私の大晦日(おおつごもり)

「斧入れて香に驚くや冬木立」


幼く過ぎし年の端に 父から習い覚えたこの句がふと口をついて出る。
口誦しながら自分でも驚いた。


遠い昔が蘇った。
庭木の好きな父が 気になる枝を剪定した時に 冬支度にかさかさと見えた木の枝から 何とも言えない瑞々しい香りが 辺り一面に広がった。
「わぁ~ いい匂い~!」傍で作業を見ていた私がそういいながら 落ちた枝を拾い上げその香をかいでいる時に 父が与謝蕪村と言う人の句だと言いながらこの句を教えてくれた。

冬の乾いた空気の中を ふわあ~んと広がったあの日の香りまでが思い出される。

正月用の花を活けながら 活ける高さに切るために鋏を入れるとそのたびに 万両や松の枝からも瑞々しく命を感じる木の香りが鼻腔を通り海馬を刺戟して実家の庭や父の言葉や 傍で微笑んでいた母の顔など懐かしい時間にとタイムスリップした。

あれから何十年もの月日が流れ 幼かった自分が母となり さらには四人の孫の祖母となっている・・・・・。
来し方の様々が思い起こされ しばし感慨にふけった。

長いようであっという間の出来事だったようにも思われる。

煮しめの匂いが漂ってきた。
仕上がり時間に設定したキッチンタイマーの音が 現実に呼び戻してくれた。

家族が集うことを楽しみに 家を清め 花を活け 煮炊き物を仕上げてゆく・・・。
毎年行われるこの流れを今年もこうして滞りなく運べることが有り難い。
私の大晦日を今年も無事納めることができたことに感謝をして綴る独り言。


拙いブログをご覧下さって有難うございました。
(言の葉ISの絵のない絵本) 明年は一月七日の更新を予定しております。
どうぞ皆様 よいお年をお迎えくださいませ。  言の葉IS 拝


*大変申し訳ございませんが 今回はコメント欄は控えさせていただきますことをお許し下さいませ。
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム