スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「木都(もくと)」 ①

木材加工で栄えた「能代(のしろ)」に行きました(#^.^#)

3月25日(土曜日)は お彼岸も済んだのにまた雪が降りました。
でも 昼近くなると青空が広がり春の光がみるみる雪を溶かしてゆきます。
アスファルトの路面が嬉しくて ドライブをしました。

yukigesiki.jpg

田んぼや畑にはまだ今朝の雪が残っています。車窓からパチリ!

kinounoyuki.jpg

自宅から一時間ほど走って 隣町の能代市に行きました。
能代は巻き爪の治療で月に一度は行っているのですが 自宅と病院の直行直帰ばかりで 気になっていながら
なかなか訪れることのできなかった 国登録有形文化財   能代市の旧料亭 金勇(かねゆう)に行って来ました。


 玄関横にある 能代市の旧料亭 金勇(かねゆう) の説明文
kaneyuusetumei.jpg

金勇 一階の大広間を映したパンフレット
pannfu.jpg

玄関。
gennkann.jpg

玄関内側。
gennkainai.jpg

水にぬれた表情のような那智の黒石が敷きつめられた 枯山水の玄関。
karesannsui.jpg

パンフレットの表紙にもなっている一階の中広間。この広間の見どころは天井の一枚板。
ikkaizasiki.jpg

一本の木から五枚とられた長さ5間(9.1メートル)の中杢(なかもく)単板。見事な一枚板。
nagitennjyou.jpg

長さ25メートル 幅1間の廊下は 継ぎ目のない特注のゴザが敷かれています。
rouka.jpg

廊下の照明のカバーも おしゃれな透かし彫りが施されています
akarikazari.jpg


中広間の雪見障子戸 と 懐かしさ漂う昔の硝子戸。
mukasinogaasu.jpg

庭木はまだ雪囲い中。菰(こも)かぶりをしていますが それもまた風情。
komokaburi.jpg

検番太鼓と 組子の衝立。
kennbanntaiko.jpg

検番太鼓説明文
taikosetumei.jpg

組子の仕切り戸。気の遠くなるような細かな作業で作られた芸術品だと思いました。
sikiridokumiko.jpg

組子のアップ
komakaisagyou.jpg

組子のパーツ
bui.jpg

パーツにもこんなにたくさんの種類があり パーツ自体にも見入った
pa-tu.jpg

富士山をイメージした組子の衝立。
tuitate.jpg

碁盤 脇息 ゴミ箱 ティッシュケースに至るまで 木材加工の町らしく それぞれの木の特性を生かしたきれいな作り。
goban.jpg

この部屋で本因坊戦の対局が行われたそうです。
honninnbou.jpg

能代は 木都 と呼ばれる通り木材加工に秀でた町です。
まだまだ沢山の驚きがありました。
次回も 春慶塗や木材自体が見事な床柱等 お伝えしたいと思います。

拙いブログをお訪ね下さって有り難うございます。
皆様の毎日がより良い日々でありますように。


研修が続きますので コメント欄をクローズさせていただきます
勝手を申しますが よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。