スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背戸(せど)の幸

今年も渋皮煮を作りました(*^_^*)


♪♪♪ 静かな 静かな 里の秋
     おせどに 木の実の 落ちる夜は
     ああ 母さんと ただ二人
     栗の実 煮てます 囲炉裏端 ♪♪♪~~~~

♪♪♪明るい 明るい 星の空
    鳴き鳴き 夜鴨の 渡る夜は
    ああ 父さんの あの笑顔
    栗の実 食べては 思い出す♪♪♪~~~~


夫農園の栗で 今年も渋皮煮を作った。
数年前までは 手先が器用で優しい二男が 一緒に手伝ってくれたことを思い出す。
食後の片付けの済んだテーブル一杯に新聞を広げ ざるやボールを動員して栗の皮むきを始めた。

「里の秋」を口遊みながら 栗剥きをしていたら いつの間にか隣に夫も来て剥き始めた(@_@;)
今まではワンマンで昭和の夫代表のようだった人が 頼まないのに自主的に手伝ってくれるなんて・・・・・さかなクンの真似ではないが ギョギョギョっ(驚愕!!)
でも有難いので 「里の秋」の2番の歌詞もサービスで?歌った (日頃はお気に入りの一番をリピートしてしている)


歌好きの夫が「2番の歌詞は知らなかったなぁ}と言いながら 気に入ったらしく2番を繰り返し口遊んでいた(笑)
テレビはついているのに 自分で歌うことに忙しかったのが可笑しかった。

ダーウインの進化論に
「最も力の強いものでもなく 最も頭の良いものでもなく もっとも変化に対応できるものが生き残る」そんな内容の一文があったことを思い出した。内緒ですがクスクス(心の中の笑いです) 良い変化は有難いことですヽ(^。^)ノ

一人よりも二人。夫のお手伝いのお蔭で 思ったよりもずっと早く剥けた。
それからは 一人仕事で数時間をかけて 渋皮煮の完成!

kannro.jpg

煮沸消毒した瓶に詰める作業も完成した。夫と二人のお茶うけに あっというまになくなるでしょう(^^♪
binndume.jpg

お正月用にお節の箸休めにする分は 冷凍にした。
栗と汁は別々に保存し 食べるときには解凍し 汁も温めて栗をくぐらせる。
瓶詰めよりも出来立てに近い味になるような気がする。
reitoukuri.jpg
(冷凍庫から出してきて映しました(#^.^#))


出来上がった渋皮煮を試食しながら 一緒にコーヒーを飲み久々に話が弾んだ。
共に老いてゆく身・・・・・これからは いろんなことを一緒に楽しむのもいいものだよね。

mesiagare_2015092902145754b.jpg(
   (お手伝い有難う。さあ召し上がれ(#^.^#))


♪♪♪ おせどに木の実の落ちる夜は・・・歌詞に出てくる おせどは「お背戸」。
裏の入り口・うらぐち・うらもん の意味。
家の裏口に植えられた 木の実の落ちる音がする夜・・・・そんな解釈だろうと思う。


背戸の実りを 今年も老夫婦揃って元気に享受することができた。
慎ましく暮らす我が家に 裏口から訪れた小さな幸せのひととき。


時々 うっすらとした雲間に隠れることもありますが まん丸のお月様が家々を照らしています。
スーパームーンの日。 恙無く今日の一日(ひとひ)を過ごせたことに 感謝をしながら綴る小さな独り言。


拙いブログを最後までご覧下さって有難うございます。
不定期ですが ゆっくりとでも更新して参りますので どうぞよろしくお願い致します。




追記、 渋皮煮の以前の関連記事。
     2011.10.4 ひと瓶の幸せ    2012.10.29 手仕事
    もしよろしかったらご覧いただければ 幸いでございます。










スポンサーサイト
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。