スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の花

祖母に繋がる花


先日 仕事で遠出をした日に花を三鉢買ってきた。
障害を持つ人たちが一生懸命に パンやキノコ・比内地鶏((ひないじどり)を育て食肉加工した食品や植物を育てて販売している大きな施設がある。

その中でパンと比内地鶏のハンバーグや炭火焼を求め 植物管理部門からは菊を三鉢買った。
沢山の花々がある中で この花を求めたのは先ず名前に目が留まったからだ。

「秋明菊(しゅうめいぎく)」。

実家の仏壇にある小さな位牌。
末っ子長男の叔父が亡くなってから 母が手元に置きご供養している位牌。
それは一度も会うことも その声を聞くこともなかった私の母方の祖母の位牌。
祖母は私の母が小学校六年生の時に亡くなっている。

そこに書かれていた数文字(秋明院清月~~~大姉)。
秋に生まれ 秋に亡くなった祖母。
名家の出であったが 母たち五女一男を生んでからは病に伏すことも多く 祖母が亡くなるとき祖父はその後身請けした広島呉出身の芸者の許にいた。
嫁してからの沢山の苦労を知っていた同郷の住職が祖母の為に付けてくれた戒名だ。


秋明菊・・・・9月から10月秋の真っ盛りの時期に開花し 秋牡丹とも言うそうだ。
日本名でジャパニーズ・アネモネ。アネモネはギリシャ語で「風」・・・「風の花」なのだろうか。

仏間にかかっている祖母の写真は 立っている祖父の隣で椅子に腰かけ 如何にも古風に丸髷で末っ子長男である叔父を抱き 持ち前の凛とした面持ちの中にも やっと男の子を授かった安堵感を漂わせ幸せそうだ。祖母の幸せ全盛期のセピア色の写真。

秋明菊は私にとって 会うことの無かった祖母への思いに繋がる花だ。
地植えをしても育つと聞いた。雪の重みに耐えてもらうのは申し訳ない気もするが 毎年秋には祖母を偲びながら眺められるように 小さな庭だけれど少しでも早く雪解けになる位置を選んで地植えをしようと思っている。


秋の彼岸も終わった。
今朝も祖母への思いを語りかけながら根元に水を遣り日向に置いた。
「風の花」が 会うこともなかった秋田の孫の家の庭先で風に揺れながら秋の日差しに綻んでゆく。



拙いブログを最後までご覧くださって有難うございます。
「言の葉ISの絵のない絵本」または《番外編・箸休め》のどちらかを毎週火曜日に更新しています。
次回は十月一日を予定しています。どうぞご覧下さいませ。


aka.jpg 秋明菊。ピンク。


sirohitoe.jpg 秋明菊。白一重咲き。


siroyae.jpg 秋明菊。白八重咲き。


siro2syu.jpg
秋明菊。一重と八重。儚げな美しい姉妹のようです。今のうちに沢山日差しを浴びて 長い冬に持ち堪えられる力を付けてくれますように。日の当たる場所へこまめに移動させています(*^_^*)



スポンサーサイト
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。