スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北帰行

晴れた日の空はⅤ字編隊のラッシュです(#^.^#)


毎朝6時半には犬の世話をする。
外水道が凍っているときは 家の中から3リットル入りの薬缶に水を汲み 犬小屋と玄関と台所の動線を往復する(*_*;
新鮮な飲み水を容器に満たすためと 犬が食べ終わった後の食器を洗うためだ。
長靴を履いて脱いでの動作の繰り返しではあるが しっぽを振り続けて待っていてくれる可愛さで頑張れる(^^♪
足のリハビリにもなるし 人間動けるうちは動かないといけないしね などと独り言を言いつつ・・・・


七時過ぎから八時半ころにかけて 頭上に独特な声が響き 見上げると白鳥のⅤ字編隊が見られる。
何十羽という大所帯でⅤ字を組んで飛んでいくものもあれば 7羽とか11羽とかの小さなグループは縦一列に飛ぶなど なかなか面白いものだ。
犬の頭を撫でながら 「ほらミニちゃん あれは7人家族 こっちは11人家族なんだねぇ」などと とんでもない日本語の使い方をしながら一緒に空を見上げている(笑)


白鳥の飛んでいく日は 雪が止み 晴れた日の朝で 風の強くない時が殆どであることが分かった。
遠いシベリアまで飛んで帰るのだから 少しでも天候が良いことが体力の消耗を防ぐのに重要な条件なのかも知れない。

寒い寒い秋田であっても 日本の冬はシベリアの夏の気候だそうだ。
マイナス50度とかのシベリアでは餌が取れないので 落穂やタニシなどの餌が豊富にある日本の田んぼで越冬し 春の訪れと共に約2週間をかけて帰るのだ。

白鳥の雛は6月から7月に生まれ 生まれた翌日からは水辺で親鳥から 餌の取り方を学び 9月から10月には飛べるまでに成長し 日本に渡ってきて越冬する。

家の近くの雄物川(おものがわ)にも白鳥の姿が多くみられ 食パンなどの餌をやりに親子ずれが来て居たりする。
犬の散歩のときに眺めると 真っ白な大人の白鳥に交じって 薄茶色の身体をしているのが 昨年生まれた子供の白鳥なのが良く判る。

生後半年くらいで 何千キロもの大飛行を成し遂げてきたなんて 立派なものだ。逞しい。
毎日 川辺で見ていたハクチョウたちの旅立ち。
恙無く 一羽も欠けることなく故郷に帰れますように。

また秋には元気な姿を見せてくれるだろう(^^♪


今日二月二十八日は 数年前に故郷秋田を飛び立った次男の生まれた日。
真幸(まさき)くあれと 空に向かって手を合わせた。

sirotubaki.jpg
この画像は 本日 妹から届いた花メール。4枚4種類のお花の画像を送ってくれました。
白鳥の白に因んで 「白椿」をアップします(#^.^#)

拙いブログをご覧下さって有難うございます。
皆様の毎日がより良い日々でありますように。
スポンサーサイト
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。