スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛍の夏茶碗

しじまなる至福の時に

新規のお出入り先の研修が無事に終わった。
フリーで仕事をしていると 真の仕事への評価と 仕事の目標は 次の仕事。
本当に良い研修であったかどうかは 次の依頼に繋がるかどうかだと 私は思っている。

自分なりに全力投球したものへの評価が 次回に頂く《講師依頼書》だと思うし その厳しさを体験しつつ励むことによって 努力もし 研鑽を積み 磨かれて行く。
《路傍の石》の一説ではないが 世間と言う砥石によって磨いて貰うのだ。厳しいけれど 有り難いことでもある。

自分なりの精一杯を以って務め終え 今日は一日 自分を開放してあげる日にした。
嬉しいなぁ 何しよう♪~ 先週このフレーズで悩んだ座敷の模様替えは お陰さまでこじんまりと整った。

座敷に一時預かりとなっていたものを思い切り処分し 竹製の屏風二双と 座卓と イ草の夏座布団のみ。
飾りものは 床の間の掛け軸と 青磁の花器に 庭の百合一輪のみ。
すっきり。さっぱり。風が部屋の四隅まで行き渡る感じだ。
これ以上 物は要らない 買わない 飾らないを 三原則にしようと決めた。

模様替えを済ませ 今我が家の中で 一番シンプルで 一番広々と感じるこの部屋で のんびりと心も身体も休めてあげよう・・・・漫画ならここで頭の上に 電球マークを描くところだが・・・閃いたのは美味しいお茶を頂くこと☆~


早速準備を始める。
(ごめんね。今年は出してあげるのが遅くなって。今から大切に使わせて頂くわね。}
話しかけながら 紐を解き 木箱から そっと 夏茶碗を出す。
一般的な抹茶碗の  2/3くらいの高さ 朝顔のような形で 飲み口が広く 下は少しすぼまっている。
手の平にしっとりと馴染んで 持ち易く 飲みやすく 絵柄も風雅な茶碗。

六年ほど前に お茶の先生から戴いた 大切なお茶碗だ。
薄いクリーム色の地に 明るい緑の笹の葉が 葉脈の黒 縁取りを金線で描かれ 輪郭を黒 丸い体は金箔を施した蛍が飛んでいる 涼やかで優雅なお茶碗。
銘もあり お歌も添えられている。

***類無き(たぐひなき)恵みも道も光をも ここに集めて見る蛍かな***

お茶の先生との出会い 折々の会話 沢山の御教えとお導き 先生の所作の美しさ 知識の広さ深さ どれをとっても 後何十年学んでも 先生に近ずくことはでき得ないと いつも尊敬し憧れている 先生の事を思いつつお茶をたてた。

しゅんしゅんしゅしゅしゅう 松風の音(お湯の沸く音)
しゃかしゃかしゃか 茶栓の音。
鮮やかな緑が 茶碗に映えて 美しいこと!お・い・し・い なんて美味しいのでしょう!
茶碗をすすぐ 涼やかな水の音。清らかな水琴の音色のようだ。

自分の精一杯を尽くしきった (研修)と言う名の自分の作品。
自分へのご褒美として ただただ一服のお茶をたて 美味しく頂く。
静寂の中で お茶をたてる為だけの音が耳に心地良い。幸せだなぁとしみじみ思う。

ごく普通の家の ごく普通の座敷だけれど この空間とこの時間が 私にとっては至福の時。
今日もこうして健やかで 一服のお茶を美味しく頂くことができたことに感謝。
静かな満足感と幸福感で心が一杯。

豪華な物は何も無い。ごく普通のものばかり。むしろ質素なくらいだ。
それなのにとっても幸せで有り難い思いが豊かに心を満たしている。
幸せは自分の心の中にあって 自分の心が決めるのね きっと。或る日の独り言。

拙いブログを最後までお読み下さって有難うございます。
毎週火曜日に更新しています。次回は八月二日です。どうぞご覧くださいませ。      
スポンサーサイト
プロフィール

言の葉IS

Author:言の葉IS
みちのく秋田在住。
座右の銘{往く言葉が美しければ 還る言葉も美しい}
日常の小さな出来事を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
言の葉ISカウンター
言の葉IS

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。