スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手仕事

秋の夜長の独り言


***月読(つきよみ)の光を待ちて帰りませ 山路は栗のいがの多きに***
(月の光が出る頃まで待って それからお帰りなさいまし。山路は栗のいがが多うございますから)
良寛様の御歌だ。
覚え易くて お人柄が伝わってくるお歌で 光景も絵のように浮かんでくる。好きな一首だ。

秋田市内の自宅にいると 建物や車そして街灯など 夜になってもそれなりに人工の光に照らされて明るい。
人の姿形も物の色もそれなりに判別できる明るさがある。

しかし車で2時間半ほど走って夫の生家に行くと 夜の暗さがよく解る。
小説などに墨を流したような真っ暗な夜・・・などと書かれている闇の世界を実感する。
それと同時に月の光がどんなに頼りになるかも実感させられたものだった。
良寛様のお歌の世界に合点。月明かりと言う言葉にも思いが至った。

家の中の電気を消すと 本当に真っ暗で そしてもの音がしないことにも驚いたものだった。
台所の柱時計の音 そして時折ボタッ!思わずドキッとする。
栗のいがの落ちる音が異常なほど大きく伝わってくるのに初めの頃は驚いたものだ。


栗拾いをし易いように 栗の木の下はこまめに草を刈る。草の中に落ちると見つけにくいからだ。
少しづつ樹木のことが判るようになり 仕事の効率化にも智恵が働くようになってからは 栗の木の下にはシートを敷くようになった。シートの下は草も伸びなくなるし 栗も直ぐに見つけられる利点がある。

栗は拾いながら籠に入れ 空になったイガはバケツに入れていく。
この手順を守ると シートの上はいつも中身の入ったイガだけとなり 孫にも見つけ易くなる。

若木も小さいなりの実をつけてくれた。茹で栗にして食すと若々しい栗の匂いが口中に広がった。
甘くて美味しい栗だ。
年数のたった栗は 流石に大きくて皮もつやつやに光り綺麗な姿。渋皮煮に最適だ。
(栗くり坊主)と言うネーミングの栗剥きで 鬼皮を剥く。この時少しでも渋皮が剥がれて下から黄色い実が覗くと 重層であく抜きをする度に 実が飛び出してしまうので 注意が必要だ。


数年前までは次男が一緒に剥いてくれた。
二男の方が手先が器用で 仕事が早くて丁寧だった。渋皮を傷つけずに剥くことに注意を払いながらも雑談したり笑ったり 手と口を動かしながら楽しい時間だった。

仕事の早い二男の方が不良品は稀で 私が失敗した数の方が多かった。
少しでも渋皮のはがれた栗は 実だけにして栗ご飯用にした。


良寛様のお歌を口ずさみながら 秋のしじまに一人で栗の皮むきをしていると 来し方の様々が浮かんでくる。
東京から秋田に嫁ぎ 親戚も同級生もいない町で 苦しかったこと 悲しかったこと 口惜しい思い・・。
走馬灯のように次々と浮かんでは消える思い出のひとこまひとこま。

若くて弱くて不器用な自分がいた。
今は時間の経過と共に 良いことも辛かったことも全てが懐かしい思い出となった。
嬉しいことも悲しいことも 生きている証であり それを懐かしむことが出来るのは それなりに乗り越えてきたあかしでもある。

様々な思い出の時間を包み込んで 今年の栗も 渋皮煮・栗ごはん・茹で栗 どれも美味しく仕上がった。
豊かな実りと 深い時間を頂いたことに感謝をしつつ記す秋の夜長の独り言。


拙い独り言を最後までお読み頂き有難うございます。
(言の葉ISの絵の無い絵本)毎週火曜日に更新しています。
次回は十一月六日です。どうぞご覧下さいませ。


追記・・・栗の関連記事 2011.10・04(ひとびんの幸せ) 渋皮煮の作り方を書きました。
よろしかったら こちらもご覧下さいませ
スポンサーサイト
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。