野面積み

ススキ野原で来し方を振り返る



今日の秋田は台風一過の抜けるような青空。
ススキの穂が 緩やかな弧を描きながら 秋風に揺れている。
銀色の穂は 晴れ渡った秋の日差しを受け キラキラと輝き 光のプリズムのようだ。
見入っていると なんだか切ないような胸が一杯になるような 静かで懐かしいような思いが湧いてくる。

一面のススキ野は 銀色の穂と すらりと姿の美しい葉の緑色と 葉の根元から先端まで真っ直ぐに伸びた葉脈のすっきりと白い線。この三色だけで 一幅の名画のような世界を成している。

***越後より干鱈(ひだら)を背負い 越え来にし 人は行くなり尾花ヶ原(おばながはら)を
尾花ヶ原は すすき野原。中学の頃 倒置法を学ぶための文例として習った歌だ。
絵画のようにその情景が浮かんできて 音調も良く好きな一首であり 秋の今頃はよく口ずさむ歌だ。

そこにいるだけで または そこにあるだけでいいもの・・・・そこに咲いているだけで こんなに豊かで幸せな時間を紡いでくれる。与えられる恩恵を有り難く大切に享受した。


一面のススキ野原を眺めながら 走馬灯のように浮かび来る?十年前の中学時代にタイムスリップ。
幼い日の自分のさまざまが思い起こされ 今ならこうしたのに ああも出来たのにと歯がゆく思うことも もっと頑張れたのにと口惜しく思うことや よく頑張ったと誉めてあげたい自分もいたり・・・どれもみな懐かしく大切な思い出であり 病弱だった自分が今日まで馬齢を重ねてこられたことも有り難いと思った。


ささやかながらも家内揃って 無事に日々を過ごせていることも有り難いことだ。
母と呼ばれる幸せを頂き 好きな仕事をさせて頂き 良い友人にも恵まれている。
学校と病院と二つの世界しか体験できなかった中学時代から 今日までの事を振り返ると 今在ることの有り難さの一つ一つに感謝の思いが溢れてくる。どんな時にも諦めないで 重ねた時間の厚みが 今の幸せを築く石垣となってくれたのだ。


一石一石野面積(のづらづみ)の石垣の上に 自分スタイルのお城を築き 授かった人生の仕上げをしていきたいものだとしみじみ思った。
をちこちに秋の気配が漂う一日(ひとひ)の 小さな独り言。



拙い独り言のようなブログを最後までお読み下さって有難うございます。
(言の葉ISの絵の無い絵本)毎週火曜日に更新しています。
次回は十月九日です。どうぞご覧下さいませ。 

コメントの投稿

Secre

No title

おはようございます♪

夜はまだ開けていませんかね この時間暗さを残しています
夜明けが段々遅くなりつつあります 厳しい冬の到来もあっという間
過ぎゆく風情も感じる事のないような急ぎ足の殺伐とした毎日を送っています
何と味気のない毎日を過ごしているのかとこちらに訪問する度に思います

性懲りもなくそれを忘れ又普段の日常に戻ってしまいます
人間とは愚かさを繰り返す動物のようです

田舎育ちの癖にススキ等お月見でしか見る事も無く石垣の積み方も
ぼーーっとぼーーっと見ておりました 菱形のような形のみ田舎の風景と共に
セピア色のまま覚えています

>越後より干鱈(ひだら)を背負い 越え来にし 人は行くなり尾花ヶ原

この短歌習ったっけ 訝しげに首を傾ける私がいます(笑
国語は何よりも大好きな教科だったのに・・・数学的な頭ではないとも言う(笑

学生時代もっと頑張れば良かったという思いは少しはあります
ただ環境的にはあれでいっぱいいっぱいだったのかなと言う思いもあります
小さな胸を痛めた事が多過ぎた感があります

何よりも残念なのは大人になって自分が責任を取れるようになっての生き方です
私の場合は生き方と言うよりも生き様と言う言葉の方がふさわしいような気がしています

天衣無縫 傍若無人数えきれないほどの言葉が当てはまりそうです(笑
もう残された後僅かな命 心して生きて行かねばなりませんね

自分に何が不足しているのかちゃんと判っている癖に目を逸らして歩み続けた人生
さてさてここからが正念場 ここはそのような気付きの場でもあります

これを書いている間に夜が明けてきました 
傍らには愛すべきらぶりーずがお散歩を済ませ足元に体を寄せています

No title


 相馬先生、おはようございます。

 台風被害は無かったですか?京都、大阪は大雨程度で済みました。新幹線
は全て運行取りやめになったりはしましたが。

 >越後より干鱈(ひだら)を背負い 越え来にし 人は行くなり尾花ヶ原

 元々勉強は得意でない私ですが、国語は何とかついていける教科だったのに・・・
習った記憶がありません。忘れてしまったのか、ゆとり教育の序章だったのか。
学生時代もっと頑張れば良かったかな、という思いは最近あります。日々忙しく
余裕がないのと、歳取ると色んなことに諦めがつくのか、年々情熱が薄れています。

 

 

No title

お体が弱かったのですね。
ご両親もずいぶん心配なさったことでしょう。
そして深い愛情を受けて育った言の葉ISさんが
ここにいらっしゃるのですね。
そう考えると、
言の葉ISさんとの出会いにもちろん感謝していましたが
ご両親にも感謝です。
先日の立派なご子息のお話しといい、
愛情溢れる素敵な『人格育て』が
代々受け継がれていらっしゃるのですね。
札幌の今朝も透明感がある空気の
さわやかな青空です。

はやとうり様

はやとうりさま おはようございます。

ご訪問といの一番のコメントを有難うございます(*^。^*)
昨日は栗の渋皮煮を作るために 鬼皮むきに時間を取られ 夜中の12時を過ぎてから
(きゃあ~ 日付が変わってしまった~)と 独り言を言いながら 急いで片づけを済ませて パソコンに向かい 
送信を終えたのは 午前三時をとうに廻った頃でした。(>_<)

送信ボタンを押してから訪問履歴を見ると はやとうりさんや数名のブロともさんのお名前がありました。
拙いブログを火曜日の更新を覚えていて下さって 尋ねて下さることを 嬉しく有り難く思いました。

>この短歌習ったっけ 訝しげに首を傾ける私がいます(笑

そうですよね。短歌ってその時の自分の気持ちで すう~っと入ってくる歌だけが記憶されますよね。
この歌は その頃の自分の心に取り込み易いものだったのだと思います。
通常は(尾花が原を 人は行くなり)となる文の順序を入れ替える 倒置法を習い この技法があって この歌はいきてくるのだなぁと知った日の事を懐かしく思い出しています。
歌人で国文学者の土屋文明の一首だったと思います。「万葉集」の研究をした方だったと記憶してています。

>これを書いている間に夜が明けてきました 
傍らには愛すべきらぶりーずがお散歩を済ませ足元に体を寄せています

良いですね~!正に幸せの構図そのものですヽ(^。^)ノ
そして室内にはパンやケーキの焼ける匂いが しばしば漂う はやとうり家様(●^o^●)素敵です♡~
ご近所に住まいしていたら マイカップとお気に入りの紅茶を持って お邪魔したいくらいです(^_-)-☆

今日もお越し下さって有難うございます。♪~
素敵な一日でありますように。

No title

台風は大丈夫でした?
秋田はもうススキの季節なんですね
一昨日辺りから少し肌寒くなってきましたが
香川の本格的な秋はまだ少しだけ先みたいです

中学生の頃はただただ忙しくて慌しくて
思い出と呼べるほど良かったのかどうかさえ分からないし
今思えば何がそんなに楽しかったのかも分からない
じっくり考えて行動するってことも無かったような気がします
      。。。あ、今も同じだ(・ω・;A

私はまだまだ頑張らなきゃならない途中だから
いつか 幸せだったんだな って思えるように生きなきゃダメですね

No title

こんばんは。

「越後より干鱈を背負い 越え来にし 人は行くなり尾花ヶ原を」

この歌とてもいいですね。情景とともに今覚えさせてもらいました。
きっと言の葉さんと思い浮かべたものと同じかもしれません。

土屋文明は群馬の出身だそうですからここは上毛高原あたりかもしれません。
越後は南魚沼郡の湯沢あたりでしょうか?
湯沢の方から行商に歩いて三国峠を越えてきたのでしょうね。

いまでもカラッ風の吹く群馬のこのあたりは背丈より高いススキの野原が広がっています。
南魚沼郡は私の生まれたふるさと(小千谷)にも近い。

魚が取れないのですが、棒鱈や新巻鮭(塩鮭)が名物になっています。
棒鱈や身欠きにしんなどとわらびなどの山菜に大きな丸いリング状のお麩(ふ)を入れて煮物にします。
何ある時のご馳走です。
新巻塩鮭は、大晦日の年取りに食べます。

こんなことを思い出させてくれました。 感謝です!

No title

こんばんは~

>銀色の穂は 晴れ渡った秋の日差しを受け キラキラと輝き 光のプリズムのようだ。
ここの表現いいですね~。
稲穂が日に照らされて、眩しく輝いているのがリアルに目に浮かびました。

母と呼ばれる幸せ・・・もいいな~。
胸がくすぐられるような気持でいっぱいです。
こうして文字にしていただくことの快感!

幼いころご苦労された分、しっかり幸せを掴まれた・・・
というか・・・幸せ察知の感度が、ピカピカに磨かれたんですね。

私も磨かないとな~。

ラスティ・ネイル様

ラスティ・ネイル さま こんばんは。

朝からご訪問を下さっていたのに ご返事が遅れました。失礼をお許しください。
いつもコメントを有難うございます。(*^。^*)

>ゆとり教育の序章だったのか。

いえいえ いつも良く何でも広くご存じだなぁとリスペクトしております。
歌は何万首もあるのですから 全てを網羅するのはどなたでも無理なことです§^。^§

>学生時代もっと頑張れば良かったかな、という思いは最近あります。

私もそれは多々あります。でもその時はそれなりに精一杯だったのでしょうね。
今は時を重ね人生の学習を積んだことと 大人になって客観的に物を見ることが出来て
色々な部分で余力が出来たから そう思えるのかもしれません。


いつもその時その時の精一杯を努めてきたのだと思います。
まだまだある未来をどう過ごしていくかで よい過去だったことにも出来るかなぁと思っています。

お仕事お忙しいのですね。
どうぞお疲れのたまりませんよう上手に息抜きをなさって よりよい時間を紡いで下さいね(^_^)/~

今日もお越し下さって有難うございます。♪~
明日も良いことに出会える素敵な一日でありますように。 

イヴまま♡ 様

イヴまま♡さま こんばんは。

ご訪問とコメントをいつも有難うございます(*^。^*)
いつも心がほんわりと膨らむ魔法のお言葉も大切に頂いております。

>言の葉ISさんとの出会いにもちろん感謝していましたが
ご両親にも感謝です。

九月のお彼岸生まれの母も 八十歳になりました。
こんなふうにおっしゃって頂き  有難うございます。嬉しいです。

>『人格育て』が
代々受け継がれていらっしゃるのですね

有難うございます。たいした家ではありませんが 勤勉であることと読書を好む習慣は
両親からの贈り物であり 次世代にも伝えて行きたいことだと思っております。

今日もお越し下さって有難うございます♪~
明日も素敵なことに出会える幸せな一日でありますように。

秘密のさいこちゃん 様

秘密のさいこちゃんさま こんばんは。

台風の事 お気遣い下さって有難うございます。(*^。^*)
お陰さまでこの度は 何の被害もなく過ごせ 有り難く思っているところです。

もともと秋田は海が近いので 浜風が強く吹く土地柄で 強風のための塩害で
街路樹が枯れたり 農家の枝物は木から落ちて 林檎や梨が売り物にならないなどの被害も
よく在るのですが 今回は免れて農家もほっとしているようです。


秋は美しいのに台風シーズンでもあります。
どなたもそれぞれに恙無く過ごして頂けるように願っています。

今日もお越し下さって有難うございます♪~
明日もしあわせないちにちでありますように

Roman 様

Roman さま こんばんは。

ご訪問と素敵なコメントをいつも有難うございます。大切に拝見しております(*^。^*)

>この歌とてもいいですね。情景とともに今覚えさせてもらいました。
きっと言の葉さんと思い浮かべたものと同じかもしれません。

有難うございます。秋の済み渡った空気と青空 そして白く長く続く田舎の一本道を
黙々と歩いて行く行商人の後姿と ススキ野原・・・・すぐに浮かんでくる良い情景ですよね!


流石にRomanさまは 博識で何でもよくご存知ですね。
土屋文明の事も私は 歌人で国文学者で万葉集の研究で有名であることくらいしか存じませんでした。

>南魚沼郡は私の生まれたふるさと(小千谷)にも近い。

南魚沼は 美味しいお米がとれるところ 小千谷は 小千谷縮みでしょうか。
(いろんなことに小学生レベル位の知識しかなくてごめんなさい。お恥ずかしいことです(>_<))
少ない知識の中でも (小千谷)は なんとなく響き好きで魅かれていた土地でした。
故郷と伺い 一層その響きが快く感じられます。

>こんなことを思い出させてくれました

私の方こそ自分では知らなかった分野のお話を伺うことが出来て 嬉しいです。
地理・系統立てて事象を考える力・分析力・・・・苦手で私の不足の部分の学びを頂きました。
とっても楽しく 有り難い時間を頂きました。有難うございます

今日もお越し下さって本当に有難うございます。
明日もどうぞよりよい素敵な一日でありますように♪~



No title

こんばんは!

空が高くなってきて、流れる雲も秋らしくなってきましたね☆

>ススキの穂が 緩やかな弧を描きながら 秋風に揺れている。

 とても素敵な情景だったのでしょうね~ 読んだ時に僕にもその景色が見えた気がしました。
 
>今在ることの有り難さの一つ一つに感謝の思いが溢れてくる。
>どんな時にも諦めないで 重ねた時間の厚みが 今の幸せを築く石垣となってくれたのだ。

 本当にそうなんですよね~
 自分に甘い性格なのか、石を積み上げて石垣になるまで到達していません (@_@;)
 
 「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」 あいだみつおさんの作品ですが、
 僕の中で、言の葉ISさまのお言葉と見事に重なりました。

 朝夕と寒さが身にしむ季節になりましたが、体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。
 今日もありがとうございました☆ 

aaconee 様

aaconee さま こんばんは。

ご訪問とコメントをいつも有難うございます(*^。^*)

>ここの表現いいですね~。
稲穂が日に照らされて、眩しく輝いているのがリアルに目に浮かびました。

有難うございます(*^。^*)
お家の周りでこんな光景を良くご覧になっているのですね(^_-)-☆
本当に綺麗ですよね!!共感できて嬉しい~です!

>母と呼ばれる幸せ・・・もいいな~。
胸がくすぐられるような気持でいっぱいです。

有難うございます(*^。^*)
娘時代は丈夫ではなかった自分が 皆さんと同じように母になれるとは思いませんでした。
二人の息子を授かり 孫も生まれ 人生は命のリレーであり この赤き血を子等に伝えることが出来ました。
生きてこれたからこそ 命を繋ぐことができたことを思うと 有り難さで胸が一杯になります。
母になれることもけして 当たり前ではなく有り難いことであり 私に宿ってくれたことに感謝なんです。

>・幸せ察知の感度が、ピカピカに磨かれたんですね。

有難うございます(*^。^*)
とっても嬉しいです。本当にそうですね。これからもそうありたいと思います。ヽ(^。^)ノ
地味でつつましやかな平凡な家庭ですが (足るを知る)でしょうか。
家族が元気に恙無く暮らせる・・・・・これで充分な幸せを頂いたと思えることが 仕合わせだと思います。
幸せ察知機の目盛りを max&感謝に 自分で針を合わせて生きて行きたいと願っています。


今日もお越し下さって有難うございます♪~
明日も良いことにめぐり会える素敵な一日でありますように!



かるがも@様

かるがも@さま こんばんは。

ご訪問とコメントをいつも有難うございます(*^。^*)

>とても素敵な情景だったのでしょうね~ 読んだ時に僕にもその景色が見えた気がしました。

有難うございます(*^。^*)家の周囲にもススキがあり 初めは真っ直ぐに天を仰いでいた穂が
半円形の弧を描き 秋風に揺れているさまは 心惹かれる美しさです。
秋田に住まいしなければ この美しさを見ることはできなかったかと思います。(冬は泣きますが)

>石を積み上げて石垣になるまで到達していません (@_@;)

とんでもないことです。
かるがもさんは 勤勉で礼儀正しく誠実なお人柄です。
否定や怒りや不満も強い自制心で律する頑張り屋さんですから 堅固で美しい石垣だと思います。

私の趣味は美術館巡りと お城をおとなうことですが 立派な天守閣は勿論ですが
石垣が好きなんです。切り込み萩の端整な美しさには心奪われます。
そこまでの力と時間がないので 野面積みで不揃いぼこぼこでも素朴に 自分の力量に合わせた
慎ましい石垣を築きたいと思っています。

>「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」 あいだみつおさんの作品ですが、
 僕の中で、言の葉ISさまのお言葉と見事に重なりました。

有難うございます。とっても素敵な言葉ですね。
メモメモ・・・・・何時ぞや かるがもさんに教えて頂き 頭の中のお気に入りに登録してあります(^_-)-☆
自分の心が決める・・・・本当ですね。そして掴むのも自分なんですよね!

折角頂いた命の時間。幸せ察知機の感度を上げて 感謝の時を紡いでいきたいものです。

今日もお越し下さって有難うございます♪~
明日も良いことに恵まれる素敵な一日でありますように。

No title

お早うございます
日が暮れるのも、早くなってきましたね
あんなに暑かったのが、嘘のようです。

日本の情景は、四季折々で こちらでは秋を感じることは どんぐり でしょうか
秋田には自然が沢山あって、ススキ野 いいですね

幼いころは病気がちだったのですね
ご両親に気にかけて頂き 愛情たっぷり そして お子さん達へと その愛情が繋がっていくのですね
息子さんの優しさで、言の葉ISさんの優しさが伝わって来ます

こちらは 今日は雨降りです
涼しくなってきました。お身体大切にしてくださいね 93

93様

93さま こんばんは。

ご訪問とコメントを有難うございます。ヽ(^。^)ノ
本当に日暮れが早くなりましたね。
夕方6時頃になると一気に暗くなり 何をするよりも早く家に帰りたくなります。
一度家に入ると ちょっと買い足したい物があっても もう家を出るのが億劫になります(>_<)
日暮れは 人を家路に急がせ 家で憩う時間を多くしてくれるようですね。


>ご両親に気にかけて頂き 愛情たっぷり そして お子さん達へと その愛情が繋がっていくのですね
息子さんの優しさで、言の葉ISさんの優しさが伝わって来ます

有難うございます。そのように仰って頂ける自分で在るよう努めてゆきたいと思います。
これと言える物は何もない我が家ですが 息子が大きな宝です。


93さんも 可愛い伸びやかな 良い子供さんに恵まれておいでですね。
母と呼ばれ 慕われ 子を愛おしいと思える豊かな時間を 共に楽しみながら
ゆっくりと大切に紡いで下さいね。

今日もお越し下さって有難うございます♪~
明日も素敵な一日でありますように。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム