スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(番外編・箸休め)温故知新?

おにぎらず?????


温故知新
{前に学んだことや昔の事柄をもう一度調べたり考えたりして、新たな道理や知識を見い出し自分のものとすること。
古いものをたずね求めて新しい事柄を知る。▽「温」はたずね求める意。
「故ふるきを温たずねて新あたらしきを知しる」または「故ふるきを温あたためて新あたらしきを知しる」と訓読する。}と 辞書には書かれている。(転載}

それでは これも 温故知新 に類しても・・・・?
言葉に厳しい方には お許しを頂くことにして ブログにアップすることにしました♪~
なぜなら 意外と美味しく お役にたつこともあるかと思えるからです(*^_^*)

「おやしらず」 の間違いかなぁ・・・・・いえいえ 間違いなく れっきとした食べ物 「おにぎらず」です。
「にぎらない おにぎり」のことなんです。

コンビニでダントツの売り上げを誇る 日本人のソウルフード 国民食・・・・おにぎり。
昔話の 「さるかに合戦」で 蟹が持って歩いていたのは おにぎり。
おじいさんが転がしてしまって追いかけていくお話は 「おむすびころりん」

どちらも 白飯に塩を付けて丸や三角に握って 持ちやすく 又は食べやすくした 携帯食。
「おにぎり」も「おむすび」も どちらも 日本人のDNAに語りかけてくるような 優しさと懐かしさがあり 耳にも心地良い響きをもたらしてくれる。

{おにぎり}は手水に塩をつけて きゅっと握る または結ぶ・・・・塩が手の温度に溶けて 炊き立てのご飯に馴染むからこそ美味しいのだ という理論もあるし納得もしている。

「おにぎらず」は 直接ご飯に手を触れないので 雑菌の繁殖が少なくて衛生的。
おにぎりの具は 真ん中だけだが これは具を端までたっぷり入れることができる。
おにぎりの具材は ある程度限定されるが これは目玉焼きでもカレーでも 家にあるものを入れられるので経済的(TVでは目玉焼きとカレーでした)
子供にも持ちやすく 食べやすく 食べている途中で崩れることがない。
これらの理由から 「にぎらない」の意で「おにぎらず」が 若い人の間で浸透していると NHKの朝の番組で知った。


食いしん坊の私 TVを見終わってすぐに家にある食材でチャレンジしてみました。
以下はその調理過程です。

握らないおにぎり 「おにぎらず」の作り方と出来上がり。

①海苔の上に 塩をパラパラと撒きその上にご飯をのせる。
tejyunn1.jpg


②好きな具材を 端までたっぷりと伸ばす。これは辛子明太子(大好きなんです♡~)
menntaiko.jpg


③ご飯をのせる。ぱらぱらと塩を振る。
sanndoittijyou.jpg


④海苔の端を 対角線で重ねる。
taikausenn.jpg


⑤もう一方の対角線も重ねて 少し裏返しておく。(海苔が馴染んで綴目が落ち着く)
kannsei_20150223213635dcc.jpg


⑥牛肉をしょうがと甘辛く煮て具材にしてみました。こぼれにくいか実験です(*^_^*)
gyuusgureni.jpg


⑦辛子明太子・卵焼き・牛の時雨煮 三色の具材で作り 半分にカットしたものです。
nitoubunn.jpg


⑧四分の一 カットにしてみました♪~ サンドイッチのようになりました(*^_^*)
yonntoubunn.jpg

握っていないので ご飯がほわっと空気を含んでいる感じがして美味しいです(#^.^#)
握っていないのに ご飯も具材もしっかりと収まっており いろいろな方向から食べても崩れず 最後までしっかりとしていて 大変食べやすかったので 次回孫が来たときはぜひこれにしてあげようと思いました。

おにぎりも 海苔巻きも 小さな子供は真ん中あたりから割れて ぽろっとこぼしますが これは子供たちの真似をして多方向からも食べてみましたが 不思議に崩れず食べやすかったので 良いことを知りました(#^.^#)

おにぎり または おむすびの 美味しさも懐かしさも大切にしながら おにぎらず の良さも楽しんでいきたいものです。

拙いブログを最後までご覧下さって有難うございます。
小さな暮らしを 穏やかに過ごせた日の ひとこまを綴りました。










スポンサーサイト
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。