無かったですが、互いに支えているんですね!

そうなんですよ(*^_^*)
披露宴やパーティーの司会でお開きの後で「 どうぞテ-ブルのお花  そして 新郎新婦のお座りだったお席のお花 ご自由にお持ちくださいませ)とアナウンスすると 皆さんお花ばかりをわ~っと かき集めるように持ってゆきます。
無残に残った枝や葉をお持ちして 「こうして緑を添えると一層美しさが引き立ちますよ)というと
(あれ~ほんとだ。有難うございます)と始めて気付くようです。
葉はそれだけでも成り立つくらい大きな力があるのに 謙虚で偉いなと私は思っています。

 >薔薇には花言葉意外に葉の言葉もあって「希望あり・頑張れ」だそうです。
ええ~そうなんですか。初めて知りまし多。とっても素敵な言葉ですね!!嬉しくなりますね!
 
>とても良いお話を教えていただき、ありがとうございました☆
こちらこそ有難うございます。葉言葉があること友人たちにも教えてあげようと思います。
年代的にも友人たちのほとんどはバラを植えていますので喜びます(*^_^*)

今日もお越しくださってありがとうございます♪~
恙無くお健やかな日々でありますように。   

No title

冬の薔薇は凍る寒さに耐えながら
凛と気高く咲いていたのでしょうね。
とても愛おしくなりますね。
また来季も美しい姿に会えますようにと
最後の薔薇に願いを込めて
私も自分の庭を眺めていました。

楢岡焼、落ち着きと気品がありますね。
この釉薬のぷっくりした垂れ具合が魅力的ですね。
くまのプーさんの
はちみつが とろりと垂れた壺を
思い出してしまいました(*^。^*)

イヴまま♡様

イヴまま♡さま おはようございます。

寒くなりましたね。また白一色の世界が始まりますね。

>また来季も美しい姿に会えますようにと
最後の薔薇に願いを込めて
私も自分の庭を眺めていました。

イヴままさんのお庭のバラもとっても見事でしたものね。(*^_^*)
いつもブログで拝見しては バラの美しさを再確認していました。
水遣り・肥料・消毒…庭の同じ花々の中でもバラはいちばん手間がかかると思います。
だからこそ見事に咲いてくれると嬉しいですよね!!

>この釉薬のぷっくりした垂れ具合が魅力的ですね。
くまのプーさんの
はちみつが とろりと垂れた壺を
思い出してしまいました(*^。^*)

まあ~ 本当にそうですね(*^_^*)
イヴままさんワールド。今回も素敵な発見を頂きました。
いつも そしていつまでも 瑞々しい感性と語彙を持ち続けるって素敵ですね!
奈良岡焼の器を見るたびにクマのぷーさんを思い出し 和みそうです(*^_^*)

今日もお越し下さって有難うございます♪~
恙無くハッピーな一日でありますように。
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム